Home > Latest topics

Latest topics > 差別主義者予備軍

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

差別主義者予備軍 - Jan 23, 2006

僕のように、劣等感が強く、自分が劣っていると認識して落ち込む傾向のある人間は、常に自分と他人を比較している。逆方向に考えれば、こういう人間は自分が優位に立ったとき、自分が優れていると認識してうかれる傾向があると言える。自分と他人とを比較して優劣を付けなければ生きていけない、差別主義者予備軍なのだと言えるだろう。

こういう危険な人間は、劣等感を感じさせ続けることのできるような地位という牢獄に閉じこめてコントロールしておくのが、社会のためなんじゃないだろうか、そんな風に思うことが時々ある。自分が這いあがろうとすることは、社会秩序に仇なすことに繋がるんじゃないだろうか、そんな風に思うことがある。

分類:出来事・雑感, , 時刻:21:58 | Comments/Trackbacks (5) | Edit

Comments/Trackbacks

えーと、

劣等感を感じているから、他人と自分をどうしても比較してしまうんじゃないですか?ほんとうに自分が優位に立ったら(という言い方は好きじゃないけど)、心に余裕が出来て、他人との優劣なんかあまり気にかけなくなるんじゃないかなぁと思います。どうでしょう?

Commented by まりねこ at 2006/01/24 (Tue) 06:08:55

no title

キッカケというか一番最初の要因としてはそういうものもあるかもと僕も思います。
ただ、性質的に劣等感を感じやすいのが、実際に劣等感を感じることによってその因子が発動して、差別主義者予備軍として覚醒する、みたいな、負のスパイラル的なものもあるのではないだろうかという気もしていて。

>心に余裕が出来て、他人との優劣なんかあまり気にかけなくなるんじゃないか

・最初から状況的に恵まれてて(大金持ちの家に生まれた、とか、実際に「優れて」なくても、劣等感を感じずに済むような環境にいた、とか)最初から心に余裕のある人は、そうなんじゃないだろうか
・でも一度「堕ちて」しまったら、なかなかそうはなれないんじゃないだろうか

……と考える自分は悲観的すぎますかね。

Commented by Piro at 2006/01/24 (Tue) 09:52:56

ツッコまれる前に自己ツッコミ

単に、自分を変えない・現状から変わろうとしないでいることを良しとするためのエクスキューズを、無意識のうちに考えてしまっているという説もあるかも。

Commented by Piro at 2006/01/24 (Tue) 13:13:10

やっぱり

ちょっと悲観的な気がします。でも、性格的にセンシティヴなんでしょうね。梅田イーマとか阪神百貨店とか、私もあのへんは庭みたいなものなので(言い過ぎ?)、つい親近感を持っちゃうんですが、買い物に行ったのはいいけど、お友達と自分の差を感じて泣けちゃう話ね、なんでそこまで?って私なんか基本がズーズーしいから、そんなことで泣く人いるのかって想像はできるけど、本当にはわかんないです。人は人、自分は自分、ってどこかでいつも思ってて。
思うに、自分を肯定するための材料を、自分の内側に求めないと、外側を変えてもやっぱり人と比べて劣等感をもつスパイラルに陥るんじゃないかしら。えっと、批判してるとかじゃなくて、「そんなに自分を情けなく思う必要あるの?」って話なんです。仕事もして、社会人で、ちゃんとものを考えられる頭があって、自分をもっと良くしようという向上心があって、そういう自分を自分でもっと肯定的に見てもいいんじゃないかなって。

Commented by まりねこ at 2006/01/25 (Wed) 02:36:17

no title

>思うに、自分を肯定するための材料を、自分の内側に求めないと、外側を変えてもやっぱり人と比べて劣等感をもつスパイラルに陥るんじゃないかしら。

「プライド」「自尊心」とは本来そういうもののことを言うんでしょうね。「だれそれよりこれだけ優れている」ということではなくて、オンリーワンであること。

ただ、オンリーワンであることそのものを祝福してくれる他人は原則としていない(親は祝福してくれるかも)ので、それが祝福に値することであるとどうすれば信じられるのか、どうすれば誰に引け目を感じることなく(ただのナルシシズムじゃないか、という批判をかわして)そのような確信を持てるのか、というのが僕にとっての課題なのだと思います。

Commented by Piro at 2006/01/26 (Thu) 19:03:00

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-01-23_sabetsu.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード