Home > Latest topics

Latest topics > RubyのCGIスクリプトでService Hookを受けて実行した外部コマンドの標準出力を文字列として受け取る

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

RubyのCGIスクリプトでService Hookを受けて実行した外部コマンドの標準出力を文字列として受け取る - Apr 02, 2013

1つ前のエントリで、Rubyでバッククォートで実行した外部コマンドの標準出力を何故か受け取れないと書いてたんだけど、追記した通り、これは「RubyスクリプトがCGIで実行されているせいで標準入出力がCGI用に使われており、バッククォートで起動した子プロセスはその標準入出力を引き継ぐから、子プロセスから標準出力に出した内容が文字列として呼び出し元のスクリプトに返される代わりに、CGI経由でクライアント(GitHubのService Hookのエージェント)に返されてしまっている」ということだった(すとうさんに教えていただいた)。

で、対策として spawn()Process.waitpid() を使うと良いというアドバイスを頂いて、以下のように直してみた。

#!/usr/bin/ruby1.9.1
require "cgi"
require "shellwords"
require "json"
require "logger"
require "stringio"

SYNC_SCRIPT = "/home/piro/shared/or/tools/upload_nightly_xpi.sh"
RELEASE_SCRIPT = "/home/piro/shared/or/tools/release_addon.sh"
SSH_KEY = "/path/to/secret_key"
BASE_DIR = "/home/piro/shared/xul"
USER = "piro"

logger = Logger.new("/home/piro/shared/post-receiver.log")
#logger = Logger.new("/dev/null")
logger.level = Logger::INFO

# 子プロセスの実行結果(標準出力)を常に文字列で受け取るユーティリティ
def run(command_line)
  pipe_in, pipe_out = IO.pipe
  Process.waitpid(spawn(command_line, [:out, :err] => pipe_out))
  pipe_out.close
  pipe_in.read
end

cgi = CGI::new
puts "Content-Type: text/plain\n\n"
begin
  payload, = cgi.params["payload"]
  payload = JSON.parse(payload)
  project = payload["repository"]["name"]

  project_dir = File.join(BASE_DIR, Shellwords.escape(project))
  makefile = File.join(project_dir, "Makefile")
  if File.exist?(project_dir) and File.exist?(makefile)
    logger.info "build #{project}"
    sudo = "sudo -u #{USER} -H"
    command_line = "#{sudo} #{SYNC_SCRIPT} -i #{SSH_KEY} -b #{BASE_DIR} -d #{project_dir}"
    logger.info command_line
    logger.info run(command_line)

    command_line = "cd #{project_dir}; git describe"
    logger.info command_line
    current_commit = run(command_line).strip
    logger.info current_commit
    # 現在のコミットがタグを打ったまさにそのコミットである場合、
    # git describeの結果はタグ名だけになる。
    # なので、それをトリガーにしてリリース処理を走らせる。
    if !current_commit.empty? && !current_commit.match(/\A.+-[0-9]+-g[0-9a-f]+\z/)
      logger.info "=> release commit"
      command_line = "#{sudo} #{RELEASE_SCRIPT} -i #{SSH_KEY} -b #{BASE_DIR} -n #{project}"
      logger.info run(command_line)
    else
      logger.info "=> regular commit"
    end
  end

  logger.info "ok"
  p "ok"
rescue Exception => error
  logger.error error
  logger.info "ng"
  p "ng"
end

run() というのを定義していて、ここでパイプを作って spawn() の子プロセスの標準入出力に設定して、実行が終わるまで待ってパイプから実行結果を文字列として読み出す、ということをしている。(パイプを使う方法もすとうさんに教えていただいた。)

あと、このスクリプトは ~/public_html 以下に置いてるんだけど、apacheユーザで実行されてしまってファイルのアクセス権が……という事にも地味に悩まされていて、それでsudoを使ってたんだけど、suexecというApacheモジュールを使うと良いと教えてもらって sudo a2enmod suexec; sudo service apache2 restart としてみた。でもこの状態で git pull とかさせるとどういうわけか「error: cannot open .git/FETCH_HEAD: Permission denied」と言われてしまって(whoの結果ではapacheユーザじゃなくpublic_htmlがあるユーザになってるのに、何故だ……)、それで結局相変わらずsudoしている。

分類:Mozilla > 拡張機能, , , , , , 時刻:21:51 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2013-04-02_autobuild.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード