Home > Latest topics

Latest topics > BIOSレベルで認識されないHDDから情報を吸い出す

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

BIOSレベルで認識されないHDDから情報を吸い出す - Nov 26, 2006

FreeBSDのatacontrol(8) の必殺コマンドとかいうのを使うとBIOSレベルで認識されないHDDを認識させることができるとかできないとか……

そもそもFreeBSD自体使ったことがないし使えないから僕にはこういう「技術力のある人ならではの裏技」を実践できないわけですけれども。お金払っても全然構わないんで、ここまでできる市販のツールがあればいいのになあと思う。

弟の逝ってしまったHDDもこの方法を使えばもしかしたらデータを救出できたのだろうか。逝ってしまったのも何もべつに僕のせいではないんだけれども、この知識が自分にあれば力になってやれたのかもなあ、と思うと、ちょっと切ない。

分類:システム再構築, , 時刻:08:48 | Comments/Trackbacks (1) | Edit

Comments/Trackbacks

救出方法

はじめまして。
最近では、コンセントに刺す電源ケーブルとUSB2.0のケーブルと
HDD用に刺すやつ。←ピンジャック?が付いているだけのものがありますね。
私も試してみたんですが、認識しなくなったHDD5台のうち、4台も読み出しできました。

Commented by jun@アンティークコレクション at 2006/12/26 (Tue) 23:48:10

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-11-26_salvage.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき