Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Page 1/239: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

nsIWindowWatcher::openWindow()で複数の引数をウィンドウに渡すには? - Sep 01, 2010

nsIWindowWatcherのopenWindow()って何ですか

アドオンで新しいChromeウィンドウ(特権付きのウィンドウ、XPCOMとか自由に使えるやつ。ブラウザウィンドウ等、Firefoxのアプリケーションとしてのウィンドウはだいたいそう。)を開く方法はいくつかある。

  1. window.openDialog()を使う
  2. nsIWindowWatcherのopenWindow()を使う

普通にXULドキュメントの中で読み込まれてるスクリプトからやるのなら、1の方法でいい。

でも、JavaScriptコードモジュールやXPCOMコンポーネントのスクリプトのように、グローバルオブジェクトがDOMWindowじゃない場面ではこの方法が使えない。特にFirefoxが起動した直後でまだブラウザウィンドウすら開かれていないという場面では、nsIWindowMediatorのgetMostRecentWindow()でDOMWindowを取得してそのメソッドを呼ぶ、というようなこともできない。なのでこういう時は2の方法を使わないといけない。

やりたかったこと

window.openDialog()の引数は window.open()と同じだ。

  1. 開くウィンドウのChrome URL(文字列)
  2. ウィンドウ名(大抵は'_blank'決めうち)
  3. ウィンドウの挙動の指定('chrome,all,dialog=no'とか'chrome,all,modal'とかそういうの)

window.openDialog()の場合はこの後に続いてさらに引数を指定することができて、第4引数以降に渡した物がそのまま、開かれたウィンドウの中でwindow.argumentsとして参照できるようになっている。例えば

var w = window.openDialog(url, '_blank', 'chrome,all',
                          arg0, arg1, arg2);

こう指定して開かれたウィンドウでは

window.arguments[0] // => arg0の値
window.arguments[1] // => arg1の値
window.arguments[2] // => arg2の値

となる。Firefoxのブラウザウィンドウは、コマンドライン引数で渡されたURI等をこうやって受け取っている。

これと同じことをnsIWindowWatcherのopenWindow()でやろうとして、うまくいかなかった。

openWindow()の引数は

  1. 親ウィンドウ(DOMWindow)
  2. 開くウィンドウのChrome URL(文字列)
  3. ウィンドウ名(大抵は'_blank'決めうち)
  4. ウィンドウの挙動の指定
  5. ウィンドウに渡す引数

となっていて、最初の引数が加わったことを除けば2~4はwindow.openDialog()の第1~第3引数と同じ。問題は、開かれるウィンドウに引数を渡す方法が違うということ。window.openDialog()と同じ感覚で引数を渡しても、期待通りに受け渡されない。

var WW = Cc['@mozilla.org/embedcomp/window-watcher;1']
          .getService(Ci.nsIWindowWatcher);
// これはダメ
WW.openWindow(null, url, '_blank', 'chrome,all',
              arg1, arg2, arg3);
// これもダメ
WW.openWindow(null, url, '_blank', 'chrome,all',
              [arg1, arg2, arg3]);
// これは場合によってはOK
WW.openWindow(null, url, '_blank', 'chrome,all',
              arg1);

Function.prototype.call()では引数を普通に並べてFunction.prototype.apply()では配列で渡す、という様式を真似てJavaScriptの配列を渡してみても、WindowWatcherは「なんですかコレ」って感じでこっちの意図を読み取ってはくれない。開かれたウィンドウの方でwindow.argumentsを見てみても、長さ1の配列になってて、その要素はなんだかよく分からないnsISupportsのオブジェクトになってる。

引数を1つだけ渡す場合だとうまくいくことがあるというのは、このメソッドの第5引数の型がnsISupportsだからだ。nsISupportsをを実装してるオブジェクトならWindowWatcherはちゃんと受け取ってくれて、開かれた側のウィンドウでもwindow.arguments[0].QueryInterface()して使うことができる。

でもやりたいことはあくまで、複数の引数をウィンドウに渡して、開かれたウィンドウの側でwindow.argumentsで配列の要素としてそれぞれを受け取ることなのですよ。というか、開かれる側のウィンドウがそういう実装になっているため、どうしてもその様式で引数を渡さないといかんのです。

nsISupportsArrayとnsISupportsなんちゃらで……

XPCOMの世界で配列を扱わないといけない場面でたまーにnsISupportsArrayというのが出てくる。これは名前の通り配列のような性質を持つインターフェースで、openWindow()の第5引数はこのインターフェースを実装してるオブジェクトも受け付けるという風にIDL定義には書いてある。

似たような感じでプリミティブ値に対応するようなXPCOMのインターフェースがいくつかあって、nsISupportsStringとかnsISupportsPRBoolとかnsISupportsPRUInt64とかそういうのがいっぱいある。これらのインスタンスをnsISupportsArrayに格納してopenWindow()に渡してやれば、どうやら、開かれた方のウィンドウでは対応するJavaScriptのプリミティブ値としてそれらを受け取れるらしい。

が、こんな事真面目にやってらんないですよね。値の型に合わせてインターフェースを使い分けてインスタンスを作って……とか、めんどくさすぎる。

幸い、XPCOMにはnsIVariantという便利な物があって、これのsetFromVariant()にJavaScriptの値を適当に渡してやると、あとはnsIVariant君がよろしくやってくれるのです。これを使わない手はない。

var JSArray = ['string', true, 29];

var array = Cc['@mozilla.org/supports-array;1']
             .createInstance(Ci.nsISupportsArray);
JSArray.forEach(function(aItem) {
  var variant = Cc['@mozilla.org/variant;1']
          .createInstance(Ci.nsIVariant)
          .QueryInterface(Ci.nsIWritableVariant);
  variant.setFromVariant(aItem);
  array.AppendElement(variant);
});

WW.openWindow(null, url, '_blank', 'chrome,all', array);

これでめでたく、複数の引数をWindowWatcherからも渡せるようになりました、と。

でもハッシュは渡せなかった

これで一件落着と思ってたんだけど、この方法が使えない場合があることが分かった。nsIVariantはプリミティブ値でもXPCOMのオブジェクトでも何でも受け渡せる万能なヤツなんだけど、nsISupportsArrayと組み合わせてWindowWatcherに渡す時は、XPCOMのインターフェースを持ってないJavaScriptのネイティブのオブジェクトはこの方法では渡せなかった。

var variant = Cc['@mozilla.org/variant;1']
        .createInstance(Ci.nsIVariant)
        .QueryInterface(Ci.nsIWritableVariant);
variant.setFromVariant({ prop : value });

こうやって値を設定した物をnsISupportsArrayに渡しても、開かれたウィンドウの方ではよく分からんnsISupportsのオブジェクトになってしまって、元のオブジェクトが持ってた情報を取り出せなかった。

回避方法として思いつくのは

  1. JSON.stringify()して渡して、受け取り側でJSON.parse()する
  2. nsIPropertyBagにする

くらい。JSONにできない物は2の方法でやるしかないと思う。

var bag = Cc['@mozilla.org/hash-property-bag;1']
           .createInstance(Ci.nsIWritablePropertyBag);
for (var i in hash)
{
  if (hash.hasOwnProperty(i))
    bag.setProperty(i, hash[i]);
}

で渡して、受け取った側で

var hash = {};
var enum = window.arguments[0]
             .QueryInterface(Ci.nsIPropertyBag)
             .enumerator;
while (enum.hasMoreElements())
{
  let item = enum.getNext()
                 .QueryInterface(Ci.nsIProperty);
  hash[item.name] = item.value;
}

という風にしてハッシュに戻す。とか。

まとめ

ウィンドウ間の情報の引き渡しはマジ鬼門。

あと、上に書いた諸々の処理をライブラリとしてまとめておいたので、同じような事をしようとしてる人は使うといいよ。

モックが必要な場面、モックが有効な場面 - Aug 11, 2010

モック(Mock)とスタブ(Stub)の違いがよく分かってなかったんだけど、何が違うのか、そしてモックはどう使う物なのかということを、すとうさんに教えてもらって今更理解した。あとで会社のブログに書くつもりだけど、メモとして要点だけまとめておく。

  • テストは基本的に、粒度の細かいブラックボックステストにした方がいい。
    • 内部に持ってる隠しプロパティの値が正しいかどうか?という風な実装べったりのテストは、実装の変更に非常に弱い。
    • なので、関数の返り値だけ見て検証できるような設計が、自動テストしやすい設計という意味で「良い設計」と言える。
  • しかしブラックボックステストには限界がある。
    • 色々な副作用を伴う機能だったり、非同期で処理するような機能だったり、1回の実行で複数の状態を遷移する機能だったり、という風に、単純に関数の実行→返り値を検証 とするだけではテストできない機能もある。
      • ユニットテストのレベルでそういう機能があるのは設計が良くない証拠なので、こういう物は関数を細かい単位に解体して、単純に関数の実行→返り値を検証 というブラックボックステストを行えるような設計に直すべき。
      • 処理待ちしてやりさえすればいいような場合、処理待ちのための機能を持ったテスティングフレームワークを使うと、単純な非同期処理なら簡単にブラックボックステスト化できる。
    • 色々な副作用を伴う機能や、状態遷移があるような機能をブラックボックステストできるようにしようと思うと、「内部で状態の遷移のログを取っておいて、最後にそのログの内容が期待通りになっているかどうかを検証する」という風な形にならざるを得ない。
      • ということをやろうと思うと、本番用のコードの中に「ログ取り用の処理」のような「実際に使う場面では無駄」なコードが増えていってしまう。
      • テストしやすくするためにテスト対象の実装に手を入れるのはよくあることだし、そうやって手を入れた結果として関数が小さな単位に分割されていったり関数名と入出力の対応が分かりやすくなっていったりするのなら、それによって動作が安定するようになったりコードのメンテナンス性が高くなったりするから、いいことだ。でも「テストのためだけの実装」が増えていって、動作が不安定になったりコードのメンテナンス性が落ちたりするのでは本末転倒だ。
  • ブラックボックステストにし続けるためのコストが、本来の実装に悪影響を及ぼすようなレベルになってしまったら、そろそろホワイトボックステストに移行していい頃合いだ。
    • 検証対象の機能の粒度が大きくなってくると、これはもう避けられない事と考えた方がいい。

自分は今まで、とりあえずユニットテストに注力していて、ある意味脅迫観念的な勢いで、ブラックボックス度合いを高くする事を心がけてた。今まではそれでだいたい問題なかった。でも最近になって、ブラックボックステストにしようとすると無理があるというケースにぶち当たるようになった。1つの機能の中でコロコロと遷移する内部状態を、どうにかして検証したいというようなケースが出てきた。

それですとうさんに相談したら、そういう時はモックを使えばいいと言われた。でも、話を聞く限りだとモックというのはテスト対象の実装の中の処理の流れを追う物のようなので、それじゃブラックボックステストにならないじゃないかと思った。それをそのまま言ったら、確かにテストはできるだけブラックボックステストになってた方がいいけど、機能テストやインテグレーションテストのような粒度の大きな単位のテストでは、処理の中で起こる様々な出来事や副作用を色々モニタリングして、すべての処理が期待通りに動いているかどうかを検証しないといけないから、必然的にホワイトボックステストにならざるを得ないと言われた。

それを聞いて、目の覚めるような思いをした。そうか、ブラックボックステストとホワイトボックステストの使い分けはそこが基準になるのか、と。今まで自分がホワイトボックステストを書かずに済んでいたのは、状態の遷移を伴うような機能を作る必要がなかったからだったんだ、テストをどうも書きにくいなあと思っていた機能は本当はホワイトボックステストにしたほうがいい物だったんだ、と。

そんなわけでUxUにモックの機能を実装した

「JavaScript Mock」で検索するとJSMockjqmockが上位に出てきたので、最初はそれらを参考にするように(メジャーな実装があるんだったらそれをそのまま取り入れるなりAPIを合わせるようにするのが望ましい)と言われたんだけど、ドットで繋げるメソッドチェインの記法がガンガン出てきて頭パンクした。

もう少し下の方までスクロールするとMockObject.jsというのが出てきて、こっちはファイル全体で3KBに満たない小さなライブラリなので、まずはここから始めることにした。何せコードが短いから、読むのもそんなに苦にはならない。モックの概念を言葉で説明されてもさっぱりだったけど、一通りの処理の流れを見たら、「モックというのは一体何をやらなきゃいけないのか」「どういう振る舞いが期待されているのか」ということがよく分かった。

MockObject.jsと同等の機能を一通り実装した後でもう一度JSMockの方を見たら、なるほどこれはこういう意味だったのかというのがやっと分かった。サンプルコードを見ても、モックという物の意味をそもそもよく知らない時点では、どこからどこまでがJSMockの部分なのかさっぱり分からなかったんだよね。ということで、MockObject.jsに加えてJSMock互換のAPIも付け加えてみた。jqunitの方は……もう別言語だからシラネ。

あと有名なのはJsMockito? これも頑張ったらできるかなあ、というかMITライセンスだしそのままぶち込んだ方が早いか……

nsIHttpProtocolHandlerに対するプロキシとなるXPCOMコンポーネントを実装してみた - Jun 08, 2009

ローカルプロキシっぽいことをローカルプロキシを立てずにやろうとして挫折したことのまとめを書いたら、thorikawaさんが別のアプローチを提示してくださったので、その方向で頑張ってみた。

結論から言うと、URIの置き換え(特定のURIにアクセスしようとした時に、別のURIのリソースの内容を返す)についてはできるようになった。成果はUxU 0.6.0組み込んである。ただし、他のアドオンとの競合の可能性があるので、初期状態では機能を無効にしてある。

実装がどうなっているかはGlobalService.jsの中のProtocolHandlerProxyHttpProtocolHandlerProxyHttpsProtocolHandlerProxyの各クラスを参照のこと。thorikawaさんのエントリに挙げられている課題は、一応解決されているはず。

thorikawaさんによるコードからの違いは以下の点だ。

変更点1:元のコンポーネントが実装しているインターフェースは全部備えることにした

一つは QueryInterfaceの部分で、QueryInterfaceの部分を置換前のXPCOMに丸投げしてしまっているので、その後の個別の処理も全て置換前XPCOMで行われてもよいはずです。だけど実際にはnewURI,newChannelといったメソッドは置換後のXPCOMのものが呼び出されます。

QueryInterface()は、実はメソッドの返り値を見るまでもなく、メソッドを実行した時点でそのラッパーオブジェクト自体が変更される。なので、そのせいじゃないかと思う。例えば

var pref = Cc['@mozilla.org/preferences;1']
            .getService(Ci.nsIPrefBranch);
var value = pref.getBoolPref(...);

このコードは

var pref = Cc['@mozilla.org/preferences;1']
            .getService();
pref.QueryInterface(Ci.nsIPrefBranch);
var value = pref.getBoolPref(...);

と書いてもちゃんと動く。後者のような使い方をされている限りは、QueryInterface()で何を返していようと関係ない、ということではないのかなあ。

C++で書かれたコンポーネントの中ではdo_QueryInterface()という関数?がよく使われているようで、こいつが中で何をやってるのかまでは僕にはよく分かってないけど、上記の例の前者ではなく後者に相当するものなんだったら、引用部のような現象が起こるのではないかと思う。

ということでそういう場合に備えて、ProtocolHandlerProxyクラスは、コンポーネント「{4f47e42e-4d23-4dd3-bfda-eb29255e9ea3}」が備えているすべてのインターフェースを実装しておくようにした。具体的には、nsIHttpProtocolHandler、nsIProtocolHandler、nsIProxiedProtocolHandler、nsIObserver、nsISupports、nsISupportsWeakReferenceの各インターフェース。といっても、やってることとしてはやっぱり単に元のコンポーネントに処理を丸投げしてるだけなんだけど。

変更点2:プロパティとしてアクセスされる情報を、prototypeの方に定義するようにした

またもう一つは、このサンプルでも正常に動作しないサイトがいくつかあること。AJAXを多用しているサイトでも基本的には問題なく動くのですが、たとえばGMailにアクセスするとなぜか簡易版HTMLが表示されてしまいます。もしかすると上記の問題と関連しているのかも知れません。

これは推測だけれども、HTTP_USER_AGENT等が正常に送られなくなっていたせいではないかと思われる。

ちゃんと調べたわけではないんだけど、Webページ内のスクリプトのnavigator.userAgentの値や、HTTPの通信の際に送られるユーザエージェント名の文字列は、コントラクトIDが@mozilla.org/network/protocol;1?name=httpであるコンポーネントがnsIHttpProtocolHandlerインターフェースを通じて返す値を元に生成されているらしい。

然るに、thorikawaさんによるサンプルコードのコンポーネントにはnewChannel()などのメソッドは定義されているけれども、nsIHttpProtocolHandlerが持つはずのuserAgent等のプロパティは定義されていない。XPConnect経由でこのコンポーネントにアクセスすると、undefinedが文字列にキャストされて空文字として返ることになる。その結果、サーバに送られるUA文字列も空っぽになってしまう。つまりサーバから見たら未知のUAとなってしまう。GMailにアクセスするとなぜか簡易版HTMLが表示されてしまうのは、未知のUAに対しては簡易版HTMLを返すようにGMailが作られているからではないかと僕は推測している。

変更点1で書いた話を実施するにあたって、当初はこれらのプロパティもgetterとして定義してみてたんだけど、実際に動かしてみると、期待通りには動かなかった。具体的には、Webページ内のスクリプトからnavigator.userAgent等にアクセスしようとすると、セキュリティの制限により前述のgetter関数を実行できない、というエラーが出る。

なので、getter関数を使うことは諦めて、ProtocolHandlerProxyクラスのプロトタイプに、単純な文字列や数値の定数プロパティとしてそれらを設定しておくようにした。general.useragent.* 系の設定の変更を動的に反映しないといけないので(ここでgetterを使えないのが痛い)、とりあえず今のところは、それらの設定の変更を常時監視して、変更があればその都度ProtocolHandlerProxyクラスのプロトタイプの定数プロパティの値を更新するようにしている。

変更点3:https:なURIに対しても働かせるようにした

この実装では、ProtocolHandlerProxyをスーパークラスとして、HttpProtocolHandlerProxyHttpsProtocolHandlerProxyという2つのサブクラスを定義することにした。これらの違いは単にコントラクトIDだけ。(まあ、モジュールを登録する時にしか使わない情報なので、サブクラスにするまでもなかったんだろうとは思うけど……)

変更点4:このコンポーネントを使うかどうかをユーザが設定できるようにした

コントラクトIDが@mozilla.org/network/protocol;1?name=httpであるコンポーネントを入れ替える事を考えた時に、一番問題になるのはおそらく、同じ事をしようとするアドオンが2つ以上あった時のことだと思う。テストケース内でリクエストされるURIをリダイレクトするためだけに、いつもコンポーネントを入れ替えた状態にしておくというのは、無駄にリスクを高めるだけのような気がする。なので、必要な時にだけ機能を有効化できるようにしてみた。

当初は、NSGetModule()が返すモジュールのregisterSelf()メソッドの中でregisterFactoryLocation()している箇所を、設定値を見て必要に応じスキップするようにすればいいだろうか、くらいに考えていた。でも2つの理由でこれはうまくいかなかった。

  1. コンポーネントを登録する処理が走る段階では、プロファイルが初期化されていないので、ユーザが設定を有効にしているのか無効にしているのかが分からない。
  2. コンポーネントの登録はUxUをインストールまたはアップデートした後に1回行われるのみなので、ユーザが設定を変更しても即座には反映されない。

1の問題をもう少し具体的に書くと、例えばこのコンポーネントの有効無効をextensions.uxu.protocolHandlerProxy.enabledといった名前の設定で切り替えるようにしようと思っても、NSGetModule()が返すモジュールのregisterSelf()メソッドが実行される段階ではまだユーザプロファイル内に保存された設定値が読み込まれていないため、その段階でextensions.uxu.protocolHandlerProxy.enabledの値を取得しても常にデフォルト値(=false)となってしまう、ということ。

これを回避するためにUxUでは、設定値ではなくファイルを使うことにした。プロファイル内に「.uxu-protocol-handler-proxy-enabled」という名前のファイルがあればコンポーネントを有効に、ファイルがなければコンポーネントを無効に、という風に、ファイルの有無を真偽値型の設定代わりに使うようにしている。泥臭いというか非効率的というかすごく馬鹿っぽいというかそんな気がするけど、これ以上にいい方法を僕は思いつけなかった。

2の問題は、1を解決できたとしても発生する。Firefoxは利用可能なXPCOMコンポーネントのデータベースをプロファイル内にcompreg.datとxpti.datとして保存しているようで、これらのファイルを生成する時にNSGetModule()が呼ばれるんだけれども、毎回起動時にこのデータベースを作り直していたら無駄が大きすぎる。ということで、アドオンが追加・削除された時などの「コンポーネントの一覧に変更があった可能性がある」場合にだけ、有効なコンポーネントの一覧のデータベースが作り直されるらしい。UxU的には、プロトコルハンドラの乗っ取りのON/OFFを切り替えた後に必ずこのデータベース再作成の処理を走らせないといけない、でもそれができてない、ということだ。

で、これも似たような方法でアッサリ解決した。Firefoxはユーザプロファイル内に「.autoreg」という名前のファイルがあると(ファイルの有無しか見ないので、内容は何でもいい。空ファイルでよい。)、必ずcompreg.datとxpti.datを再作成する。なので、ユーザが設定を変更したらそのタイミングで「.autoreg」を作成してやり、次に起動した時には設定の変更が確実に適用される(コンポーネントが有効かあるいは無効化される)ようにした。

んで

これだけごちゃごちゃと妙なことをやっておいて、できることといったら単にURIをリダイレクトするだけなんだよね。ショボっ!

Mozilla Party JP 10.0 - Jun 01, 2009

Mozilla Party JP 10.0のライトニングトークでの発表資料「UxUを使った自動テストで安心アドオン開発」を公開しました。何度か練習してなんとか5分以内に収まるように直前まで削ってましたが、結局早口でまくし立てるばかりの通訳泣かせな発表になってしまいました。

  • 台湾のコミュニティの話が興味深かった。頻繁に集まってるとか、Mozillaに限らずクリエイティブコモンズとかそういう方面からの関心でも人を集めているとか。あと兵役で抜けなきゃいけない人が多いのがマジ辛いと言ってたのも覚えている。
  • gyuqueさんの発表が大変面白かった。
  • 瀧田さんと吉岡さんの対談で「電子レンジがネットに繋がっても嬉しくない」という風な話が出ていたけれども、今日野菜炒めを作ってて思ったけどレシピの掲示場所としては実に適しているという気がした。扉を開け閉めする都合上、電子レンジの前は必ず空いてるから、ディスプレイが見えなくなるということは絶対にないし。
  • 担当通訳の人が滝川クリステル似の美人で、話してる時の相槌が「あーはぁ?(英語な人がよくやるあれ)」で、しかし名乗った苗字は日本人だった。
  • hknさんのドラ娘が眼福だった。

宴会で、おそらくAir Mozillaあたりで使うであろうメッセージビデオの撮影に呼び出された。当たり障りのない無難なことを喋った(自粛してそうしたわけではなくそれくらいしか言うことがなかった)ので採用されない可能性は高いと思う。

  • 慶応の一色教授(W3Cの中の人)と話した時に、「どんなアドオン作ってるの?」という話からXHTMLルビサポートのことを話して、CSSの縦書きとかルビとかの話になった。
    • 曰く、あの辺の仕様は印刷業界のプロの人達が本気で議論して作ってる感じで、InDesignとかそういう特定のツールに依存しないで印刷品質の物を作れるようにということを真面目に考えてるそうだ。
    • 「でも実際できるようになっても使う人どれくらいいるんだろう?」と言われたので、Geckoを縦書きに対応させようとしてるryoqun氏とチャットで少し話した時にも言った「同人小説の界隈だと需要あると思いますよ、竜破斬でドラグスレイブとか」(例が古い)という話をしたらウケたようだった。

その後残りのメンバーの一部とカラオケに行き、終電の時間で仕切り直して徹夜カラオケして、帰ってきて寝て起きたら19時だった。親に電話した(荷物が届いたことを連絡しようと思った)ら「声がおかしいぞ」と言われた。

ローカルプロキシっぽいことをローカルプロキシを立てずにやろうとして挫折したことのまとめ - May 28, 2009

FireMobileSimulatorでのローカルプロキシ実装の試みを見て、UxUデバッグ用ローカルプロキシみたいな事をできるようにしてみたい、と思った。

ただ、HTTPのことはこれっぽっちも分からない。ソケット通信も、一応独自プロトコルっぽいものを使って別プロファイルで動作中のFirefoxからテスト結果を受け取るということはできるようになったけど、それ以上の事は分かってないまま。なので、まじめにローカルプロキシを立てる以外の方法で、「特定のURIにアクセスしようとした時だけ、あらかじめ定義しておいたルールに従って別のリソースを返す」ということをできるようにしてみようと考えた。

僕が現在把握している方法としては、以下の物がある。

  1. ローカルプロキシを実装して、その中でリダイレクトするやり方。
  2. http-on-modify-requestイベントのタイミングでリダイレクトするやり方。
  3. nsIContentPoilcyのshouldLoad()の中でリダイレクトするやり方。

1はthorikawaさんが頑張っておいでなので、それに期待している(ソースがGPL互換ならUxUにそのまま入れられるので)。他人のフンドシ。他力本願。ここでは後の2つについての挫折の経緯だけ書き留めておく。

結論を先に言っておくと、2も3も実装上の制限により全滅っぽい。やはり、ローカルプロキシをちゃんと実装するしか完全な解決策はないようだ。thorikawaさん期待age。

http-on-modify-requestイベントを使うやり方

これは、現在FireMobileSimulator等ですでに使われている。nsHttpChannelはリクエストを送信する前にnsIObserverServiceを通じてhttp-on-modify-requestイベントを、レスポンスが返ってきた後にhttp-on-examine-responseとかhttp-on-examine-merged-responseとかhttp-on-examine-cached-responseとかのイベントを通知する(SubjectはnsHttpChannel自身)ので、このタイミングでリダイレクトをしようという話。

リクエストし直す場合

FireMobileSimulatorの場合、nsHttpChannelの現在の通信をキャンセルした上で、nsHttpChannelからnsIWebNavigationを引っ張ってきてloadURI()で新しく通信を始めてる。

var redirected = 'http://www.example.com/';
var observer = {
  observe : function(aSubject, aTopic, aData) {
    if (aTopic == 'http-on-modify-request') {
    var httpChannel = aSubject.QueryInterface(Ci.nsIHttpChannel)
                              .QueryInterface(Ci.nsIRequest);
    // ここでキャンセル
    httpChannel.cancel(Components.results.NS_ERROR_FAILURE);
    // リクエストし直し
    httpChannel.notificationCallbacks
      .getInterface(Ci.nsIWebNavigation)
      .loadURI(redirected, Ci.nsIWebNavigation.LOAD_FLAGS_NONE, null, null, null);
  }
};
Cc['@mozilla.org/observer-service;1']
  .getService(Ci.nsIObserverService)
  .addObserver(observer, 'http-on-modify-request', false);

通常のbrowserやiframeの場合はこれでいいんだけど、img要素やXMLHttpRequestからの通信では失敗する。具体的にはhttpChannel.notificationCallbacks.getInterface(Ci.nsIWebNavigation)の時点でエラーになる。例えばXMLHttpRequestによる通信なら、httpChannel.notificationCallbacks.getInterface(Ci.nsIXMLHttpRequest)とすれば元のリクエストを取得できるので、こんな感じで場合に応じて再リクエストの方法を振り分けてやる必要がある。(XMLHttpRequestの場合については、どうやれば再リクエストできるのかまではたどり着けてない。もしかしたら無理なのかも。)

nsIURIのspecを書き換える場合

nsIChannelのURIプロパティはnsIURIインターフェースの読み取り専用プロパティなので、通信先のURIを書き換えることはできない……ように見える。でも実はnsIURIのspecプロパティの方は書き換え可能なので、ここに新しいURIを代入することででもリダイレクトできてしまう。

observe : function(aSubject, aTopic, aData) {
  if (aTopic == 'http-on-modify-request') {
  var httpChannel = aSubject.QueryInterface(Ci.nsIHttpChannel);
  httpChannel.URI.spec = redirected;
}

とはいえこの方法は全くお勧めできない。動く場合もあるけど、動かない場合もある、という感じで実に不安定だ。nsHttpChannelの実装を見れば分かるけど、http-on-modify-requestが通知された段階ですでにその時のリクエスト先URIに基づいた初期化処理がいくつか終わってしまっているので、それと矛盾するURIを設定する(例えば、HTTPのリクエストだった物をFile URLにリダイレクトするとか)と、この後の内部処理でエラーが起こるっぽい。

レスポンスヘッダを書き換える

http-on-examine-responseの方ではnsIHttpChannelのsetResponseHeader()を利用できるので、LocationヘッダにURIを設定してみたんだけど、ダメだった。残念ながらヘッダを解釈してくれなかった。

nsHttpChannelの実装を見たら、HTTPのステータスコードが301とか302とかの時だけLocationヘッダを見るようになってた。ステータスコードを保持しているプロパティは読み取り専用なので、強制的にLocationヘッダを読ませるということはできそうにない。

nsIContentPoilcyのshouldLoad()を使うやり方

これはURNサポートなどで実際に使っている。詳しい方法は2007年当時のエントリに書いてあるけど、要約するとこういうことだ。

  1. nsIContentPolicyインターフェースを備えたXPCOMコンポーネントを作成して、
  2. カテゴリマネージャに登録しておき、
  3. 処理したいURIが渡ってきたら、元の通信の読み込みを中止させて、代わりに別のURIで通信を始める。

やってみると、一見上手く動いてくれてるように見えるんだけど、XPConnect特権がある実行コンテキストで作成したImageやnsIXMLHttpRequestのインスタンスからの通信が捕捉されなくて、UxUの用途では使えない感じだった。まあ仮に捕捉できたところで、元の通信を止めて別のURIで通信するようにさせる方法は分かってない(もしかしたら無いかもしれない)んだけど。

あと、shouldLoad()の第2引数はnsIURIインターフェースなのでこれのspecプロパティを書き換えたらどうだろう?と思ってやってみたけど、これもうまくいかなかった。browser要素等での読み込みの場合だと、nsDocShellのInternalLoad()でエラーが発生する。実装を見た感じでは、nsIContentPolicyに処理が渡ってくるより前に元のURIに基づいてセキュリティ関係の機能が初期化されてるので、その後でURIを書き換えたのがいけなかったんじゃないかと思う。

まとめ

とにかく、nsHttpChannelのインスタンスが作成された後からどうこうしようと思うのがそもそも手遅れくさい。それより前のステップでアクセス先のURIを書き換えようと思ったら、ローカルプロキシを立てる以外に手は無いようだ。

いいかげん諦めてMozilla Partyの発表資料作ることにします……

parseTemplate() の引数で渡すオブジェクトのプロパティをテンプレート内のコード片で普通の変数として参照したい - May 20, 2009

前書き

PHPとかerbのようなテンプレートをJavaScriptで。という話に書いたやつの続き。

大切な事なので3回言います。
<% for (var i = 0; i < 3; i++) { %>
  今日は<%= today %>です。
<% } %>
オーケー?

こういう文字列をテンプレートとして解釈したい場面は多分よくあると思う。この例だと、todayという変数をどっか外部から与えて値を埋め込むことになる。で、この変数をどうやって渡したらええねん、と。

解1:グローバル変数を使う

グローバル変数をがんがんに使って構わないのであれば、先にグローバル変数としてtodayを定義しておけばいい。eval()で実行されるコードの中からも普通に参照できる。

しかしアドオンのコードのように、個々のグローバル関数やグローバル変数の寿命が長い事が予想されるスクリプトでは、この手は使えない。

解2:テンプレート内に書くコード片にthis.を付ける

parseTemplate()の仕様としてはあくまで「書かれたコード片は第2引数で渡されたオブジェクトをthisとして実行されます」という風にしておいて、テンプレート風に書かれている方の文字列内のJavaScriptコード片では必ずthis.todayという風に書くようにする、という方法もある。

しかしいちいちthis.を付けるのは面倒だし、そもそも僕がこのような記法を知ったきっかけであるERBでは、self.なんて書く必要がなかった。同じような物は同じように使えた方がいい。なのでこの方法も使いたくない。

解3:varで宣言し直す

先のエントリに当初書いていたコードでは、parseTemplate()の第2引数で渡したオブジェクト(ハッシュ)のプロパティを走査してそれをvarで変数として宣言し直す、ということをしてた。外の名前空間をなるべく汚さないための苦肉の策だ。

  if (aContext && typeof aContext == 'object') {
    for (var prop in aContext) {
      if (!aContext.hasOwnProperty(prop)) continue;
      __parseTemplate__codes.unshift('var '+prop+' = aContext.'+prop+';');
    }
  }

こんな感じ。

でも、これだとエラーになりそうな場合がけっこう考えられる。例えばハッシュのキーが01234という文字列だと、実行されるJavaScriptのコードはvar 01234 = aContext.01234;となってしまい、eval()にかけた時点でSyntaxError: missing variable nameと怒られてしまう。

なので、こういうエラーの元になる名前のプロパティを除外して、安全な物だけをvarで宣言する、ということをやりたかった。言い換えると、そのプロパティの名前を構成している文字列がJavaScriptの識別子として妥当かどうかを判別したかった。

ということでやっと、このエントリの本題に入る。

続きを表示する ...

PHPとかerbのようなテンプレートをJavaScriptで。 - May 19, 2009

UxU 0.5.11に入れ損ねた。次版で標準のヘルパーメソッドに入れるけど、割といいかげんな実装で、たいした規模じゃないから、テストケースの中に直接書いて使ってもいいと思う。

function parseTemplate(aCode, aContext) {
  var __parseTemplate__codes = [];
  aCode.split('%>').forEach(function(aPart) {
    var strPart, codePart;
    [strPart, codePart] = aPart.split('<%');
    __parseTemplate__codes.push('__parseTemplate__results.push('+
                                strPart.toSource()+
                                ');');
    if (!codePart) return;
    if (codePart.charAt(0) == '=') {
      __parseTemplate__codes.push('__parseTemplate__results.push(('+
                                  codePart.substring(1)+
                                  ') || "");');
    }
    else {
      __parseTemplate__codes.push(codePart);
    }
  });
  var __parseTemplate__results = [];
  with(aContext|| {}) {
    eval('(function() { '+__parseTemplate__codes.join('\n')+' }).call(aContext|| {})');
  }
  return __parseTemplate__results.join('');
}

var source = <![CDATA[
      大切な事なので3回言います。
      <% for (var i = 0; i < 3; i++) { %>
        今日は<%= today %>です。
      <% } %>
      オーケー?
    ]]>.toString();
var params = {
      today : (new Date()).toString()
    };
var result = parseTemplate(source, params);

レガシーだけどクロスブラウザな書き方だったら、こうか。

function parseTemplate(aCode, aContext) {
  var __parseTemplate__codes = [];
  aCode = aCode.split('%>');
  var strPart, codePart;
  for (var i in aCode) {
    aCode[i] = aCode[i].split('<%');
    strPart = aCode[i][0];
    codePart = aCode[i].length == 1 ? null : aCode[i][1] ;
    __parseTemplate__codes.push('__parseTemplate__results.push(unescape("'+
                                escape(strPart)+
                                '"));');
    if (!codePart) continue;
    if (codePart.charAt(0) == '=') {
      __parseTemplate__codes.push('__parseTemplate__results.push(('+
                                  codePart.substring(1)+
                                  ') || "");');
    }
    else {
      __parseTemplate__codes.push(codePart);
    }
  }
  var __parseTemplate__results = [];
  with(aContext|| {}) {
    eval('(function() { '+__parseTemplate__codes.join('\n')+' }).call(aContext|| {})');
  }
  return __parseTemplate__results.join('');
}

var source = '大切な事なので3回言います。\n'+
             '<% for (var i = 0; i < 3; i++) { %>\n'+
             '  今日は<%= today %>です。\n'+
             '<% } %>\n'+
             'オーケー?';
var params = {
      today : (new Date()).toString()
    };
var result = parseTemplate(source, params);

JavaScriptでsleepしたい、を実現する方法(require JavaScript 1.7) - Feb 20, 2009

中野さんが、JavaScriptにはsleep(一定時間待ってから次の処理に進むという命令文)が無いせいでテストを書くのに難儀したという話を書かれているけれども。まさにこれをどうにかしたくて、UxUは進化してきたようなものと言える。

知ってる人は知ってるだろうけど、Firefox/Thunderbirdアドオン向けの自動テスト実行ツール・UxUでは、テストを書く上でsleepに相当する機能を利用できる。これは、JavaScript 1.7でジェネレータ・イテレータ機能を実現するために追加されたyield式のトリッキーな使い方だ。

これを実現しているのは、lib/utils.jsdoIteration()と、test/test_case.jsrun()ということになる。ここから要点だけを取り出すと、以下のような事をしている。

まず、スクリプトの書き手は、「sleepを使いたい処理」を関数として定義する。この時、sleepの代わりにyieldを使う。

var task = function() {
  doSomething1();
  yield 1000;
  doSomething2();
  yield 1000;
  doSomething3();
}

次に、スクリプトの書き手は、この関数を後述するdoIteration()に渡す。すると、doIteration()がよしなに計らって、「doSomething1()を実行した後、1000ミリ秒待って、doSomething2()を実行し、また1000ミリ秒待って、doSomething3()を実行する」という風な形で先程の関数の内容を実行する。

この時のdoIteration()の内容は、以下のような感じ。

function doIteration(aTask) {
  if (typeof aTask == 'function') {
    // 渡されたのが関数だったら、まず、評価した返り値を得る。
    aTask = aTask();
  }
  if (!aTask ||
      !('next' in aObject) ||
      !('send' in aObject) ||
      !('throw' in aObject) ||
      !('close' in aObject) ||
      aObject != '[object Generator]') {
    // 渡されたオブジェクトまたは関数の返り値が
    // ジェネレータ・イテレータではない場合、何もしない。
    return;
  }

  // ここからがミソ!

  // 全部の処理が終わったかどうか、を示すオブジェクトを定義
  var finishFlag = { value : false, error : null };
  var last = 0; // スリープ開始時点の時刻を保持する変数
  var sleep = 0; // スリープの長さ(秒数)を保持する変数
  var timer = window.setInterval(function() {
    if (
        // スリープの長さがちゃんと指定されていて
        sleep > 0 &&
        // スリープ開始時点からの経過時間がスリープとして
        // 指定された時間未満であれば
        (Date.now() - last) < sleep
       ) {
      // ここで処理を終えて、100ミリ秒後まで待つ。
      return;
    }
    // スリープとして指定された時間が経過したので、処理を進める。
    try {
      // 次にyieldが登場するまでの間の処理を実行。
      sleep = aTask.next();
      // next()の返り値はyield式に渡された値。
      last = Date.now(); // スリープ開始時刻を保持して
      return; // 処理を一旦終えて100ミリ秒後を待つ。
    }
    catch(e if e instanceof StopIteration) {
      // 最後のyield式の後の内容が実行されて、定義された関数の内容が
      // 最後まですべて実行されると、StopIteration例外が発生する。
      // よって、処理完了とみなす。
      finishFlag.value = true;
    }
    catch(e) {
      // それ以外の未知の例外が発生した時は、処理中断とする。
      finishFlag.error = e;
    }
    // 100ミリ秒ごとの繰り返し処理を停止。
    window.clearInterval(timer);
  }, 100);
  return finishFlag;
}

UxUの内部でやってる事は基本的にはこういう事。ただ、実際にはもうちょっと使い勝手をよくするために細かい処理が加わってる。

doIteration()が中で何をやってるのかを知らなければ、パッと見は、sleepという命令文の名前がyieldに変わっただけのようにすら見えるんじゃないだろうか。そこが、このやり方の狙いだ。スクリプトの書き手はタイムアウトだのコールバックだのといった難しい事を何も考えなくても良くて、単に「sleep文に相当する機能が加わったJavaScript」として好きなように処理を書く事ができる。テストを書くための工数が大幅に削減される(かもしれない)ので、テストを書くのが苦にならず、ばりばりテストを書けるようになる(はず)。その結果、充実したテストのおかげでより安心して開発に専念できるようになる(はず)。という理屈です。

ちなみに、勘のいい人は気付くだろうけど、setInterval()に渡している関数の冒頭に以下の内容を挿入すれば、doIteration()をいくらでも入れ子にできるようになる。

    if (
        typeof sleep == 'object' &&
        (!sleep.value || !sleep.error)
       ) {
      return;
    }
var task = function() {
  doSomething1();
  yield 1000;
  yield doIteration(function() {
          doSomething2();
          yield 500;
          doSomething3();
          yield doIteration(function() {
            doSomething4();
            yield 100;
            doSomething5();
          });
        });
  doSomething6();
};
doIteration(task);

さらに、こんなこともできる。

var task = function() {
  doSomething1();
  yield doIteration(function() {
          var flag = { value : false; }
          frame.addEventListener('load', function() {
            frame.removeEventListener('load', arguments.callee, false);
            flag.value = true;
          }, true);
          frame.contentDocument
               .defaultView
               .location.href = 'http://www.example.com/';
          yield flag;
          // フレームの読み込みが終わったらここに進む
          doSomething2();
        });
  doSomething3();
};
doIteration(task);

この辺をもっと簡単に書けるようにヘルパーメソッドを色々と整備したのがUxUのテスト実行環境、と思ってもらえれば大体それで正解です。

25日追記。他にも色々やり方があるようです。(どっちもMozilla限定だけど)

テキストリンク 3.0.2009021901とUxU 0.5.4 - Feb 19, 2009

ロケール更新ついでに。

直した問題は、「www.」で始まるドメイン名をダブルクリックした時の補完結果が「http:\/\/www.」になってしまうせいで読み込みに失敗するというもの。これはデフォルト設定として指定していた補完ルールのミスで、変更したのも設定ファイルだけ。デフォルト設定から変更して使ってる人は、「http:\/\」となっている所を「http://」に書き換えると、問題が直ります。

で、何故この問題を見落としてしまっていたのか、なんだけれども。

この設定が影響する処理については、既にUxU用のテストを作成してあって、自動テストを走らせた時にはこの問題は発生していなかった。テストの内容自体には問題はなくて、問題はUxUの方にあった。

テキストリンク用のテストでは、UxU 0.5.3で追加した新しいヘルパーメソッドのutils.loadPrefs()を使っていて、defaults以下にある設定ファイルを読み込んだ上でテストを行っていた。調べてみたら、これがまずかった。

この設定ファイルは元々はcontent以下に置いてあった物で、旧バージョンでは「ファイルの内容を文字列として読み込んだ後に評価して……」てな事を全部自前でやってたんだけど、Firefox 2未満のサポート打ち切りに際して、defaultsフォルダ以下にファイルを置いて読み込み処理はFirefox自身に任せるようにしたという経緯がある。

アドオンの設定ファイルはJavaScriptの関数呼び出しの形で設定が保存されている。なので旧バージョンでは、ファイルの内容を文字列として読み込んだ後、eval()でJavaScriptとして評価して設定内容を読み込んでいた。文字列の設定値として「http:\/\/」と書かれた箇所は、無意味なエスケープになるので、この時自動的に「http://」と解釈される。なので、冒頭に書いたような問題は今まで起こっていなかった。

defaults以下に置かれたファイルをFirefox自身が読み込む時も同じような感じなのだろう、と思いこんでたんだけど、よく調べてみたらそうじゃなかった。defaults以下に置かれた設定ファイルはlibprefモジュールのprefreadという、JavaScriptパーサではない独自のパーサによって解釈されていて、よくよく見てみると、\"\'\\r\n\xXX(16進数表記でのエスケープ)、\uXXXX(Unicodeエスケープ)以外のエスケープはエスケープ文字を含んだ文字列として取得されるという事が判明した。例えば\tはタブ文字ではなく"\t"になるし、\/"\/"になる。これは予想外だった……

で、このあたりの挙動を再現するコードをゼロから書こうとしたら死ねると思ったので、結局、prefreadをまるごとJavaScriptに移植する事にした。といってもJavaScriptの文法はCに近い(らしい)ので、コピペして少し書き換えたという感じ。

UxU自体のライセンスはGPLなんだけど、ソースコードとして入手する限り、このファイルのライセンスは元バージョンと同じMPL/GPL/LGPLとして使えるはずなので、まぁ、そんなに使い出はないと思うけど使いたい人がいたらどーぞ。

ツリー型タブの自動テスト - Feb 12, 2009

書き始めた。

最近、恐怖症っていうか神経症っていうか……自動テストで検証されてない事が怖くて仕方ない。一通りテストを書き終えるまで、次をリリースするのが怖い。リリース工程をとても億劫に感じてしまって、どうにかしてそれを乗り越えてやっとリリースしたと思ったら、しょうもないregressionがあることに気がついて、またあの面倒なリリース工程をやらないといけないのかと思うと気が重くなって。

追記。とかなんとか言いながら結局テスト未完のままリリースしてしまった。

テストがあるからってバグがない訳ではない……XUL/Migemoもまだまだモロモロと障害が見つかってる。ただ、自動化のプロセスがほぼできあがってるので、新たに問題がおこるケースが見つかったら、それをテストケースに追加して、コードを修正して、全体のテストが完遂すること(=regressionが無いこと)を確認して、過去に自分が把握してた範囲についてはある程度の自信を持ってリリースできる。自動化ができてないと、その自信を持てない。直したと思った物がすぐ後ろから崩れてるかもしれないという恐怖に駆られる。

Page 1/239: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード