Home > Latest topics

Latest topics > XBLの使用を避けたがるのは何故か

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

XBLの使用を避けたがるのは何故か - Oct 22, 2010

僕がアドオン開発でXBLの利用を避けることが多いのは、XBLを使ってると、他のアドオンやサードパーティ製のテーマと衝突した時ににっちもさっちもいかなくなってしまうことが多かった(という印象が強い)り、複数のバージョンのFirefoxに対応しようと思うとドツボにハマったりしたからだ。

例えばツリー型タブのようなアドオンを作る時に、「タブのDOMノードに、子タブの一覧を取得するためのchildTabsというプロパティを追加したいな」と思ったとする。思ったっていうか、タブブラウザ拡張でかつてツリー表示機能を実装した時には実際そうしてたんだけど。それをXBLでやるとこんな風になるだろう。

<binding id="tabbrowser-tab"
         extends="chrome://browser/content/tabbrowser.xml#tabbrowser-tab">
  <implementation>
    <property name="childTabs" readonly="true">
      <getter><![CDATA[
        ...
      ]]></getter>
    </property>
  </implementation>
</binding>

同時に、こういうCSSも書くことになる。

.tabbrowser-tab {
  -moz-binding: url("mybinding.xml#tabbrowser-tab");
}

XBLではextendsで他のバインディング定義を継承することができる。chrome://browser/content/tabbrowser.xml というのは、Firefox 3.6でタブブラウズ関係の機能を定義してるバインディングなので、これで「Firefox本来のタブの機能に加えて新しい機能を定義する」という事が簡単にできる。

が、これは同時に欠点でもある。XULの機能のかなりの部分はXBLで定義されているので、extendsを書き忘れるとマトモに動かなくなってしまうことが結構ある。だから、独自のバインディングを適用する時は、適用先の要素に既にバインディングが適用されているかどうかを調べて、現在適用されているバインディングのURIを独自のバインディングのextendsに書いておかないといけない。

そして、「元々適用されているバインディングのURI」は簡単には同定できない。Firefoxのバージョンによっても変わるし、WindowsかMac OS Xかによっても変わるし、サードパーティ製のテーマでバインディングが上書きされているかもしれないし、アドオンがバインディングを適用しているかもしれない。ひょっとしたらユーザがuserChrome.cssでバインディングの指定を変えているかもしれない。継承の順番は、自分のXBL→tabbrowser.xml→tabbox.xml→general.xml かもしれないし、自分のXBL→テーマのXBL→tabbrowser.xml→tabbox.xml→general.xml かもしれないし、自分のXBL→他のアドオンのXBL→テーマのXBL→tabbrowser.xml→tabbox.xml→general.xml かもしれない。「こう書いておけば大丈夫」という単一の継承元のURIは存在しないのだ。

さらにタチが悪いことに、XBLの定義ファイルの中に書かれたextendsは動的には書き換えられない。現在適用されているバインディングのURIをgetComputedStyle()で取得しても、それを後からXBLのextendsに指定するという事はできない。(ひょっとしたらdata: URLを使えばできるかもしれないけど、僕はそんなのやりたくないし見たくもない……)

だから、XBLを使うアドオン同士ではバインディングの優先権の取り合いになる。CSSは後から読み込まれたもの・セレクタの指定の詳細度が高いものほど優先的に適用されるから、後からインストールしたアドオンのせいでそれまで使っていたアドオンのバインディングが適用されなくなる、なんてこともしょっちゅうあった。タブブラウザのタブ要素なんて、激戦区中の激戦区と言っていいだろう。

そう考えると、ほんの2~3個のプロパティだとかメソッドだとかを追加するためだけにこれだけのリスクを負うのは到底割に合わない。それだったら、要素のDOMノードに直接プロパティを加えるのを諦めて、コントローラやサービスになるようなクラスを作ってそっちに必要な処理を集約させる方がずっと楽だ。(だからツリー型タブでは、前述の例のようなバインディングを使う代わりに、gBrowser.treeStyleTab.getChildTabs(aTab)で子タブの配列を得るように設計した。)

というのが、僕の出した結論だった。

そういう話なので、僕は、「何が何でもXBLを使うな」とまで言うつもりはない。前述のようなバインディングの適用の優先権争いが起こらない場所、例えば独自のXULRunnerアプリケーションだったり、独自のサイドバーパネルだったり……という部分でなら、XBLはいくらでも使っていいと思ってる。

例えば、派生の要素型がたくさんあるようなケースではXBLの継承が威力を発揮する。会社で一時期やってたXULRunnerアプリのプロジェクトでは、継承を多用することで結構工数を削減できた(と思う)。また、anonymous contentsの追加は(特に、既に存在しているDOMツリーのノードの親子関係の間に安全に割り込むような物は)、XBLでなければできないことだ。

ただ、XBLは、1つのウィンドウの中にいろんな人が好き勝手に書いたコードが同居する「Firefoxのアドオン」という分野とは、すこぶる相性が悪い。JavaScriptで書く物でもCSSで書く物でも「最初にやった者勝ち」な所はどこかしらあるけれども、XBLの場合はそれが顕著だし、「後から来た者が上手く隙間に入り込む」という風な余地が全然無い。だから僕は、XBLをなるべく避ける形でコードを書くように努めてるんだな。

分類:Mozilla > XUL, , , , , 時刻:21:44 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-10-22_less-xbl.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード