Home > Latest topics

Latest topics > プログラムを書くということ

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

プログラムを書くということ - May 13, 2006

友人がその筋の偉い人に「PHP勉強したいから教えて!」と言ったところ、「ハァ?」と返されてしまった、と言っていた。

プログラムの書き方というのは、習おうと思って身につくようなものではない、と思うことがある。教わるプログラミングというのは例えて言うなら辞書を見ながら学ぶ英語だ。でもプログラミングの本質はそこにはない。プログラムで最も重要なのは、語彙(関数名やメソッド名)ではなく、ものの考え方そのもの(アルゴリズム)だからだ。

プログラミングの本質とは、いかに上手くコンピュータに言うことを聞かせられるか、いかにコンピュータを説得したり宥め賺したりおだてたりできるか、いかに巧みにコンピュータとコミュニケーションを取るか、ということだと思う。

プログラムを書くということは、機械と対話するということ、コンピュータに対して自分が「これこれこうして欲しい」と思っていることを正確に教え伝えることなのだ。そしてその結果できあがるプログラムというのは、機械の世界のルールに則って再構築された「デジタル化された自分の思考パターン」に他ならない。「こういう状況になったら、俺ならこうするね」という考え方をもっと複雑に正確にコンピュータの世界の言葉に翻訳したもの、それがプログラムなのだ。

分類:出来事・雑感, , 時刻:03:31 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-05-13_programming.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード