Home > Latest topics

Latest topics > さくらのレンタルサーバ スタンダードプランでrep2

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

さくらのレンタルサーバ スタンダードプランでrep2 - Jun 08, 2010

いくつか前例はあるようだ。

僕の契約はスタンダードプランなんだけど、複数ユーザでFreeBSD 7のサーバを共用してる状態で、管理者権限は無い。クライアントはUbuntu 10.04。という前提で。

sshの準備

何はともあれ、まずはリモート操作のための準備を整える。

ssh ユーザ名@ドメイン名

これでsshでログインできるんだけど、いちいちパスワードを訊かれてしまう。なのでsshの公開鍵を置いておくことにした。

  1. 1回、上記の要領でSSHでログインする。
  2. mkdir .ssh
  3. chmod 700 .ssh
  4. vi .ssh/authorized_keys
  5. ローカルにある公開鍵(~/.ssh/id_rsa.pubなど)の内容を貼り付けて、ファイルを保存する。
  6. chmod 600 .ssh/authorized_keys
  7. exit

再度上記の要領でsshでログインを試みると、今度はパスワードを訊かれなくなる。scpも。

rep2設置

  1. p2拡張機能パックの「依存ライブラリ込み」のファイル一式をダウンロードする。今回は rep2ex-100227-0215.7z を使った。
  2. ファイルを展開する。
  3. cd rep2ex-100227-0215-with-deps
  4. tar zcvf rep2.tar.gz rep2 で再圧縮する。
  5. scp ~/rep2.tar.gz ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに送る。
  6. ssh ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに入る。
  7. mkdir ~/p2data でWebから見えない位置にデータディレクトリを用意する。
  8. tar zxvf rep2.tar.gz で展開する。
  9. mv rep2 www/ でWebから見える位置に移動。
  10. パーミッションを設定する。
    1. chmod 705 www/rep2
    2. cd www/rep2
    3. find . -name "*.php" -type f -print | xargs chmod 705
  11. vi conf/conf_admin.inc.php で初期設定を変更する。
    • $_conf['data_dir']などで指定しているデータディレクトリの位置を、先程作ったデータディレクトリへのパスに書き換える。 ~/p2data/ にデータディレクトリがあってrep2のindex.phpが ~/www/rep2/index.php にあるという位置関係なら、値は "../../p2data/" になる。
    • どこからでもアクセスを受け付けるようにするなら、 $_conf['secure']['auth_host'] の値を 0 にする。
  12. http://ドメイン名/rep2/index.php にアクセスしてみる。

上記の参考エントリではこれだけでいけるという風に書いてあるんだけど、僕の場合はPHPのエラーで動かなかった。magic_quotes_gpcをOffにしろとかなんとか。

さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルを見てみると「PHP設定の編集」というのがあったので、ここを見てみたところ、デフォルトの設定に対して必要な設定項目だけ上書き指定できるようだったので、magic_quotes_gpc = Off と記入して保存した。その後再度rep2のページにアクセスしてみた所、今度はちゃんとユーザ登録用のフォームが表示された。

ローカルのrep2のログを引き継ぐ

実はローカルで今までrep2を動かしてたので、そのログや「お気にスレ」などのデータを引き継ぎたかった。ローカルのデータは ~/public_html/rep2/data/ に置いてた、という前提で。

  1. exit (sshでサーバに入ったままなのであれば)
  2. cd ~/public_html/rep2
  3. tar zcvf data.tar.gz data で圧縮する。
  4. scp ~/data.tar.gz ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに送る。
  5. ssh ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに入る。
  6. tar zxvf data.tar.gz で展開する。
  7. rm -r p2data
  8. mv data p2data
  9. rm p2data/p2_auth_user.php で古い認証ユーザの設定を削除する。
  10. http://ドメイン名/rep2/index.php にアクセスしてみる。

今まで見てたスレの過去ログが見えるようになっていれば成功。

余談

今回の事で、さくらのレンタルサーバにsshで入る方法を習得した。もう少し色々試したら、定期的にサーバにある内容をまとめて圧縮してバックアップということもできるようになれるかな。なれるといいな。

分類:ソフトウェア, , , , 時刻:15:53 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-06-08_rep2.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード