Home > Latest topics

Latest topics > 勉強会ってそもそも何のためにやるんだろ

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

勉強会ってそもそも何のためにやるんだろ - Jun 03, 2010

勉強会って何なんだろう。何のためにあるんだろう。という事が、考えれば考えるほど分からなくなってくる。

僕がWeb標準に傾倒してたりMozillaの拡張機能開発に持てる限りの時間をつぎ込んだりしてた時は、そもそもそれらをテーマにしたイベント自体が存在していなかったか、存在していても僕はそれを知らなかった。知識を得たかったらソースコードや英語の原典に当たるしか無くて、ノウハウを得たかったら自分で試してみるしか無くて、同じ事に興味を持ってる人同士で集まって勉強会を開くというのは想像もできなかった。技術的な向上は、人と会ってする物という認識があまりない。

だから、僕にとってMozillaのイベント(当時で言えばMozilla Party)とかは、知識や経験を得るための場というよりも、お祭りのような意味合いの方が強かった。Shibuya.jsもそうだった。行って何を得て帰ってくるかではなくて、行く事自体が目的だった気がする。

大阪から新幹線なり夜行バスなりで時間とお金をかけて東京にまで出かけて、長くても1日とかそのくらいだけ滞在して、帰ってくる。その過程で技術的な物を手に入れる事はあまり考えてなかった気がする。それだったら、大学の必修の講義を受けた後の有り余ってる時間で調べたり試したりした方が効率いいじゃんって思ってたんじゃないかと思う。

話を聞きに行きたかったというよりも、同じ事に興味がある人と会う機会が欲しかったんだと思う。だから懇親会には必ず参加するようにしてるし、そっちの方が自分にとっては重大事という気がする。この間テスト駆動開発の勉強会の後で懇親会に出れなかったのはとても残念だった。

勉強会的な物に全く意味が無い、とは思わない。JSDeferredのコードリーディングやテスト駆動開発の実習のように、コードと向き合う時間がある物は自分にとっては得る物が多かったと思う。こういう事こそまさに、実際に集まってやらなきゃできない物なんじゃないかと思う。逆に、「前に講師が一人立って淡々とプレゼンして大勢の聴講者がそれを聞くだけ」というスタイルの物は、極論すれば別に実際に集まってやらなくたっていいんじゃないのと思う。そういうスタイルでやる意味があるのは、Shibuya.jsとかジョジョ勉強会とかのように、その場の空気を共有する事に意味がある物くらいなんじゃないかって思う。

まあ、世に多数ある一般的な「勉強会」にはほとんど参加した事がない人間だから、そう思うのかもしれないんですけど。

分類:出来事・雑感, , 時刻:23:57 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-06-03_study.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード