Home > XUL Apps > XHTML Ruby Support

XHTML Ruby Support XHTML ルビサポート Ver.3.0.2009060901 for Mozilla Firefox

An English version of this page is also available.

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

このパッケージを公開するにあたり、根幹となっている Mozilla でルビ表示を行うためのスタイルを考案・公開された北村曉氏に深く感謝いたします。

What's this? これは何?

北村曉氏の考案されたスタイルを用いて、Firefoxで XHTML のルビ邦訳)を表示できるようにする拡張機能です。単純ルビ・複雑ルビの両方に対応しています。

Download ダウンロード

不具合に遭遇した場合は、まずよくある質問をご覧下さい。それでも解決方法が見つからない場合の障害報告はGitHubのイシュートラッカーにお願いします。

Screenshots スクリーンショット

W3Cのテストケース。 1.6.2008031201以降から、文字を均等割り付けで表示するようになりました 太宰治「走れメロス」(青空文庫)の表示例。 名作文学をふりがな付きで楽しんでください。

開発環境では以下のページでテストしました。

複雑ルビにも対応しています。 略語のフルスペル情報が title 属性で与えられている場合、それをルビとして表示できます。

Advanced (詳細)の中に設定項目が加わります。設定では、ルビ表示の有効無効、略語をルビ表示する場合の細かい設定を変更できます。

Documents 関連文書

XHTMLルビサポートに関するプレゼンテーション
Mozilla.Party.jp 4.0XULコンテスト用に用意した資料です。XHTMLルビサポートの実装について解説しています。

Known Problems 既知の問題

  • いくつかの機能を実現するために、ページ読み込み処理・メニューの展開処理に介入します。ページの読み込み・メニューの展開が遅くなったり、それらが原因でクラッシュすることがあります。安定性を重視する場合、この拡張機能を使用することはおすすめしません。
  • Mozilla 1.2以降では、Content-typeがtext/htmlのページでは略語以外の要素をルビ表示できません。(application/xhtml+xmlなどのContent-typeのページでは正常に動作します)

History 更新履歴

3.0.2009060901
  • 動的なルビの挿入や表示・非表示の切り替えを監視するようにした(表示・非表示の切り替えの監視はFirefox 3.5以降でのみ有効)
  • 略語をルビとして表示する機能について、内容テキストとtitle属性の値が同じである場合は何もしないようにした
  • ギリシャ文字、キリル文字などの字間まで広がってしまっていたのを修正(字間を広げる対象となる文字をより限定した)
3.0.2009040901
  • 分割ブラウザのペインやサイドバー内でもルビ表示を有効にした
3.0.2009040201
  • Minefieldで動作しなくなっていたのを修正
  • 古いFirefoxを切り捨てた
2.1.2008040101
  • 環境によっては複雑ルビの表示位置がずれることがあったのを修正
  • ルビベースまたはルビテキストにおいて全角文字と半角英数字が混在している時、字間を正しく調整できていなかったのを修正
2.1.2008031701
  • CSS3 Ruby Moduleの仕様に基づいて、ルビの表示方法をカスタマイズできるようにした
  • CSS3 Line Moduleの仕様に基づいて、ルビがある行の高さを変えないようにした(Minefieldのみ)
  • 一部の設定の変更が機能していなかったのを修正
2.0.2008031401
  • CPU使用率が常時100%になる問題を修正
2.0.2008031301
  • 略語などを展開したルビのルビベースも均等割り付けに近くなるようにした
  • 略語以外もルビとして表示できるようにした
  • 100個単位でルビを漸進的に処理するようにした
  • ページ読み込み完了後に挿入されたルビの外観も調整できるようにした
  • Minefieldでルビ要素のツールチップに改行が入っていたのを削除
1.6.2008031201
  • 均等割り付けになるように字間を調整するようにした
  • 略語の展開機能が働かなくなっていたのを修正
1.5.2008031101
  • Minefield 3.0b5pre対応
  • タブ切り替え時などのオーバーヘッドを若干軽減
1.4.2006100801
  • 略語のフルスペルをルビ表示する機能を無効にしていると、ルビが指定された部分の楯の表示位置が補正されない問題を修正
1.4.20051105
  • 略語のフルスペルをルビ表示する機能が働かなくなっていたのを修正
  • Forefox用の設定画面でアンインストール用のボタンが表示されていたのを修正
1.4.20050828
  • ルビが指定された部分の縦の表示位置を補正する処理を改善(by Takeshi Nishimura)
1.4.20050713
  • Deer Park Alpha2で動作しない問題を修正
1.4.20050604
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを修正
  • 内部処理にXPathを活用するようにした
1.3.20050422
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを修正
1.3.20050420
  • ルビベースが消失してしまう問題を修正
  • 内部処理を少し修正
1.3.20050419
  • ルビテキストがルビベースにめり込んでいたのを改善
  • ルビを指定した語の表示位置のズレの補正アルゴリズムを改善
1.3.20050227
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを改善
  • IE用のルビを解釈する処理でエラーが起こっていたのを修正
1.3.20050224
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを改善
1.3.20050218
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを改善
1.3.20050121
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを改善
1.3.20050115
  • IE用のルビを解釈するアルゴリズムを改善(by Takeshi Nishimura)
  • フレーム内のページのルビが表示されない問題を修正(by Takeshi Nishimura)
  • rbspanが指定された複雑ルビを正しく表示できない問題を修正(by Takeshi Nishimura)
  • 略語をルビで表示する設定の時、最初に登場する要素ではなく最後に登場する要素が展開されてしまっていたのを修正
1.3.20040818
  • Firefoxの設定ダイアログがフリーズする可能性があったのを修正
1.3.20040523
  • Firefoxで設定ダイアログを使えるようにした
1.3.20030612
  • 最新のMozillaで正常に動作しない問題を修正
1.3.20030413
  • プロファイルディレクトリのoverlays.rdfにゴミを残さないようにした(ユーザー別にインストールした後でアンインストールし管理者権限で再インストールした場合に動作しない問題の対処)
1.3.20030405
  • ルビテキストをポップアップできなくなっていたのを修正
  • アンインストーラのミスを修正
1.3.20021222
  • ページにルビが含まれていないときはスタイルシートを加えないようにした(XMLがツリービューで表示されない問題の修正)
  • 処理に失敗していたのを修正
1.3.20021127
  • 最近のMozillaで新規タブを開く時にエラーになる問題を修正
1.3.20021120
  • エラーで処理が停止していたのを修正
1.3.20021119
  • getBrowser() を使わないようにした
  • 要素の内部テキストを得る処理を修正
1.3.20021004
  • PhoenixのThemes and Extensionsパネルで有効無効を設定できるようにした
1.3.20021003
  • Phoenixへの対応をぼつぼつ開始
1.3.20020930
  • Mozilla 1.2 以降においてtext/htmlのページでルビが使われている場合にクラッシュする問題を修正
1.3.20020928
  • ノードリストの連結に失敗する問題を修正
  • Arrayの concat でノードリストを扱わないようにした
1.3.20020925
  • 自己アンインストール機能が働かない問題を修正
  • 省略されたマークアップの補完(DOMノードツリーの修復)を、QuirksModeあるいはXHTML以外のHTMLの場合に行うようにした
1.3.20020923
  • XBLを使わずに処理するようにした
  • 要素の表示位置のずれを常に補正するようにした
1.2.20020918
  • 自己アンインストール機能がMozilla1.2a以降で働かない問題を修正
1.2.20020912
  • 単体で動作できないようになっていた問題を修正
  • IE用の複数のルビテキストに対応
  • 要素の表示位置のずれを補正する機能が働かない場合があったのを修正
1.2.20020907
  • ルビをふった要素の表示位置のずれを、XBLを用いて自動で補正できるようにした(※若干不安定になります)
1.1.20020830
  • NS6用のコードを除去
  • 複雑ルビの表示が正しく行われていなかったのを修正
  • ルビ文字列をツールチップで表示するようにした
  • 自己アンインストール機能を追加
1.0.20020821
  • IE 向けのルビマークアップを XHTML ルビに補完する機能が働いていなかったのを修正
1.0.20020628
  • Mozilla 1.0 以降では"@mozilla.org/rdf/datasource;1?name=window-mediator"の代わりに"@mozilla.org/appshell/window-mediator;1"を使うようにした
1.0.20020531
  • 余計なコードが混入していたのを修正
1.0.20020528
  • コンテキストメニュー拡張と機能衝突を起こす問題を修正
1.0.20020527
  • コンテキストメニュー拡張からパッケージを分離
  • 設定の表記などを少し変更
Last modified:2015/11/07 17:33:45