Home > Latest topics

Latest topics > QuickTime用のTeXMLを生成するスクリプトを作ってみた

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

QuickTime用のTeXMLを生成するスクリプトを作ってみた - Jul 12, 2007

QuickTime Proを使うと携帯で撮影した動画(3g2)を加工できるんだけど、字幕とかキャプションとかカラオケ用の歌詞とかそういう物を付けようと思うと、クソ面倒な手順が必要だ。

で、調べてみたらどうやら、XMLで文字色とか文字サイズとか表示時間とかを指定したテキストトラックを作れるらしい、と。でも書式覚えるのめんどいし、時間とキャプションの内容だけ指定したらXMLに変換してくれるようなツールでもないとやっとれんわけで。

そういうツールを探せば絶対あるだろうとは思うんだけど、探すのがめんどかったので、やっつけで作ってみた。XULなので無駄にFirefox専用。

TeXMLGen.xul

00:01-00:03   シーン1
10:00-10:02   シーン2

という感じで書くとそれっぽいXMLを吐き出す。それをテキストファイルとして保存して、QuickTime Playerで開いて全選択→コピーして、キャプションを付けたい動画をQuickTime Playerで開いて、字幕を付けたい範囲を選択→選択範囲に調整して追加 とすると、キャプション付きの動画を作れる。

まあ普通に考えて、電器屋で安い動画編集ソフトいっこ買ってきた方が絶対に楽だと思う。何かの間違いでQuickTime Proのライセンスを買ってしまったマヌケな人向けのスクリプトだ。 TeXMLGen.xul

分類:ソフトウェア, , 時刻:00:17 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-07-12_qtpro-texml.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード