Home > Latest topics

Latest topics > 体罰

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

体罰 - May 03, 2006

戸塚ヨットスクールの話とか見てて思ったこと。

  • 体罰が問題なのではなく、体罰の程度をコントロールできないこと、教育に基づく体罰と個人的感情とを切り離せないことが、問題なんじゃないのか?
  • 言葉で叱りつける事ができない……有り体に言えば「頭の良くない人」が体罰に走りやすいのではないか?
  • そしてそういう人は得てして力加減も感情との切り離しもできないんじゃないのか?
  • そういう人に、体罰の代わりに言葉を使わせたところで、やっぱりコントロールなんてできないんじゃないのか? 物理的暴力の暴走を禁じても、心理的暴力の暴走に姿を変えるだけではないのか?
  • 言葉で叱りつけることだって、コントロールと感情の問題は同じなんじゃあないのか?
  • だから同じことが心理的暴力の分野で繰り返されるのではないのか?
  • そして言葉で叱りつけることも許されなくなってしまったのではないのか?
  • 結局、要因ではなく現象だけを見るから、何も解決しないまま袋小路に陥るんじゃないのか?

とかなんとか。

イジメの加害者の少年に(ある程度の訓練を受けさせた上で)崖下りをさせて、その時の命綱をイジメの被害者の少年に持たせ、加害者少年に恐怖を味わわせるという話は、そりゃ効きそうだけどエグいなあと思った。

分類:出来事・雑感, , , , 時刻:14:10 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-05-03_taibatsu.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード