Home > Latest topics

Latest topics > 汎用的なアンドゥ・リドゥ機能を提供するoperationHistory.jsの、理解しておかないといけない特性

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

汎用的なアンドゥ・リドゥ機能を提供するoperationHistory.jsの、理解しておかないといけない特性 - Jan 18, 2010

前のエントリではoperationHistory.jsの基本的な使い方を説明しましたが、次は、これを使うにあたって理解しておかないといけないポイントを解説しようと思います。


UIに対して行うアンドゥ可能にしたい操作の中には、他のアンドゥ可能にしたい操作を内部で呼び出すものがあるでしょう。例えばブックマークフォルダの内容をまとめてタブで開く時などに使われるtabbrowserのloadTabs()メソッドは、新しい空のタブを開くaddTab()メソッドを内部で呼び出しています。「新しいタブを開く」操作と「ブックマークフォルダの内容をまとめてタブで開く」操作をアンドゥ可能にする際は、これらのメソッドに対してそれぞれアンドゥ・リドゥの処理を定義することになります。

このように「アンドゥ可能な処理」同士が入れ子になっている時、operationHistoryは、それらすべてのアンドゥ可能な処理について、実行が始まった順番通りに履歴に登録を行います。例えば「loadTabs()で3つのタブを開く」という場面では、以下のように処理が行われます。

  1. loadTabs()実行。アンドゥ可能な操作Aが始まる。
    1. 対応する履歴項目A'が登録される。
    2. 1つ目のタブのaddTab()実行。アンドゥ可能な操作Bが始まる。
      1. 対応する履歴項目B'が登録される。
      2. アンドゥ可能な操作Bが完了する。
    3. 2つ目のタブのaddTab()実行。アンドゥ可能な操作Cが始まる。
      1. 対応する履歴項目C'が登録される。
      2. アンドゥ可能な操作Cが完了する。
    4. 3つ目のタブのaddTab()実行。アンドゥ可能な操作Dが始まる。
      1. 対応する履歴項目D'が登録される。
      2. アンドゥ可能な操作Dが完了する。
  2. アンドゥ可能な操作Aが完了する。

この時の操作B~Dは、操作Aが完了する前に、操作Aの中から呼び出されています。そのため、これらに対応する履歴項目B'~D'は、完了していない操作Aに対応する履歴項目A'の子項目として登録されます。つまり、このような親子関係が形成されます。

  1. 履歴項目A'
    1. 履歴項目B'
    2. 履歴項目C'
    3. 履歴項目D'

他の履歴項目の子項目として登録された履歴項目は、親となる項目の一部として扱われます。子項目になった履歴項目は、アンドゥ可能な操作の履歴の一覧には登場せず、「最大100回までアンドゥ可能」といった場合、子項目の数はそのカウントに含まれないことになります。

この履歴項目A'に対してアンドゥを指示すると、operationHistoryは以下の順で処理を行います。

  1. 履歴項目D'のonUndo()
  2. 履歴項目C'のonUndo()
  3. 履歴項目B'のonUndo()
  4. 履歴項目A'のonUndo()

この時の実行順序は項目の登録時の逆順であることに注意して下さい。なお、後で解説しますが、遅延処理のための仕組みによってこの実行順序は保証されます。前の項目のonUndo()が終わる前に次の項目のonUndo()が始まるという事はありません。

逆に履歴項目A'に対してリドゥを指示すると、operationHistoryは以下の順で処理を行います。

  1. 履歴項目A'のonRedo()
  2. 履歴項目B'のonRedo()
  3. 履歴項目C'のonRedo()
  4. 履歴項目D'のonRedo()

今度は、履歴項目の登録順の通りであることに注意して下さい。こちらについても、実行順序はこの通りに保証されます。

操作をアンドゥできるようにする際は、操作の中から呼び出している別の操作がアンドゥ可能である場合、上記の実行順の事を念頭に置いてアンドゥ・リドゥ用の処理を記述する必要があります。例えば上記の例であれば、アンドゥの際は以下の順でアンドゥのための処理が進みます。

  1. 3つ目のタブを開く操作のアンドゥ(タブが閉じられる)
  2. 2つ目のタブを開く操作のアンドゥ(タブが閉じられる)
  3. 1つ目のタブを開く操作のアンドゥ(タブが閉じられる)
  4. 複数のタブを開く操作のアンドゥ

これを見ると、4番目の項目の時点ではもう何もする必要が無いということが分かります。もし4の時点で、3つのタブを開いたのでそのアンドゥ操作としてタブを3つ閉じようとしても、閉じる対象のタブが存在しないためエラーになってしまいます。他のアンドゥ可能な操作を内部で呼び出す操作については、アンドゥ・リドゥの内容が重複しないように注意してください。

分類:Mozilla > XUL, , , , , , , , 時刻:17:40 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-01-18_operationhistory-nest.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード