Home > Latest topics

Latest topics > 他人事であるうちに目を付けなければいけない

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

他人事であるうちに目を付けなければいけない - May 27, 2006

社会問題の可視化とジェンダーより、男の身に危険が迫って初めて社会問題になるってこった。という言葉が重く響く。リンク先では主に男女の性差別問題について言っているけれども、男女以外のことでも言えることだよなと思った(リンク先でも言及している)。つまり「偉い人」が困らない限り、その問題は無き物として扱われる、と。

本当に重大な問題は、まだ誰の目にも留まっていないところ、他人事である領域にこそあるのかもしれない。日の当たる場所で「これは俺たちの問題だ」と思ったときには時既に遅し、なのかもしれない。メディアが「これが今のブームだ!」と採り上げたときには既にブームは終了している、といったように。

まだ「他人事」である間にこそ、それが自分の領域に浸食してきたときのことを想像して、早め早めに考えなくてはいけないような気がする。そういう想像力が欠如してしまっていること、想像力を奪うような育て方を社会がしてしまうことに、恐怖を感じる。

分類:出来事・雑感, , 時刻:14:04 | Comments/Trackbacks (2) | Edit

Comments/Trackbacks

『自分の領域に浸食してきたときのことを想像して』

Martin Niemöller [Wikipedia1] [hatena] の
First they came... [Wikipedia2]という詩を思いだしますね。

And when they came for me, there was no one left to speak out for me.

Commented by kiyoya at 2006/05/27 (Sat) 17:36:11

追記

リンクタグが削られてしまった ;-(

Wikipedia1 : http://en.wikipedia.org/wiki/Martin_Niem%C3%B6ller
Wikipedia2 : http://en.wikipedia.org/wiki/First_they_came...
hatena : http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%EB%A5%C1%A5%F3%A1%A6%A5%CB%A1%BC%A5%E1%A5%E9%A1%BC?kid=49521

Commented by kiyoya at 2006/05/27 (Sat) 17:39:54

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-05-27_gender.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード