Home > Latest topics

Latest topics > 髪型カタログ

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

髪型カタログ - Jun 03, 2006

友人に付き合って美容院に行ってて、僕は髪を切ったりは特にしなかったんだけど、待ってる間に待合いに置いてあった髪型カタログを見てて、2~3ページめくってもう精神的に限界になってしまって、ページを閉じてしまった。

堪えきれないんだ、あの視線が。「俺はカッコイイ」「俺は成功してる」「俺は成功をつかんでやる」という自信に満ちあふれた目線。髪型カタログは、そんなのばっかりが1ページの中にいくつも掲載されてるわけで。僕なんかが見ていると、「お前にゃどうせ無理だけどな(藁」とか「お前と俺らとは住む世界が違うんだよ。お前はそっち側、俺はこっち側。越えられない壁ってものがあるんだよ(プゲラ」とか「美容院に来てかっこよくなったつもりかもしれんけど、一日経って自分で髪を整えたらもうお前は駄目なんだよ。お前には所詮、俺たちみたいなオシャレはできないんだよ(プギャー」とかいう声が頭の中から聞こえてくるんだ。

だからああいうものを見てるとどんどんどんどんストレスが高まって、イライラしてきて、プレッシャーを感じて、精神的に疲弊して、堪えきれなくなってページを閉じてしまう。

こういうものを見ていてワクワクできる人に、僕は一生敵わないなと思った。

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , , , 時刻:22:32 | Comments/Trackbacks (5) | Edit

Comments/Trackbacks

そんな事もないですよ

僕はカットモデルの経験はありませんが
そんなに複雑な連中ではありませんし
そんな雑念抱いていていい写真は撮れないから
みんな大抵は今晩の晩飯とか
次のポーズや表情とかを考えるのに手一杯なのが現状。

カットモデルの髪型なんてスタイリストが
撮影用に一生懸命整えておりますが
彼等とて明日からは自分でスタイリングして
それをカンペキに再現出来はしません。
美容師ではないのですから。

その世界にいた人間として言わせてもらいますが
本当に自信なんぞ持てる人間はごく僅かで
大抵はモデルとしての成功はおろか
明日喰う飯の心配しなけらばならない身分ですし。

Commented by 天馬唯 at 2006/06/04 (Sun) 00:12:38

追伸

Piroさんの場合はオシャレをする目的を
プランとしてはっきり打ち出した方がいいかと。
漠然と無難オシャレ系になりたいでは
永遠に満足感は得られないですよ。
小さくてもいいから目標をはっきりと
ヴィジョンをもっとしっかり持たないと
堂々巡りになってしまいます。

Commented by 天馬唯 at 2006/06/04 (Sun) 00:16:01

no title

そうですね。その辺のことは、さすがにこれだけ色々なものを踏まえてきた以上、理屈では大体分かってるはずなんですが……

雑念のない目線を見て自分がそこに悪意を感じるとしたら、それは、自分がそういう目で見ているからに他ならないのですよね。

鏡に映った自分自身の(勝手な)劣等感に、自ら恐怖している。いつの間にかここまで育ってしまったモンスターを、僕はどうやれば飼い慣らしていけるのだろう。

Commented by Piro at 2006/06/04 (Sun) 05:45:57

なるほど・・・

さらに言いますと、劣等感っていうものは
誰でも持っているのではないでしょうか?
それこそ、僕にもコンプレックスありますし
カットモデルにもそれぞれ劣等感は
何らかの形で存在すると思います。

「自分だけかも」と思うと上手くいかないのでは?
他人も自分と同じ苦しみを何処かにもっていると思えば
自分も楽になりますし、他人にも優しく出来ると
僕は考えております。

Commented by 天馬唯 at 2006/06/04 (Sun) 09:37:11

ご参考までに

「グレゴリー・ペックを嫌う女はいないし、オードリー・ヘップバーンを嫌う男はいない」
と評されるスクリーンの妖精オードリー・ヘップバーンは、自分の顔が嫌いで嫌いでしょうがなかったらしいですね。有名な話ですが。

ちょっと通じる話じゃありませんか?

Commented by white_cake at 2006/06/16 (Fri) 11:54:05

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-06-03_hair.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード