Home > Latest topics

Latest topics > エロ絵と描き手の性別

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

エロ絵と描き手の性別 - May 19, 2009

注意:このエントリにエロい絵は無いよ!

エロ絵と端的に書いたけど、まあモロにエロ絵に限らず、パンチラ、絶対領域、等々の「狭義の萌え」つまり性的なイメージを何かしら喚起させる絵くらいの広さも含めての話なんだけどさ。

僕の中では、「エロ絵描いてる男」っていうとただひたすら「うえぇぇ……」というマイナスのイメージしかなくて、「エロ絵描いてる女」っていうと「いいじゃんいいじゃん……!」というプラスのイメージがある。「男が描いたエロ絵」っていうと「おおエロい……! でもこれ描いてる様子を想像したら……萎える」、「女が描いたエロ絵」っていうと「おおエロい……! そしてこれを描いてる様子を想像したら……もっとエロい……!!!」となる。

そう思うのは僕だけでしょうか。僕だけなんでしょうか。

男のエロ漫画家と女のエロ漫画家の表現の違いというのを分析してる人もいたと思う。その話自体には僕は頷くけれども、しかしそういう話とは全く別の次元で、女が描いてるって事が大きな大きなメリットになってる、ありていに言えば「売れるポイント」になる、という風に思う。むしろ、エロくなくてもそうなんじゃないかって思う。

今既に絵師を抱えてるプロジェクトがあって、その絵師さんが女の人で、よっぽど下手じゃないんだったら、それを男の絵師に替えるということには僕は強く反対する。というか実際反対した。(今の絵師がとてつもなく下手か、新しい絵師がとんでもなく上手いのなら、話は別。そこまでの圧倒的な差がない場合の話ね。)

ある意味ではこれは、描き手自身すらも商品の一部と考えてるって事で、女を品物扱いするとはけしからんと言われそうだけど、女だけじゃなく男も公平に品物として評価した上で、男の作者には商品価値が無くて女の作者には商品価値があると思ってる。作り手ではなく売り手・買い手としての僕は、そう考える。男からも女からも「純粋に画力で評価しろよ!!」って怒られそうだけど、商売としてはほんとにそう思う。

まあ「女の子バンドがチヤホヤされる」(音楽性がどうとかご立派事を言ってるが、要は女子がキャッキャウフフしてる所を商品として消費してるだけだろ? 「けいおん!」キモいと言ってる音楽ファンは自分らの姿を鏡で見せられてキモがってるだけだろ? あぁ? という話)というのと根っこの所は同じ事なんだろうとは思います。

で、自分自身についてもそういう目で見てしまわずにはおれない。自分の絵+自分という描き手、のワンセットの商品価値はいかほどか?ということを考える。で、価値を感じられないから(それどころかキモいと思う=マイナスに感じるから)、いい気分になかなかなれない。どんなによく扱っても、「エロい絵を描いている」という点はそれ単体でプラスになるとは思えず、「こんな真面目な僕だけど実は時々エロい絵描いちゃってます☆」といった文脈でのちょっとしたスパイス、という以上の価値は生じ得ないと思っている。スイカやあんこに塩を加えるようなもの。それだけ舐めても全然甘くない、むしろそれだけ取り出したらとても舐められたもんじゃない、そういうものだと思っている。

描き手の性別、というか、市場における描き手の商品としての価値と単純に話をまとめてもいいのかもなあ。「さわやかイケメン描き手」と「根暗ブス描き手」だったら前者の方が、作品+作者という全体での商品価値が高まりそうだと思う。ジャンプの表紙の漫画家大集合的な回で和月伸宏が顔を晒して不評を買って以降ジャンプの表紙に漫画家が出ることがなくなった、という話(裏は取ってない。僕はあくまで噂だと思ってる。)がそれなりに「ありそうな話だ」と思えるのも、やはり同じ事なのかなと思う。

セクハラ野郎、性差別乙、等々の非難はあっても仕方ないと思うし、そう思ってるのはお前だけだ勝手に全人類を代表して語ってんじゃねえよと言われても全くその通りだと思うけれども、僕という人間がそういう考えを持ってるという事実から目を背けることは、今更できない。

分類:出来事・雑感, , 時刻:01:11 | Comments/Trackbacks (11) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

セクハラじゃねーかwwwwww

Commented by isikawa at 2009/05/19 (Tue) 07:14:23

エロ絵描く男の人も好きですよ?

セクハラ…だな…。
でも絵師の男女を考えるのは人それぞれだと思う。

Commented by juner at 2009/05/19 (Tue) 08:32:36

男の受け手限定の話のように読めるかもだけど、女の受け手についても同じ(性別は反転されず、やはり男の描き手より女の描き手の方が優遇される)ことが言えるんじゃないかって思ってます。

Commented by Piro at 2009/05/19 (Tue) 08:43:06

no title

女性絵師のエロ絵はエロくない(抜けない)というのが
一般認識だと思ってた。。。

Commented by cashmere at 2009/05/19 (Tue) 15:45:25

no title

> 女性絵師のエロ絵はエロくない(抜けない)というのが
> 一般認識だと思ってた。。。

これはどちらかというと

> 男のエロ漫画家と女のエロ漫画家の表現の違いというのを分析してる人もいたと思う。

の方の話ではないでしょうか。
「女は男の抜き所が分かってねえ。男が『これはエロい』と思える物ではなく、どこかピントがずれた物を出してくる。そういうの見ても全然俺たち男の読者は満足できない。」
という。
このエントリの主題はそれとは別の次元の話です。

Commented by Piro at 2009/05/19 (Tue) 17:35:36

えろもえ

えろいなーと思ったエロ絵の作者が女性と聞くとがっかりします
もえるなーと思った萌え絵の作者が男性と聞くとがっかりします
ふしぎ!

Commented by はとむぎ at 2009/05/19 (Tue) 18:51:49

これはものすごく分かる

例えば営業なんかでも同じことが言えるんですよね。
同じ商品を売るにしても、女の子が売りに来てくれた方が購入率上がったり。
ただ、気をつけないといけないのは、

>「さわやかイケメン描き手」と「根暗ブス描き手」だったら前者の方が、
>作品+作者という全体での商品価値が高まりそうだと思う。

実は性別がどうこうではなくて、中の人のスペック次第なんですよね……。
「大好きなキャラの声優の顔写真を見て萎える」みたいな。
真実を知らないからこそ妄想を楽しめる、ってことじゃないでしょうか。

Commented by じゅんきち at 2009/05/19 (Tue) 22:36:26

no title

個人的にはエロ絵・萌え絵は作者なんて別次元で楽しめるんですけど
男女は適材適所で差別されるべきだと思っています。
なぜ女性側は自らに不利な決まりは排除するのに
有利な決まりは当然のごとく受け入れ守るのでしょうか。


って話がそれちゃいましたね。
このエントリの後半及び大筋には同意しますが
タイトルにもある「書き手の性別」には賛同しかねます。
作者の性別なんてどうでもいい事由を絵の評価に持ち込まないで欲しい。
僕は描く側ではありませんが、腹が立つ話です。

Commented by r at 2009/05/20 (Wed) 01:29:43

no title

> 作者の性別なんてどうでもいい事由を絵の評価に持ち込まないで欲しい。

まあ
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080515/amr0805151520009-n1.htm
この辺の話と似てると思いますね。
この話を見てこのフィギュアを「フィギュアとして素晴らしい!」なんて言いださない感覚を持っていたいね、と僕は思ってます。

Commented by Piro at 2009/05/20 (Wed) 02:02:19

no title

僕の場合女性のエロ作家だと何か女に遊ばれてる気がしてあんまし好きじゃないんですよね。
雑誌の中でたまに混ざってる分には刺激になっていいですが。

Commented by at 2009/05/20 (Wed) 10:55:01

細かいことか?

>描いてる様子を想像したら
自分もこういうことが気になった時がある
本文を読んで最初に思ったのは「細かいことを気にするなぁ」で、
エロければいいじゃないとおもったが
評価基準の一つにはなると思う 特に若い人に

エロを知り始めた頃は自分も気になってたが
沢山 作品に触れていくと別段気にならなくなった
自分にとっては作家さんの性別よりも
絵柄が自分に合うかどうかで
合わないものは性別関係なくスルー(無視)

男性の作家さんが描いてる様子を想像したら 自分なら笑う
嫌悪感よりも良くこんなの書けるな、とか
ここに凄い変態がいる、
こいつ頭悪いな(笑)とか
自分には創造(想像)できない事をやるなと感心する法が大きい
というか読んでる自分もきもいので相手を卑下できん

女性の作家さんの場合はエロイというより
作風の違いに納得したりする
男性向けの作品が描ける事に感心したり、違和感感じたり色々
 女が描いたのを想像してこれはエロいってあんた中学生か!
とも思ったけど、気になるものは気になるんだよなぁとも思う

好きな声優さんの実物が酷かった時のような絶望感というか

気にせず作品自体を楽しめるのが一番なんだけどね

Commented by aku at 2009/05/22 (Fri) 04:34:02

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2009-05-19_picture.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード