Home > Latest topics

Latest topics > Firefox上のあらゆる操作を一次元で記録してアンドゥ・リドゥ可能にするライブラリ(実験段階)

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Firefox上のあらゆる操作を一次元で記録してアンドゥ・リドゥ可能にするライブラリ(実験段階) - Jan 04, 2010

ツリー型タブのAPIでこんなのが欲しいというのがあったら言っておくれと書いたところ、Alice0775さんからタブバーのドラッグ操作とかツリーのドラッグ操作とかをアンドゥする機能が欲しい(大意)という要望をいただいた。

そういえばこの前のMozilla勉強会の後の懇親会で、新しいタブが開かれたり新しいウィンドウが開かれたりした時に「戻る」ボタンで元のタブや元のウィンドウに戻れないことについて、あらゆる操作がアンドゥ可能になってないといけないんじゃないの?とかそんな感じの話が出ていたと思う。なので実験的にそういう物を作り始めてみた自動テスト)。

var current = TreeStyleTabService.currentTabbarPosition;
window['piro.sakura.ne.jp'].operationHistory.doUndoableTask(
  // やり直し可能にしたい処理
  function() {
    TreeStyleTabService.currentTabbarPosition = newPosition;
  },

  // 履歴の名前(省略可)
  'TabbarDNDOperations',

  // ウィンドウごとの履歴の場合の対象ウィンドウ(省略可)
  window,

  // 履歴の項目
  {
    // 項目名
    label  : 'タブバーの位置変更',
    // アンドゥの時に実行する内容
    onUndo : function() {
      TreeStyleTabService.currentTabbarPosition = current;
    },
    // リドゥの時に実行する内容(省略可)
    // →省略時は上記の「やり直し可能にしたい処理」が自動的に
    //   onRedoとして登録される
    onRedo : function() {
      TreeStyleTabService.currentTabbarPosition = newPosition;
    }
  }
);

という感じでアンドゥ・リドゥ時の動作を登録して、window['piro.sakura.ne.jp'].operationHistory.undo('TabbarDNDOperations', window)とかwindow['piro.sakura.ne.jp'].operationHistory.redo('TabbarDNDOperations', window)とか書くとヨロシク処理してくれる……という風な感じ。「あらゆる操作を一次元で記録して」とタイトルに書いてるけど、自動的に記録するんじゃなくてアドオン作者が手作業で記録する前提で、「履歴の記録」「履歴の呼び出し」の所を管理する手間を軽減するだけのライブラリなんで、そこの所はお間違えなきよう。

関数をそのまま登録するというのが乱暴と言えば乱暴なんだけど、柔軟性を高くしようと思ったらこうするのが手っ取り早いかなーって思いまして。一応ウィンドウごとの履歴とグローバルな履歴の両方を持てるようにしてみてる。イメージ的には、Adobe製品のヒストリ機能のような物を目指してる。

で、枠組みは用意したんだけど、タブバーの位置の移動みたいな単純な機能はいいとして、ツリーの移動みたいなややこしい物をどうやってアンドゥ・リドゥさせるかで暗礁に乗り上げてる。

  • マルチプルタブハンドラとの連携も考慮する必要がある。
  • ツリーの移動だけじゃなく複製も考慮しないといけない。
    • 複製のアンドゥは複製されたタブのクローズでいいけど、リドゥは? もう一回複製させる?
  • 移動・複製元のタブの一部が閉じられていた場合を考え始めると破綻する。
    • ツリーの移動だけを記録すると、ツリーを移動した→移動先のツリーのタブを1つ閉じた という操作の後でアンドゥした時に、移動されたツリーを元に戻せない(元のウィンドウに戻すべきタブが見つからなくなる)。
    • となると、タブを閉じる・タブを開く・(ツリーに関係なく)タブを移動する、といったあらゆる動作を記録しないといけない。

なんとなく、ツリー型タブからは分離して「タブバー上のあらゆる操作をアンドゥ可能にするアドオン」を新しく作った方がいいような気がしてきた。で、ツリー型タブが入ってる時はそいつのアンドゥ履歴の中に「タブバーの位置変更」の項目が混ざってくる、みたいな連携の仕方。

分類:Mozilla > XUL, , , , , , , 時刻:14:34 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-01-04_undo.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード