Home > Latest topics

Latest topics > XUL/Migemoで、非表示の要素の中にマッチする文字列があったときに検索結果がおかしくなる問題で悩んでる

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

XUL/Migemoで、非表示の要素の中にマッチする文字列があったときに検索結果がおかしくなる問題で悩んでる - Dec 05, 2008

掲示板の方で障害報告を受けていた、正規表現にマッチするはずなのに強調表示される物とされない物があるという問題。原因を色々調べてみたら、非表示の要素が問題を引き起こしていた。

<fieldset>
<legend style="display:none">b</legend>
<p>a b a c</p>
</fieldset>

例えばこんな箇所を検索対象にして、a|bという正規表現で検索するとする。

XUL/Migemoはまず一旦検索対象の範囲をDOM Rangeで取得して、文字列に変換し、それに対して正規表現のマッチングを行う。この場合、Rangeからは「b a b a c」という風な文字列が得られ、最初にマッチした「b」がヒット箇所ということになる。

次に、この「実際にヒットした文字列」を使ってFirefox自身の持つ検索機能を呼ぶんだけど、ここで問題が起こる。Rangeの文字列化では要素が表示されてるかどうかというのは考慮されないんだけど、nsIFindのRange内検索では、ヒット箇所が非表示の要素の中だった場合はヒットしなかったものとして次候補を探してしまう。上記の例では、非表示のlegend要素の中に「b」という文字列を見つけても、非表示だからということでスルーされてしまい、実際には次のp要素内の「b」という文字列の方にヒットしてしまう。

XUL/Migemoで次候補を検索すると、次の(2つ目の)「a」にはヒットする。さらに次候補を検索すると、文書の終了に達して文書先頭から検索し直されるのだけれども、この時も上記のような事が起こって、p要素内の1つ目の「a」ではなくp要素内の「b」がヒットする。よって、普通の前方検索を行っている間は永久に、p要素内の1つ目の「a」にはマッチしないという現象が起こる。

Rangeを文字列化する時に、非表示の要素を除外できればいいんだけど……

ちなみに現在のところ、Rangeを文字列化する時は、DOM3 XPathを使ってscript要素などを検出してそこを避けるように文字列化してるんだけど、要素の表示・非表示をキーにしようとするとDOM2 TraversalのTreeWalkerを使わないといけないと思う。TreeWalkerではすべての要素ノードに対してJavaScriptの関数呼び出しと条件判定が行われるので、長いページだとヤバイくらいに速度低下が起こりそう……という懸念があって、手を出せずにいる。

追記。実際にそのように実装して試してみたところ、確かに正しく検索できるようにはなるんだけど、Rangeを文字列化する処理自体が10倍遅くなった。これはまずいなあ。

分類:Mozilla > 拡張機能 > xulmigemo, , , , , , 時刻:11:25 | Comments/Trackbacks (2) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

最初からこりゃまずいよなーと思ってたところが顕在化しちゃいましたね…
ここまでくるとC++化を検討しないといけないかもですね。
仕様だからあきらめてくれと言いたいところですが、a.m.oで起こるのが厄介ですね。

Commented by plus7 at 2008/12/05 (Fri) 18:56:20

no title

nsISelectionControllerに、テキストノードの任意の範囲を与えるとそのテキストが表示されているかどうか(スクロールアウトされているかどうかではなく、親要素がdisplay:noneでないかどうかという意味で)を返すメソッド「checkVisibility()」があることが分かったので、これを使ってみた(DOM3 XPathでテキストノードを収集して、このメソッドで一つ一つ確認する)ところ、ちょびっとだけ速くなりました。といっても、10倍遅かったのが9倍遅い程度になったというくらいなんですが……

Commented by Piro at 2008/12/08 (Mon) 18:26:19

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2008-12-05_hidden.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード