Home > Latest topics

Latest topics > 感情処理のアウトソーシング

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

感情処理のアウトソーシング - Aug 27, 2006

「不幸せ感・辛い感情を感じさせるには、わざわざそういうものを与える必要はない。幸せを与えておいて、ただ、それを奪えばいい。」ということなのかなあ、この二つのエントリが電撃的に頭の中で結び付いてしまった理由は。前者は、自分が主体となってそれを実感した例。後者は、その節によって説明可能な事象の例として。

今まで「満たされた」感をあまり感じてなかった人、渇望していた人ほど、求めていたそれをいざ手に入れたとき、失うときのことを恐れるのではないだろうか、と思う。僕は、恋愛関係という物をずっと渇望していたからその分、何の偶然かそれを手に入れて、それがいついかなる瞬間にも失われそうな脆弱な物に過ぎないと知って、今はまだ失っていないけれども、いつ失うかと思ってビクビクしている。

多分人には、自分を理解する、受け入れて肯定する、そういう存在が必要なのだと思う。強い人は、自分自身がその役割をこなすことができる。弱い人もある程度は自分自身で自己処理しようとするけれども、その処理能力は強い人に比べて圧倒的に劣る。

それでそういった機能をアウトソースするべく、弱い人はパートナーを求める。パートナーは、幻想かも知れないけれども、自分を理解してくれて、受け入れてくれる。つまり二人でいる間は処理能力が高まる。

あるいは歓びや幸せといった感情は、自分自身の処理能力を高めてくれる。

処理能力が高まった状態に合わせた量のストレス・負担を精神が受け取ることが常態化すると、いざ処理能力が落ちたときに、容量を超えた過大なストレスに晒されることになる。それが、喪失の苦しみや不幸せ感の源なのではないかと、僕は思う。

アウトソースする必要のない程に自己処理能力の高い人が、自己処理能力の低い人と接すると、相手には自分のストレスを処理してもらえないのに、自分は相手のストレスを処理してやらなくてはならない、という不均衡が生じるのではないだろうか。だから、強い人ほどドライな人間関係を好むようになるのではないだろうか。逆に処理能力の低い人ほど、ベタベタした人間関係を好むようになるのではないだろうか。

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , 時刻:14:48 | Comments/Trackbacks (7) | Edit

Comments/Trackbacks

あらま

もっとしっかりしなさいよー。
喪われうるものだと思うからこそ、油断しないで維持しようとするわけじゃない。他人の愛情にあぐらをかくのは良くないし、それは安心感とはまた別の話として。
で、コミケとオタクの話はねー、私は何かと非難されてる「非モテ男」たちの肩もったことはあるけど、オタク擁護(?)はしたことないよ。あれだけパワーあったらさ、自分たちでも「一般人とは違う」と自覚してて、べつに擁護されるべき対象でもないし。非モテ諸君と違って、みんな自分のやってること楽しんでるしね。ただ私が「あんな世界、初めて見た〓、うわ、知らなかった〓」ってだけよ。
私、Piroさんとこ毎日アクセスしてるから、Piroさんがエロ絵描いてるのも知ってるし、(ついでに言えばシロクマさんがエロゲしてるのも知ってるし)、あまり深く意識しないけど、それ自体は実際に見たら、「え゛、なんか別世界のヒト・・・(~_~;)」と思うかもしんないよ、正直。感性(耐性?)が違うんだからさー、しょうがないじゃない。でも、それはそれ、これはこれとして、「その趣味」にはついていけないけど、こういう「つぶやき系」「心情吐露系」なエントリ読んでたら、なんとなく人柄が透けて見えるような気持ちになるし、私が理解したと自分で思う限りで言えば、私のなかでは、そのポイントにはすごく好感もってるんだけどね。たとえアナタが、あのグワァァってオタクが終結してたコミケの「中の人」であってもね。
NOをつきつけた、なんて大袈裟な話じゃないじゃない。

Commented by まりねこ at 2006/08/27 (Sun) 18:01:13

件のエントリを読んで思ったこととか

僕の趣味やシロクマさんの趣味を(言葉の上だけとはいえ)知ってなお何らかの形での交流を持ち続けていることを以て、「ああ、この人はオタク趣味に寛容なのかな」という印象を僕が受けていたのかな、と思っています。

「寛容」という言葉の捉え方にも差があるんでしょうね。「そういう趣味を持っているその人の、その趣味は受け入れられないけれども、別の側面は認める」というのは僕の中では「寛容」で、「そういう趣味を持っているのなら、いついかなる時あらゆる面においても、一切のおつきあいはお断りしたい」というのが「不寛容」ということなので。
何となくですけど世の中、そういう趣味を持っていると言葉の上で知っただけでも「キモーイ」の一言で一切の交流を(こういうコメント欄でのやりとりも含めて)断つ人、特に女性が主流なんじゃね? という思い込みもありまして。

「他人のダンナや彼氏」という文で表現されたのがどのレベルでの人付き合いなのかというのが、多分人それぞれなので僕には意図するところが正確には伝わっていないと思うのですが、僕には「誰か一人代理人を立ててなら交流を持てる相手」という意味合いに受け取りました。

だからあのエントリを見たときというのは、「ああ、非モテ関係の話に言及することがもしかしたら今後もあるのかも知れないけど、僕(やシロクマさんや、オタク趣味を持つ非モテ論者の人々)への直接の言及はもうしないという最後通牒なのだな」と、勝手に感じたわけです。

Commented by Piro at 2006/08/27 (Sun) 20:18:44

失う恐怖について

いつ失われるか分からないから怯えるんじゃなくて維持するように頑張る、という気持ちももちろん持ってはいます。でもその「頑張り」が果たして本当に「維持する」方向に働くものなのかということについては自信がないですね……というところまで込みでの、「いつも震えている」という表現のつもりです。

* 何も言わない、アプローチを取らないと、不機嫌になる人がいる。
* アプローチを取りすぎると、ウザがって不機嫌になる人がいる。
* 何も聞かないと、「私のことに興味がないのか」と怒り出す人がいる。
* 何でも聞いていると「聞かないと分からないのか」と怒り出す人がいる。

そんな感じで、相手によって加減が難しいみたいですね。僕の目にした色んな人の「彼氏が自分のことを分かってくれない」体験談によると。

特に僕にとってはこれが人生で初めての恋愛関係であることもあって、どこまで行けば「やり過ぎ」なのか見当がつきません。コミュニケーションを重ねることで見当がつくようになってくるものなのだとは思いますが、不可抗力の事情で慢性的なコミュニケーション不足にありますし。

とりあえず今のところ別れることにはならず続いてはいますので、一発でアウトになるようなヤバいところには触れていないようではありますが。

Commented by Piro at 2006/08/27 (Sun) 20:27:00

んーとね、

「他人のダンナや彼氏」っていうのは、自分との関係において、「エロ成分」は含まれないわけじゃない?含まれてたら、それはそれで困ったことだと思うし。だから、その人が「アニメ絵ロリ美少女萌えー」とかだったとしても、彼の性的パートナーがそれを了解していて、社会生活には充分適応していて、オタ話しかできないコミュ能力の狭い人でなければ、あとは対人間として、その趣味以外の部分でどう思うかってことじゃない。Piroさんとかシロクマさんとか、けっこう「オタ以外」の話で面白いし、自分を客観的に突き放しつつも、適度にウェットであったりするところが私の感覚には合ってるので、毎日楽しみに読んでるし、こうやってコメント欄にもお邪魔させてもらってますよ。まあ、あのエントリの「後ずさり」って言葉は、ちょっとふざけて誇張してみましたってだけで・・・私の悪い癖かも(笑
実はね、このサイトにも絵のせてるじゃない?私、ずっと前に好奇心で見てみたんだけど、そのときは一瞬「え・・・」と思わないでもなかったよ、そんな人と思ってなかった、みたいな感じで。だけどその後すぐ「こういう趣味もあったんだー、でも、それはそれとして、ほかに共感できたり面白いと思えるところ、たくさんあるしね」という肯定する方向へ気持ちが軟着陸したわけ。結局、人としての魅力だよね、それは。

話変わって「失う恐怖」なんだけど、前から感じていて、でも立ち入った話だしなぁとコメントするのも控えてたんだけど・・・どうして自分の彼女との関係なのに、自分の恋愛なのに、そんな腫れ物に触るような態度になっちゃうのかなぁって。何かにつけ、Piroさん自身は、もっとコミュニケートしたいと思ってることが読み取れるのに、どうして相手にその寂しさとか遠距離の不安みたいなのを直接言わないのかなーって。お互いに、話し合っていったん納得していたって、その後、気持ちが変わることあるでしょ、人間なんだし。ここらあたりがね、私にはよくわからないの。物理的に離れていても、メールしたり電話したりできるじゃない。踏み込まなさすぎなような気が、どうしてもしてしまう・・・もうちょっと踏み込んで、自分の気持ち押してみて、相手が嫌がるようなら謝ればいいじゃない。そもそも、それで取り返しがつかなくなるような関係なら、いつまでも我慢して悶々って感じでフラストレーションたまると思うけどなぁ。余計なお節介ならごめんねってことで流して。

Commented by まりねこ at 2006/08/28 (Mon) 00:02:14

no title

粘着しちゃってすみません。
「他人のダンナや彼氏」=「性的関係を含まない異性の友人知人」という説明に読めたのですが、もしそうだとすると、普通の異性の友人との違いが自分には分からなかったです。
性的関係の無い異性の友人は普通にあり得るでしょう(と僕は思っている)し、「いや、友人でもレイプされる危険性には常に気を付けなくては」というのなら、彼女や妻がいても浮気する男(彼氏や旦那がいても浮気する妻)のことを考慮しないのは筋が通らないように思えます。
まあいずれにせよ、勝手に自分で悪い方に思い込んでいたというのは分かりました。誤解して申し訳ありません。

彼女の件は、身近な友人にもよく言われますが……
自分としては、本人から聞いた情報に基づいて
「(|彼女の精神的キャパシティ|-|彼女の現状から来るストレス| )>>( |自分の精神的キャパシティ|-|自分の現状から来るストレス|)」
と判定していて、今は自分の方が余裕があるのだから、自分が我慢するのが筋だろう、と判断しています。
余裕しゃくしゃくの人間が、オーバーフロー寸前の相手に「もっと返事してくれてもいいんじゃないの?」とか言うのは、道義的にもどうかと思いますし。

Commented by Piro at 2006/08/28 (Mon) 04:56:56

ギャース

おもっくそ不等号の向き間違えてるし!!!
(|彼女の精神的キャパシティ|-|彼女の現状から来るストレス| )<<( |自分の精神的キャパシティ|-|自分の現状から来るストレス|)
が正解です……

まあ、こんなこと呑気にやってられるのが、余裕があることの何よりの証拠だと思います。

Commented by Piro at 2006/08/28 (Mon) 05:39:43

No Problem!

>粘着しちゃってすみません
いや、全然OK。
「他人のダンナや彼氏」←ここは正直そんな深く考えてなくて、ただ、「自分と性的嗜好が合わなくても、そもそもそういう関係にならないから無問題な異性」ぐらいの意味で書いてたわ。「萌え」って、「何にエロスを感じるか」みたいなことだと思ってるので・・・
それはともかく、誤解(?)だったのならとけてよかった。アナタもねー、ストレートじゃないんだもん(^^) あのコメントじゃ、こっちも真意がつかめなかったし。なんかひっかかってるんだろうなーとは思ったけど。まあ、そのナーバスなとこがPiroさんの個性で、いいんだけどね。

>自分の方が余裕があるのだから、自分が我慢するのが筋
そうか。自覚があるなら心配ないね。いつか、彼女にもゆとりができて、物事が思うように回っていくといいね。応援してます。

Commented by まりねこ at 2006/08/28 (Mon) 15:47:16

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-08-27_outsource.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード