Home > Latest topics

Latest topics > 匿名と責任

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

匿名と責任 - Jun 15, 2007

yuuさんのツッコミで「匿名の反対は実名ではなく記名」というのを読んでふと思ったけど、匿名でマスコミュニケーションを取るという時、怪文書とかゲリラ的にビラをばらまくとかの場合を除けば、旧来は多くの場合は、「匿名投稿」とか「匿名記事」とかいうふうにして投稿者や執筆者が責任から逃れて、その代わりに、掲載するメディアが責任をかぶるという感じだったんじゃないのかなー。

記名記事は記者個人の責任が大きいけど、そうじゃない記事は編集部全体の意向であり全体に責任がある、みたいな感じで。匿名投稿も、それを掲載するかどうかという所でメディアの責任が問われただろうと思う。つまり、匿名とは言っても、実質的には、それを代わりに掲載するメディアが身代わりになって実名で言論を行っていたようなものだった、と。

でもインターネットでは、誰も責任をとらないまま匿名のマスコミュニケーションが実現されている。特に、2chというメディアとその責任者のひろゆきは、自分の持っているメディアに掲載された匿名の情報について責任を取らないという立場を取っているし、実際、裁判に負けてもお構い無しで、全然責任を取っていない。

っていうかそもそもマスメディアだって、匿名の言論を掲載することに対して責任を負う気があるのかどうか怪しいもんだけどね……「これは自分達でなく情報提供者が言ったことです、ソースは明かせません、でも自分達は責任を取る気はありません」みたいな。TBSの不二家に対する捏造報道あたりがその顕著な例だ。

社会全体が、無責任な匿名の言論を許容する方向に向かってるんだろうか。

分類:出来事・雑感, , 時刻:13:16 | Comments/Trackbacks (3) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

朝日新聞が最近酷いですよ。無責任の極地です。

Commented by 無明 at 2007/06/15 (Fri) 16:04:01

no title

そんな中でmixiが流行って犯罪者が特定されてる現状。
無責任による匿名と信頼による著名、自己顕示欲による著名とPublic Domain的な匿名。

2chはどちらかというとPublic Domain的であり、マスコミはどちらかというと無責任。

Commented by n at 2007/06/15 (Fri) 19:24:01

no title

2chとマスコミの違いは、PD性のある無責任かPD性のない無責任かであるような気がします。

Commented by Piro at 2007/06/15 (Fri) 23:36:44

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-06-15_anon.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード