Home > Latest topics

Latest topics > NoScriptで複数サイトをまとめて許可あるいは禁止してみる

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

NoScriptで複数サイトをまとめて許可あるいは禁止してみる - Apr 03, 2006

NoScriptは「基本的にJavaScriptもFlashも全て無効、でも許可したサイトだけは有効」といった使い方をする上で非常に便利な拡張機能です。さらに便利なことに「一時的に許可する」(Firefoxを終了するまでの間だけ、そのサイトでのスクリプト実行を許可する)という機能まであって、試しでJavaScriptを有効にしてみて、有用なら初めて永続的に有効に設定する、といった使い方もできます。

と、いいことずくめのようなこの拡張機能なんですが、困ったことが1点だけあります。それは、許可・禁止がスクリプトの置かれているドメイン単位か、または全体、という両極端な基準でしか設定できないため、複数のドメインのスクリプトを読み込んでいるページでは、禁止・許可を切り替えたいと思ったら、読み込まれているスクリプトのドメインの数だけ何度も操作を繰り返す必要があります(例:Webページでダイスを振るbookmarklet)。

これが死ぬほど面倒だったので、「これらのサイトをまとめて許可する」「一時的に許可する」「禁止する」の3つの機能をNoScriptに加えるような改造を考えてみました。

以下がそのスクリプトです。


var originalMethod = noscriptOverlay.prepareMenu;

noscriptOverlay.prepareMenu = function(aPopup) {
   var ret = originalMethod.apply(this, [aPopup]);

   var allowItems     = this.getSnapshotItems(aPopup, 'allowLocal');
   var tempAllowItems = this.getSnapshotItems(aPopup, 'allowTemp');
   var forbidItems    = this.getSnapshotItems(aPopup, 'forbidLocal');
   var allowItem,
      tempAllowItem,
      forbidItem,
      separator;

   var sep = aPopup.getElementsByAttribute('class', 'noscript-sep-insert')[0];
   if (sep &&
      sep.previousSibling.getAttribute('inserted-custom-item') != 'true') {
      allowItem = document.createElement('menuitem');
      allowItem.setAttribute('class', 'menuitem-iconic');
      allowItem.setAttribute('image', this.getIcon('yes'));
      allowItem.setAttribute('label', 'Allow All of these sites');
      allowItem.setAttribute('oncommand', 'noscriptOverlay.allowAllOfListedSites(this.parentNode,"allowLocal",true);');
      allowItem.setAttribute('style', 'font-weight: bold;');
      allowItem.setAttribute('inserted-custom-item', 'true');

      tempAllowItem = allowItem.cloneNode(true);
      tempAllowItem.setAttribute('label', 'Temporary Allow All of these sites');
      tempAllowItem.setAttribute('oncommand', 'noscriptOverlay.allowAllOfListedSites(this.parentNode,"allowTemp",true,true);');
      tempAllowItem.setAttribute('style', 'font-weight: bold; font-style: italic;');

      forbidItem = allowItem.cloneNode(true);
      forbidItem.setAttribute('image', this.getIcon('no'));
      forbidItem.setAttribute('label', 'Forbid All of these sites');
      forbidItem.setAttribute('oncommand', 'noscriptOverlay.allowAllOfListedSites(this.parentNode,"forbidLocal",false);');

      separator = document.createElement('menuseparator')
      aPopup.insertBefore(separator, sep);
      aPopup.insertBefore(allowItem, sep);
      aPopup.insertBefore(tempAllowItem, sep);
      aPopup.insertBefore(forbidItem, sep);
   }
   else {
      forbidItem    = sep.previousSibling;
      tempAllowItem = forbidItem.previousSibling;
      allowItem     = tempAllowItem.previousSibling;
      separator     = allowItem.previousSibling;
   }

   allowItem.collapsed     = allowItems.snapshotLength < 2;
   tempAllowItem.collapsed = tempAllowItems.snapshotLength < 2;
   forbidItem.collapsed    = forbidItems.snapshotLength < 2;
   separator.collapsed = allowItem.collapsed && tempAllowItem.collapsed && forbidItem.collapsed;

   return ret;
};

noscriptOverlay.allowAllOfListedSites = function(aPopup, aType, aAllow, aTemp) {
   var nodes = this.getSnapshotItems(aPopup, aType);
   var sites = [];

   for (var i = 0, max = nodes.snapshotLength; i < max; i++)
      sites.push(nodes.snapshotItem(i).getAttribute('statustext'));

   for (var i = 0, max = sites.length; i < max; i++)
      noscriptOverlay.safeAllow(sites[i],aAllow,aTemp);
};

noscriptOverlay.getSnapshotItems = function(aPopup, aType) {
   var label    = this.getString(aType, ['|||']).split('|||');
   var resolver = {
         lookupNamespaceURI : function() {
            return 'http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul';
         }
      };
   var type     = XPathResult.ORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE;
   return document.evaluate('child:*[starts-with(@label, "'+label[0]+'") and contains(@label, "'+label[1]+'") and @statustext]', aPopup, resolver, type, {});
};

これをChrome Windowのスクリプトとして実行すれば、NoScriptのメニューの中に「Allow All of these sites」「Temporary Allow All of these sites」「Forbid All of these sites」の3つの機能が加わります。「Forbid~」だけうまく動かないことがありますが、まあ、ご愛敬ということで。

なお、このスクリプトは、コンテキストメニュー拡張のカスタムスクリプトとして登録すればそのまま使えます。また、userChrome.jsでも使えるものと思われます。

さて、どうやってフィードバックしたものか。

分類:Mozilla > 拡張機能, , 時刻:15:04 | Comments/Trackbacks (1) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

ソースコードにアンパサンドがそのまま記述されているため、フィードがパースエラーを起こしていましたので、お知らせしておきます。

Commented by XTRM at 2006/04/08 (Sat) 14:04:52

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-04-03_noscript-customize.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード