Home > Latest topics

Latest topics > 感情が欠落している

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

感情が欠落している - Sep 14, 2006

こんな風にグダグダ言ってるうちは結局本気じゃないんだよ、という風に言われる。そんなの「本気」の恋愛じゃなくてただのおままごとだろ、と。「本気」になったらそんな自分のこと冷笑的にあれこれ言ってる暇ないだろ、と。理屈に頼ってないで「本気」になれよ、と。

「本気」って何だ。「感情」のことか。食欲や性欲や睡眠欲程度でコロコロ変わるそれのことか。そんなものに頼れるわけなかろう。

そりゃ、普通に生きてきた人の「本気」はそんなもんじゃなかろうよ。そんなしょうもない生理的欲求程度に左右されるようなもんじゃなかろうよ。子供の頃から栄養与えて育ててきた豊かな感情ってのは、そりゃ、強かろうよ。もっとしっかりしてて、下らない生理的欲求なんかに左右されたりはしないんだろうよ。

でもね、僕の感情は薄っぺらいんだよ。1年ちょい前に彼女ができてやっと芽生え始めたものなんだよ。根っこすら張れていない薄っぺらで頼りなくて脆くて弱いものでしかないんだよ。23年間栄養も何も与えられず発芽すらできなかったんだよ。普通の人が小学生のうちに通過してしまったところを、僕は今やっと通ろうとしてるんだよ。しかもその種はもう半分腐ってて、まともに育たん訳よ。小学生のうちからちゃんと芽吹かせて10年以上栄養やり続けて育ててきた24歳の人の感情と、23になる直前にやっと芽が出てしかも栄養が圧倒的に不足して育てようにも育ってくれない感情と、比較になんてならんだろうよ。そんな薄っぺらい「本気」をどうやって信じろと言うのかね。

そして「本気」が無いようじゃあおままごとだ、と世間は言うわけだな。「本気」が薄っぺらければ、そいつは「本気」が「無い」事になるわけだな。

なんだ、大人になるまで「本気」を育てられなかった時点で、もう負け確定じゃないか。負け組人生確定じゃないか。もうやり直しなんかできないじゃないか。今から育てることなんてできないじゃないか。もう「それがないのが通常」という内容で人格が形成されてしまってるんだから。流動的なうちに望ましい形に人格を形成できなくて、望ましくない形に固着してしまったんだから。もうこれ以上の成長も見込めないんだから。

非モテロリストの人の感情がやっと分かったような気がするよ。そりゃ絶望するしかないよな、と。そりゃあもう残された道はテロに走るしかないよな。と。

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , , 時刻:07:42 | Comments/Trackbacks (4) | Edit

Comments/Trackbacks

あのー

感情と本気をごっちゃにしてないかな。
このエントリに限らず、Piroさんの文章はたいていとても感情的だと思うよ、読む人に不快さを与えないように配慮されているけれどね、どっちかというと感情寄りな文章が多いと思うよ。だから面白いわけだし。
べつに恋愛しなくても、いろんなことで感情は育つんだよ、けど、「本気」というのはまた違うじゃない。それは、なんていうか感情に後押しされた気概みたいなもので・・・
まあそう自虐に走らないことね。先は長いよ。

Commented by まりねこ at 2006/09/14 (Thu) 17:12:56

no title

「本気」というのはここでは「その人のことを絶対に諦められない」「その人を好きと思う」といった思いのことです。
僕の場合は「この人を逃したらもうチャンスは無い」といった「恐怖」「打算」そういったものしかない、ということを指して「本気が無い」と言われたという次第です。

このエントリで書きたかったことというのは、「好き」とか「愛してる」とか「(プラスの意味で)この人しかいない」とかそういう情動が、僕には足りていないということです。
それらのことをここでは「感情」と表現していました。

意味の伝わりにくい書き方をしてしまい申し訳ありません。

Commented by Piro at 2006/09/14 (Thu) 17:26:04

激流に

流されている時ってのが、後から思い返してみると
最高にエキサイティングで 面白いんだよね。

いざ岸にたどり着いてみたら、意外とあっさりしたもので。
毎日は平和なものの、なんだかな。こんなもんかなと。
でも、たどり着いたら次の目的地がちゃんと出来るものだ。

だから今は、水流の激しさや 水温など
自分に感じることができる何かを ちゃんと見つめていればいいだけだと思いますよ^^*
焦ることはない。人生長いんだから。

感情なんて、作るもんでも培うもんでもない。
準備ができたら、自然と湧き出てくるもんです。

Commented by 通りすがり at 2006/09/14 (Thu) 21:22:10

no title

「その人のことを絶対に諦められない」「その人を好きと思う」というのと恋愛とはちょっと違うときもあると思いますね。好きという気持ちは確かに大切ですが、それとともに生きていく、付き合っていく、というのはまた別の要素だったりしますね。好きという気持ちは自分の問題だけれど、それとともに生きていく、というのは自分とその相手の組み合わせの問題だったり、相手をどう受け止めるかという自分の「好き」とは違う要素が入ってくるから。。

私が思う「本気」の意味は、「その人を好きに思う」ということよりも「その人とともに生きていく、付き合っていく」というほうがしっくりきますが、いかがかしら。。。

恋愛経験は、転職経験と似ていて、多いほうがより客観的に恋愛(転職の場合仕事や会社)をみることができるようになるけれど、あまりたくさんしすぎたり、軽視して移り変わりすぎたりするとその人のバリューも落ちちゃったりするのではないかな。。。いずれにしてもきちんと向き合って恋愛しているPiroさんは、よい恋愛経験をつんでいるという印象がありますよ。。

Commented by チヌーク at 2006/09/15 (Fri) 01:32:37

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-09-14_emotion.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード