Home > Latest topics

Latest topics > 平行線

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

平行線 - Jun 20, 2006

はてなブックマークでのコメントにも責任を持てでとりあげられている事例のような例を見るにつけ、性善説に基づいて作られたシステムほど脆弱な物はないなあ、とか、そのようなシステムがあれば必ず最悪の使い方に落ち着いてしまう人類とは実に醜い種であるなあ、とか思う。

僕の目には世界はそういう風に見える。だから、性善説の人に見えている世界と僕の見えている世界とはおそらく全然違う物なのだと思う。そのような人に「なんでそう悲観的に考えるわけ? それはおかしいよ」と言われても、こっちにしてみれば「いやいや君の方がおかしいよ。なんでそうも非現実的な楽観的な予想をするわけ?」ということにしかならないわけで、永遠の平行線だ。

分類:出来事・雑感, , 時刻:11:10 | Comments/Trackbacks (2) | Edit

Comments/Trackbacks

ナカーマ

果てしなく視点が似ているような気がします。

Commented by shirokuma at 2006/06/21 (Wed) 00:07:03

no title

もう少し絶望したら、楽観的になれますよ。

Commented by にしこり at 2006/06/21 (Wed) 01:19:36

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-06-20_hatebu.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき