Home > Latest topics

Latest topics > 学校の勉強が役に立った例

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

学校の勉強が役に立った例 - Jan 27, 2007

どうして勉強しなきゃならないんだよ!因数分解が何の役に立つんだよ!

因数分解は使いませんでしたが、Split Browserでこないだ付けた新機能の「分割されたブラウザのタイトルバーをドラッグして、他のブラウザのブラウズ領域の上下左右適当なとこにドロップすると、分割されたブラウザをその位置に移動する」を実装するにあたっては1次関数のグラフの知識を久しぶりに脳の奥底から引っ張り出してきました。嘘。実は引っ張り出してこれなかったのでぐぐった。

ブラウズ領域を対角線で4つに分割して、それぞれのどのエリアにポインタがあるのかを調べるという計算。対角線の1次関数の式を作って、そこにYの値を放り込んで「対角線上のX」の値を求め、実際のXの値と比較することで、今ポインタがその対角線より左にあるか右にあるかが分かる。この計算を2つの対角線について行えば、ポインタが対角線によって分割された4つの領域のどこにあるのかを求めることができる。

……という計算なんだけど、学校でやった計算とはY軸のプラスマイナスが逆だし、screenXとscreenYを参照するから原点が(0, 0)からズレてるし、グラフの傾きがブラウズ領域の縦横の大きさによって変わるし、てな感じで、単純な計算なのにえらく苦労したですよ。中学か高校の頃だったらこんなの一瞬で解けたんだろうなあ。

まあそんな感じで紙の上に図やら式やらを書いて四苦八苦した結果がsplitbrowser.jsSplitBrowser.getDropPositionOnContentArea()なんですけど。

分類:出来事・雑感, , 時刻:00:27 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-01-27_study.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード