Home > Latest topics

Latest topics > 子供なんじゃなくて、馬鹿

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

子供なんじゃなくて、馬鹿 - Jun 03, 2006

今まで僕は自分のことを、「子供っぽい、幼稚な」という風に認識していたけれども、それは自分で自分を甘く評価しているに過ぎないということに最近やっと気がついた。気がつかされた。

子供とは大人に比べてものを知らず、判断力もなく、論理的思考もできず、感情を抑える能力もない、人として劣った存在である。人間未満の存在である。それでも子供の存在が許されるのは、彼が子供だからだ。その代わり彼は人権を剥奪されている。大人になるまで彼は人間未満として扱われる、そういうルールになっている。

彼がいい歳した大人でありながら、人間性が子供のままなのであれば、つまり彼は、馬鹿だということだ。

僕はガキなんじゃなくて、馬鹿だったんだ。そして今後も馬鹿が治る見込みはない。馬鹿は死ななきゃ治らない、とも云いますね。

分類:出来事・雑感, , 時刻:01:40 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-06-03_childish.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき