Home > Latest topics

Latest topics > SH-M03でSDカードを内部ストレージの代わりに使うように設定した

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

SH-M03でSDカードを内部ストレージの代わりに使うように設定した - Jun 09, 2017

手厚いサポートの恩恵をほとんど受けてないのでSoftbank MobileをやめてMVNOにしよう、ということで数ヶ月前から準備を進めてて、まずSIMロックのかかってない端末に機種変更した。そこそこ性能が良くてモバイルSuicaが使えること、を条件に検討した結果AQUOSブランドのSH-M03にした(既にこの次のモデルが出てたけど、次のモデルはコストダウンの方に舵を切った結果スペックが落ちてたので……)。

……んだけど、これが本体の内蔵ストレージがめっちゃ少なくて、この前に使ってた203SHは32GBあったのにこれは16GBだからアプリの自動更新が何度か降ってきたらもうそれだけでパンパン。microSDを外部ストレージとして使うようにはもちろんしてたんだけど、それでも全然追っつかない。Kindleのようにデータを自分の領域に保存するアプリはそもそも外部ストレージがいくらあっても使っちゃくれないし。

検索したら、Android 6以降だとSDカードを内部ストレージの追加領域にできるみたいな話が出てきたのでやってみた。結論としては、今まで外部ストレージだったmicroSDがそっくりそのまま内部ストレージになる感じになった。

以下、やったこと。

  1. 準備。
    1. Androidのバージョンを確認する。SH-M03はAndroid 6.0.1で、6以上という条件を満たしてるので問題なし。
    2. microSDの内容をPCに退避する。一旦フォーマットする必要があるという説明を見たので。
    3. 設定→ストレージとUSB でmicroSDをタップし、右上のメニューボタンをタップして出てくるメニューからフォーマットを選択する。 この時、SDカードを内部ストレージとして使う機能を解放してる機種で、且つmicroSDの性能が充分にあると「内部ストレージとしてフォーマット」という項目がメニューに表示されて、それを選択すればいいようなんだけど、SH-M03はこの機能が封印されてるのか、使ってるmicroSDのせいなのか、自分の環境では「外部ストレージとしてフォーマット」しか表示されなかった。ので、とりあえずそれを選択してフォーマットし直した。
  2. 外部ストレージとしてしか認識されないmicroSDを強制的に内部ストレージにする。(前の手順で内部ストレージとしてフォーマットできてるなら、多分この手順は不要)

    1. 作業用PCにAndroid Studioをインストールする。
    2. コマンドプロンプトから開発ツールを使えるようにするために、環境変数PathC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Android\Sdk\platform-toolsを加える。
    3. Android端末側で、設定→端末情報→ビルド番号 を連打して開発者向けの機能を使えるようにする。
    4. Android端末で設定→開発者向けオプションを開いて機能を有効化し、「USBデバッグ」をONにする。
    5. USBケーブルでPCとAndroid端末を接続する。
    6. コマンドプロンプトを開き、adb shellを実行してAndroid端末に接続する。 USBデバッグ接続を許可するかどうかの確認がAndroid端末の画面に出るので、許可する。
      • この時、2つ以上のAndroid端末がPCに接続されているとどこに繋ぎに行けばいいのか分からないということでerror: more than one device/emulatorというエラーメッセージが出て接続できない(自分の環境ではCintiq Companion Hybridが繋がっててこれにハマった)ので、関係無いAndroid端末は外しておく。
    7. adb shellで無事端末に接続できたら、sm disk-listを実行する。すると、以下のような感じで認識されてるmicroSDの識別子が表示される。

      C:\Users\piro>adb shell
      shell@SH-M03:/ $ sm list-disks
      disk:179,64
      shell@SH-M03:/ $
      

      ここではdisk:179,64がそれにあたる。

    8. sm partition (microSDの識別子) privateを実行する。

      shell@SH-M03:/ $ sm partition disk:179,64 private
      shell@SH-M03:/ $
      

      しばらく待たされて処理が完了する。

      • この時、privateと指定するとmicroSDの領域全体が内部ストレージとして使えるようになるんだけど、文献によっては「全体を内部ストレージにするとおかしくなるのでmixed 50のように指定すること」のように案内してたりする。が、自分の環境で試した限りではmixedを指定しても期待したような効果を得られず、むしろprivateにした方が想定通りの結果を得られた。
    9. Android端末を再起動する。
  3. 内部ストレージとしてフォーマットされたmicroSDに、データを移行する。
    1. 設定→ストレージとUSBを開くとmicroSDが「外部ストレージ」と括られずに「内部ストレージ」のすぐ下に表示されているので、これをタップする。
    2. 右上のメニューボタンをタップして出てくるメニューから「データを移行」を選択する。
    3. 確認の後、本体内蔵のメモリからmicroSDに諸々のデータやアプリが移動される。

この状態でファイルマネージャの類のアプリを起動してみると、以前は内部ストレージとSDカード(外部ストレージ)の2つが見えていたのが、内部ストレージが見えなくなってSDカードだけ表示されるようになっていた。 また、Android端末をPCに接続しても、microSDの分の領域だけが見えるようになっていた。

最初に退避しておいたmicroSDの中身を書き戻すというかマージすれば、移行作業は完了。逆に、microSDを切り離して元の状態に戻したい時は、設定→ストレージとUSB で内部ストレージの項目をタップして、右上のメニューボタンをタップして出てくるメニューから「データを移行」を選択すればいいんだと思う。やる前にmicroSDの中に保存されてるデータを消して内部ストレージに収まる状態にしておかないと、多分、失敗するか警告されて処理を実行できないんじゃないかなあ。

分類:システム再構築, , , 時刻:03:10 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2017-06-09_android-storage.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード