Home > Latest topics

Latest topics > 黄金比

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

黄金比 - Jan 13, 2006

黄金比って面白い。黄金比に関するいろんな話がまとめられたページを見てみて一番興味を引かれるのが、自然界での細胞の増加と黄金比の関係の話だ。

ウサギのつがいの増え方の例えがあるけれども、これをもっとミクロな、細胞レベルの例で考えてみると面白い。

「細胞分裂の問題:1個の細胞は、1時間の間に何個の細胞になるか? 但し、1分経つと1個の細胞は充分に成長して2つに分裂し、分裂して生まれた新しい細胞は、2分後には分裂可能な大きさまで成長するものとする。」

この規則通りに細胞が分裂と成長を続けるなら、細胞の数はフィボナッチ数列をなし、黄金比に従って増えていくことになる。最初のリンク先で紹介されてる巻き貝の巻き方も、こうして生まれる。こういう理由で、自然界には黄金比の物が多くなるというわけ。無論、死ぬ細胞もあるし、予定通りに分裂しない細胞もあるだろうから、完全にこの通りに増えるわけではないのだけれども。

これは見方を変えると、完全な黄金比を形成している物は死なないし、イレギュラーも起こっていない、不老不死・完全性・永続性を備えたものである、つまり黄金比は不死や永遠の象徴と言うことができると思う。人は黄金比のそういうところに惹かれてるのかも知れない、とか妄想する次第です。

分類:出来事・雑感, , 時刻:11:47 | Comments/Trackbacks (1) | Edit

Comments/Trackbacks

こうなると

次は、マンデルブロ集合に感動する番ですね!!

Commented by ゆきち at 2006/01/13 (Fri) 12:44:47

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-01-13_golden-divider.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき