Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Page 1/239: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

もっと良いAutoPagerize - Nov 25, 2008

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

もっと良いAutoPagerize - Jan 01, 1970

新はてブとAutoPagerizeの競合のことで色々もめているようですが、個人的にはこの間Aza氏に見せてもらったUIデザインのモックアップみたいなのがいいなーと思いました。Azaはタブの代わりに使いたいと思ってたようだけど、AutoPagerize的な用途に使うのが現時点では有用なんじゃないかなあ。

イメージしづらいと思うけど、XULのbrowserとframesetとframeでそれっぽく表現するとこんな風になるかな。

<xul:browser height="600"><!-- ←この要素がスクロールバーを提供する -->
  <html:frameset rows="*,*,*" height="6000">
    <html:frame src="今見ているページ(ページ1):ページの長さ=2000px"
                 height="2000"/>
    <html:frame src="ページ1のrel=nextのリンク先のページ(ページ2):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
    <html:frame src="ページ2のrel=nextのリンク先のページ(ページ3):ページの長さ=2000px"
                 height="2000" />
  </html:frameset>
</xul:browser>

本物のXHTML 1.0 Framesetとは違う嘘マークアップであることに注意。あくまで雰囲気だけ見て欲しい。こういう作りなら、AutoPagerizeの原理的な問題の一つである「ページを動的に継ぎ足すせいで、継ぎ足された内容に対してユーザスクリプトが実行されない」という問題は起こらなくなるはずだし、想定されない内容改変によるページのレイアウト崩れも起こらないはず。その代わり、広告が二度も三度も表示されるという問題は起こるけど。

ちょっと作ってみようかな、そういうの。

Page 1/239: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード