Home > Latest topics

Latest topics > 自分の非モテ性を強烈に意識させられる瞬間

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

自分の非モテ性を強烈に意識させられる瞬間 - Apr 27, 2007

いや、もしかしたら、もはや非モテでも非コミュでもなんでもないのかもしれんのだけど。ていうか多分そうなんだと思う。最近僕が自分の事を省みてみて思うのは、結局、自意識の問題なんだろうってことだから。まあそんなことはどうでもいい。

若くて綺麗な女性に対面すると、緊張する。

「綺麗な」っていうか、なんていうんだろ、いわゆる「女子力の高そうな」っていうんだろうか。化粧ばしばしに決めて、オシャレで、っていう。ある意味で、非現実的な。実用主義とか質実剛健とかとは対極にあるもの。男でも女でも、人の目を惹き付ける要素。対人関係における、ある意味で、武装のようなもの。

例えば、「うちのかあちゃん」には無くて、蛯原友里にはあるような要素。江古田ちゃんに言わせれば、「猛禽」的な、何か。

日頃そういうものを前面に押し出している人と接点が無くて、常にドリーム見て、飢えているような状態だからだろうか、「彼女」というポジションに今の彼女が収まってくれるまで、僕はずっと、「若くて綺麗な女性」「綺麗な女性」下手すりゃ「自分に優しくしてくれる(=人として接してくれる、という程度ですら十分「優しい」。僕と対面してドン退きしない人なら、誰でも「優しい」。そう僕は思ってしまう。)女性」なら誰でも、その人と仲良くなって付き合って云々といった想像をしてしまっていた。

「彼女」がいる今ではそういう考えは起こらない、いや、もしかしたら意識してそうしてるのかもしれないんだけれども。

その代わり、そういう浮かれた感情と同時に沸き上がっていた黒い感情が、浮かれた感情が無い今では、それだけが殊更強く感じられるような気がしている。

苦手意識。自分に対する「敵」のような認識。その人に取って食われるんじゃないかという恐怖。物理的にではなく精神的に、ズタボロにされてしまうんじゃないか、という恐怖。いや、それどころか、その人が目の前にいるだけで、今まであった薄っぺらな自尊心や希望といった物がガラガラと音を立てて瓦解していき、絶望の底に突き落とされる感覚。

特に相手が年下である場合、その黒い感情はより増幅される。

物凄く下世話な、しかし正直な本音でいえば、「きっとこの人は恋愛経験豊富なんだろうな」「彼氏とヤリまくってるんだろうな」といったようなことを。真っ先に考えてしまう。

そしてその次に「そんなこの人から見たら、こんな歳にもなってそういうことに縁が無い、経験が全然無いキモオタひきこもりの僕なんて、軽蔑嘲笑の対象でしかないんだろう」「それどころか意識の上にも、視界の中にすらも入らないんだろう」「そう、例えば、像が蟻を踏んでも気がつかないように」という風な事を考えだす。

気がつくと、胸の奥から何かがこみ上げてくるような感覚をおぼえている。吐き気でもない、怒りでも悲しみでもない。敢えて言うなら、焦燥感と深い後悔。もう間に合わないと分かっている終電に、「もしかしたらいつもの車掌さんが気を利かせて待っていてくれてるかも」なんて現実には全くあり得ない自分に都合のいい妄想をして自分を必死で元気付けながら、しかし本当はもうダメだってことが分かってるから涙と鼻水が止まらない、かといって走るのをやめることもできずに馬鹿みたいに息を切らして全力疾走している、そして朦朧とした中で「こうなることが分かってたんだからもっと早く出発すればよかったのに、どうしてそうしなかったんだ」みたいに自分を責める自分の声が聞こえてくる、そんな風な感覚。

そういう時、僕は、「彼女」ができた後の今でも自分という人間の本質は、悪い意味で、何ら変わっていないんだなあ、ということを痛感する。

分かってる。分かってるんだ。そうやって自分を責めたり嘲ったり罵ったりしているのは、その人でも周囲の人達でも社会でもなく、他でもない、自分自身だ、ってことは。「みんなが馬鹿にするから」なんてのは事実から目を逸らしているだけでしかない、本当は、「みんな」は僕なんかに全然関心が無くて、透明な存在で、気づいてすらいなくって、僕はどうにかして認めてほしくて、認識してほしくて、「すげー」と言ってもらいたくて、でも何も動き出せなくて、それで自分で自分を罵っているに過ぎない、ってこと。

もっと気楽に生きればいいのに。なんでそう生きないんだろう、僕は。

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , , 時刻:23:54 | Comments/Trackbacks (3) | Edit

Comments/Trackbacks

ナカーマ

> 物凄く下世話な、しかし正直な本音でいえば、
> 「きっとこの人は恋愛経験豊富なんだろうな」
> 「彼氏とヤリまくってるんだろうな」といったようなことを。
> 真っ先に考えてしまう。

俺も俺も

Commented by 裸電球 at 2007/04/28 (Sat) 02:12:36

認知行動療法が有効ですけど、その前に

 piro さん、こんにちは。
 自分が自分を責めている、もうそこまで自己分析できているのですから、せめて自分を誉めてやる習慣をつけてみたらどうでしょう。ちょっとした小さなことでも。
 たとえば
「ちゃんと早起きできた。エライぞ自分」
「お、いい拡張ができた。エライぞ自分」
「毎日ブログを更新してエライぞ自分」
「お、今日は近所の人に、おはようございますが言えたぞ。エライぞ自分」
とか。
 たぶん今の piro さんに必要なのは、自分自身を誉めてやることだと思いますよ。

Commented by 無明 at 2007/04/28 (Sat) 06:31:44

「自虐的オタク観」を正す:6・30アキハバラ解放デモに寄せて

先日行われた6・30アキハバラ解放デモについては、ネット上で賛否が割れている。当サイトの「アキバホームレス検証」を取り上げてくれた、にゅーあきばどっとこむ様からの評価が辛いのはさびしいが、一人目の賛同人として、やはり何かコメントをしなければなるまい。

デモの進行については、肯定的評価としては、人が沢山集まった事と、それぞれが思い思いの主張やパフォーマンスを出来た事、事故や事件が起きなかった事がある。その反面として、グダグダでまとまりがなかった事、明確な主張が見えなかった事、サウンド機器がうまく働かなかった事があるわけだ。

こうしたデモの進行についての評価以外に、デモそれ自体についての批判が、掲示板上に溢れかえったわけである。

「主催者や参加者の中に左翼系の政治運動員が居るのではないか?」という指摘については、仮にそうだとしても、現実にこのデモはそうした左翼系の政治スローガンを叫ぶ為に利用されたわけではない。少なくとも私は主催者たちにその様な邪心がある様には見えなかった。無論、今後の事として、何らかの政治団体が秋葉原やデモ活動をするオタクたちを自分たちの政治路線の宣伝の為に使うかもしれないという懸念はあるし、そういう動きについては気をつけていく必要がある訳だ。

掲示板などでは「主催者たちはオタクの代表者面をするな」という声も聞かれた。しかし、彼らは一度も代表者を名乗ってはいない筈だ。そもそもオタクに代表者なんか居ない。唐沢俊一や岡田斗司夫や森永卓郎ならば良いのか?彼らとて「オタク評論家」ではあっても、オタク全体の利益代表者なんかではない。「世間の目には代表者に見えてしまう」って? なるほど、つまり「代表者面するな」という人にとっての代表者は「世間にそう見える人」という事であって、結局それは「どこにも居ない」という事だし、「そう見える人」には誰彼となく、必ず誰かから「代表者面するな」というクレームが付くはずだ。

勿論、私自身、宅八郎が「オタクの代表」というテロップ付きでワイドショーに出ていた時代には同じ事を思ったわけだし、宅自身が「宮崎勤で付いたマイナスイメージを払拭したい」と主張しながら、かなりイタい恰好でテレビに出ているという事に強い反発を覚えたものだ。宅がそんな恰好を芸にしているのならば、それは自嘲行為であり、それこそオタクを侮辱しているとさえ思ったので

Trackback from フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う at 2007/07/05 (Thu) 22:58:09

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-04-27_himote.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード