Home > Latest topics

Latest topics > RestartlessのE4Xレス化

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

RestartlessのE4Xレス化 - Dec 26, 2012

再起動の要らないアドオンをAdd-on SDK無しで開発するときの簡易的なテンプレートのような物として作っているRestartlessは、ツールバーボタンの定義や設定ダイアログの定義にE4Xを使う前提で設計してた。静的なXULファイルを別に用意しなくても、JavaScriptで書かれたロジックの中にリテラルとしてXULの定義を埋め込める、ということで重宝してたんだけど、E4Xのデフォルト無効化で完全にハシゴを外された形になってしまった。

E4Xを多用してた方々各方面悲喜こもごもあるようで、自力でスクリプトをパースしてCDATAマーク区間だけでも認識できるようにするとか色々なアプローチが試みられているようなのだけれども、僕はというと、面倒なのでE4Xはスッパリ諦める事にした。元はといえば、従来のやり方に近いやり方で再起動の要らないアドオンをラクに開発したいというのがRestartless開発の動機だったのだから、何か代わりの手段があるのであれば、E4Xにこだわる理由はなかったし。

まずE4Xで定義されたXULのコード片を受け取る部分についてだけど、これらは内部的にはXMLのソースコードの文字列に変換した後、RangeのcreateContextualFragmentでDOMDocumentFragmentにしてたので、インプットはただの文字列でも構わなかった。なのでToolbarItem.jsconfig.jsは以下の点だけ修正して終わりとした。

  • E4X無効の環境でもシンタックスエラーにならないように、E4X固有の書き方をなくした(具体的には、識別子としていきなり「*」が出てこないようにした)。
  • インプットが文字列の時は、それをそのままDOMDocumentFragmentにした後、ホワイトスペースだけのテキストノードをその都度削除するようにした(XBLの定義が手抜きなせいで、こういう場合に初期化エラーになるので)。

ツールバーボタンの定義は、手間だけど文字列リテラルに書き直すことにした(簡単なスクリプトでインデントも含めてそれっぽく置換した)。ちょよんごさんのnode-hereを移植することも考えたんだけど、単に改行込みのコード片を文字列として取得できるだけだと、E4Xの時みたいな「属性値やテキストノードの値にJSの変数の値を入れる」ということが簡単にはできなくて、そこの面倒さの方が気になったので、今回は見送ることにした。

ただ、設定ダイアログくらいの規模となると、一々文字列リテラルにしてたら埒があかないのでそこだけはなんとかしたかった。これについては、Firefox 8くらいから後のバージョンではchrome.manifestでcontentやlocaleのChrome URLを動的に登録・解除できるようになってるので、昔ながらのやり方に戻って静的なXULファイルで書くようにした

ロケールもこの要領でpropertiesファイルからDTDに書き直せばいいんだけど、Fox Splitterみたいにロケールの数が多いとそんなのやってらんないし、Fox Splitterの場合は設定ダイアログとブラウザ上のUIとで同じラベルを使い回したりしていて、どれをpropertiesファイルに残してどれをDTDにするのかとかを考えるのももう無理っぽかったので、逆転の発想で、属性値やテキストノードの値に{{ JavaScriptの文 }}という書き方を許容するようにして、XULドキュメントが開かれたときに自動的に解決するユーティリティを加えて、propertiesファイルをDTD代わりに使うことにしてみた。DOMContentLoadedのタイミングだと遅すぎるようだったので、今の所は待ち無しで実行してるけど、XBLの初期化タイミングが狂うリスクがあるので、将来的には問題が起こるかもしれない。(……と、ここまで書いて気付いたけど、node-hereを移植した上でこれと同じ記法を許容するようにすればよかったかなぁ。もう後の祭りだけど。)

Restartlessベースで作ってた各アドオン(親のタブに戻るFox Splitter、あと開発中で放置してた「Suspend Tab」)も更新済みで、masterベースのXPIはこの間から提供してる自動ビルドが既に利用できる状態になってる。Nightlyで使ってた人がもしいたら、これで動くようになってると思う。

……node-here.jsの移植はやらないでおくって書いたけど、結局やっぱり必要になってしまったので移植した。スタックトレースから列番号を取れないというGecko(SpiderMonkey?)の制限のため、1行の中に2個以上のhere()は書けない。

分類:Mozilla > XUL, , , , , 時刻:02:58 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2012-12-26_restartless-without-e4x.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード