Home > XUL Apps > Tabbrowser Extensions > Advantage and Disadvantage

よく分かるかもしれない、タブブラウザ拡張導入後のメリットとデメリット

メリット

具体的にどんな機能があるかについては、機能一覧を参照してください。

タブブラウズ機能の拡張でよく利用される機能の多くを、この拡張一つでまかなうことができる。

インストールの手間が一回で済むとか、設定が一カ所にまとまってるとか、欲しい機能を提供する単機能の拡張を探し回らなくて済むとか。

単機能の拡張を組み合わせる場合に比べて、各機能を連携して使うことができる。
単機能の拡張を組み合わせる場合に起こりうるような、拡張同士の衝突が無い。

単機能の拡張はそれぞれ別の作者が作成していることが多いので、機能同士の連携を取りにくかったり、それどころか、互いにぶつかり合って問題を起こしてしまうこともあります。

タブブラウザ拡張では、一つの拡張の中で全ての機能を有機的に関連付けて実装していますので、タブのロック状態を含めてタブセッションを記録・復元したり、自動で新しいタブを開く機能とタブのグループ化機能を連携させたりといったことが、自然にできます。

タブのグループ化機能が使えるのはタブブラウザ拡張だけ。

2004年12月現在で、自分が知る限りではの話ですが。

……と書いていましたが、単機能拡張を統合してこれらの問題の解決を図った拡張であるTab Mix Plusが登場したことで、TBEのメリットはほぼ無くなりました。

デメリット

メリットとデメリットは表裏一体です。

機能が多すぎる。

多数の機能を詰め込みすぎていて重いとか、人によっては使いもしない機能が無駄にたくさん付いてくるとか。

他の拡張やテーマとの相性が悪い。

TBEのできることの範囲で使う分には問題ないのですが、TBEと他のタブブラウズ関連の拡張を組み合わせて使おうとすると、機能が衝突することがあります。これは、ブラウザの全ての動作の根幹に関わる部分にTBEが変更を加えるためです。

とはいえ、機能衝突を起こすことなく共存できる拡張も多いです。僕自身、SageやBookmarks Backup、CuteMenus、自作の他の拡張などと併用しています。

コードが肥大化しすぎていて、メンテナンス性が悪い。

このせいで、事実上、僕以外にこの拡張を更新できる人はいないような状況です。また、スパゲッティ化したコードにありがちな、潜在的なバグがたくさん潜んでいるものと思われます(し、報告を受けていても原因が見つかっていないというバグも多数あります)。

Firefox開発チームの見解

この拡張は、Mozilla Foundation的には激しく非推奨です。デメリットの項でも述べていますが、この拡張は非常に多くの潜在的なバグを抱えています。導入する前に、場合によっては多大なリスクを負うことを覚悟しておいてください。

以下は、Neowin.netに書き込まれたコメント(原文)です。

TBEは非常にバグだらけの拡張のひとつです。ですから、それは永遠にupdate.mozilla.orgに登録されることはないでしょう。TBEの問題のため、Firebird(訳注:Firefoxの旧称)開発チームや他の拡張の作者達、そしてMozillaZineに書き込む非常に多くの人達が、TBEを使うことをやめるよう引き留めています。この拡張のせいで、非常に多くの――そう、本当に多くの――バグがBugzillaに(Firebirdの問題ではないのに、不必要に)登録され、同様に、MozillaZineでは新しいスレッドが無数に立てられています。どうか、標準で組み込まれている設定(bangbangはすでにそれを有効にすることを試みています)だけを使うようにしてください。どうしても必要ならば、あなたは(TBEの)代わりにTabbrowser Preferences(訳注:タブ周りの挙動を制御する拡張の一つ)を使わなくてはなりません。

また、以下のコメントは、Firefox開発の責任者のBen GoodgerによってMozillaZineフォーラムに書き込まれたものです。

(問題が)なおのこと酷くなりました。私はバックアップしていたFirebirdを呼び戻し、TBEだけをインストールして、再び終了しました。そして再びFirebirdを起動すると――何も得るものはなく、ただ「Error launching. No XBL binding to browser.」というエラーメッセージだけが表示されました。

Firebird開発チームはTBEを使うのをやめることを推奨しています。どうしても必要なのであれば、次善の策として、(最新のFirebirdを使うのではなく、)TBEが安定して動作するFirebirdのビルドを見極め、それを入手するべきです。

(原文)

うーん……ただの拡張がブラウザの動作を妨げるとは思えませんし、(もしそんなことができるのなら、)拡張という仕組みはよい設計であるようには思えません。

もうじき(訳注:2003年11月~12月)リリースされる安定版Firebirdでは、TBEを「標準的な拡張」としては動作しないようにする変更が盛り込まれる予定です。

TBEはブラウザ内部のコードを書き換えるなどの恐ろしいことをいくつもしており、(TBEが安定して動いているように見えても、毎日の更新によって)ブラウザが数日のうちに動かなくなってしまうという危険性に対する覚悟なしに、あなたが夜間ビルドでこの拡張を使うことを、Firebird開発チームは推奨していません。ただし、あなたが(毎日更新される夜間ビルドではなく)リリース版のFirebirdを使うタイプの人である場合は、この限りではありません。リリース版をサポートしていることをTBEは表明しています。

(原文)

(訳注:Ben GoodgerがTBEの使用をやめることを呼びかけていることをうけて)たった一人の発言のために、TBEは悪者にされているのですか?

いえ、私個人ではなく、Firebird開発チームがそう言っているのです。TBEはFirebirdのシステムファイルを上書きしますが、それはあらゆるスタンダードなやり方(正当な方法による機能拡張)に比べて、悪質なものです。しかし、私達はあなたが望んでするのであれば、どんな拡張を使うことも止めはしません。何かの拡張をインストールしてブラウザが壊れたからと言って、私達はいつも(TBEに対するように、その拡張を)非難するわけではありません。TBEの問題は、Windowsのシステムファイル(DLL)を上書きして他のアプリケーションの動作を壊してしまうという風な、一部のプログラムが引き起こす問題に似ています。もしあなたがTBEを使うのであれば、あなたはその危険性を認識しておかなくてはなりません――TBEが「サポートしている」と言っているバージョンのFirebirdを使っていても、です。そうでないのなら、あなたは自ら苦痛を求めていることになります。将来のFirefoxのマイルストーンリリースでは、拡張の仕組みはより「シンプル」な物(訳注:Firefox 0.9以降のExtensions Managerのこと)になり、拡張にはFirebirdのシステムファイルを変更する権限は与えられなくなり、TBEのような拡張は突出した「危険なもの」として認識されるようになるでしょう。Firebirdのインストーラは、旧バージョンへの上書きインストールを行う場合に、旧バージョンの全てのファイルと拡張を全て削除するよう、既に改良されています。インストーラビルドを使う限り、TBEの(Firebirdのバージョンごとの)非互換性の問題は姿を潜めることでしょう。

しかしながら――私達はTBEの機能を見て、何がFirebirdの標準の機能として実装されるべきであるかを検討するでしょう。もし人々がTBEの機能を気に入っているのであれば、それらの機能を列挙するために、おそらく新しいスレッドがここ(MozillaZine)に立てられるでしょう。私達(Firebird開発チーム)は、それを通じて、人々がその拡張を使う重要な動機を知ることができます。

(原文)

なお、僕は基本的に、これらのコメントの内容については同意です。

僕自身の見解

まず最初に言っておくと、TBEの第一のターゲットユーザは僕自身です。僕自身は今でもTBEをバリバリ使ってます。TBEは確かに重いですが、使い方に気をつけていればそれなりに便利です(僕は作者ですから、そりゃ隅々まで知り尽くしてるわけですけど)。

「TBEはFirefoxのシステムファイルを書き換えて動作をぶっ壊すから危険だ」と言う人もいるようですが、それは事実ではありません。TBEはFirefoxのシステムファイルを上書きしません。TBEは毎回の起動時に、内部の関数を動的にオーバーライドします。だから、アンインストールすれば素のFirefoxに戻すことができます。この点において誤解している人がいるように見受けられます。

とはいえ、彼らの心配していることもある意味では正しいです。TBEが有効になっている間、Firefoxの動作や機能は変更されます。ですから当然、素のFirefoxの動作・機能だけを前提として作られた拡張機能は、TBEがあるとうまく動作しなくなるでしょう。

この問題は、同じ原理で「Firefoxの動作を変える」ことを実現している他の拡張、Tab MixやTabbrowser Preferencesなどでも、もちろん起こり得ます。TBEが他の拡張よりも特別に問題視されるのは、TBEが他の拡張に比べて非常に多くのFirefoxの挙動に手を加える(よって、他の色々な拡張に影響を与えやすく、また、影響を受けやすい)からだと言えます。

僕がTBEの代わりにTab Mixや他の拡張をお勧めする理由の一つは、僕がいっぱいいっぱいだからです。英語で送られてくるバグ報告やコメントが多すぎて、対処し切れません。もし有用な情報があっても、再現できないバグやプラットフォーム依存の問題、あまりに情報の少ない報告などに埋もれて、見つけ出せなくなってしまっています。これ以上の改善を期待されても、その期待に応えることが僕には難しいのです。

2ちゃんねらな人達の見解(ログ抜粋)

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:33:55 ID:yQ6gMyf6
Tabbrowser Extensionsを使おうと思ってダウンロードできるサイト
に行ったら作者自身がぼろくそ言っていました。
そんなにひどいんですか?やめたほうがいいですか?
437 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:43:23 ID:iiVGJl58
自己責任

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:43:36 ID:SrSHQEmh
各部の連携がしやすいように多くの機能を一まとめにした初心者を意識した拡張なのに
そのせいで内部が煩雑になり、またfirefoxが利用する変数を拡張側で書き換えてしまうなどお行儀が悪かったり
もろもろの理由でトラブルが多く初心者にはお勧め出来ないという自己矛盾を含む拡張。
個人的にはお勧めしない。他のタブ拡張でしたいこと全てカバー出来るならそれに越した事は無い。
TBEでしか出来ない事をしたいなら自己責任でどうぞ。
440 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:45:58 ID:SrSHQEmh
なんかアンチTBEにしか見えない書き込みだったがまあ拡張なんて全て自己責任なので。
ただトラブルがあってこういう作りはまずいんじゃないの、とか
こんなバグ多いのは認められん、とかmozilla公式側といざこざが起きたのは事実。
442 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:26:54 ID:pMK7q3qM
>>440
>mozilla公式側といざこざ
これは基本的にユーザー側が悪いというかレベルが低い。
FirefoxやMozillaとTBEとのバグの切り分けができずに
安易にいちいちBugzillaに報告したりmozillaZineにトピック立てまくったりしたら
そりゃMozillaの開発側の心象は悪くなる。
Benとかもその現象だけ見て技術的な検討を加えずに批判している節がある。

# そもそも基本的に本体低機能で、それ以上は拡張に丸投げの状態で
# 非推奨な拡張とか言い出したらFirefoxについては根本的な部分の自己否定になる。

あまりにも追加する機能が広範で多い -> ゆえに他の拡張と衝突する確率があがる
あまりにもサポートするUAが広範 -> ゆえにバグが発生する確率はあがる
本来XULアプリで不可能なレベルのことまで実現 -> 無理が出やすくバグが発生する確率はあがる
あまりにもユーザー数が多い -> バグが炙り出される確率は高くなる

# Mozilla 1.0~1.8b Trunk・Firebird 0.6~Firefox 1.0+、
# Netscape 7.0~7.2までブラウザ機能の深い部分に食い込みつつ
# サポートを実現するなんて一種偏執気味だとさえ言える。
443 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:27:38 ID:pMK7q3qM
続き

そりゃ一つ機能を追加する拡張より、十個機能を追加する拡張の方が
バグが出る確率は高い。
Releasesだけサポートする拡張よりは、ReleasesもNightlyもサポートする
拡張の方がバグが出る確率は高い。

どれもTBEは規模が大きいだけで本質的に全ての拡張が抱える問題。
上記の面を考慮するとTBEはその規模の割にバグは驚くほど少ない。

むしろ更新頻度は高く、要望を出して取り入れられる可能性は高く、
作者の技量は高く、日本人なら日本語化された状態で使えて、
バグ報告も日本語でできる。
ブラウジングに支障があるレベルのバグのFixは早い。
Nightly+Mozilla or Firefoxで使って、このレベルのバグで
1週間以上待たされた記憶はない。
また、作者の意識が過剰なほど高いので、これから他の拡張が
直面する問題やユーザーが直面する問題も通過済みで考慮済みのことが多い。
445 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:44:15 ID:velEEYNh
BenのTBEについてのコメントはこれが最新かな?
http://forums.mozillazine.org/viewtopic.php?p=656470

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:47:13 ID:SrSHQEmh
>あまりにも追加する機能が広範で多い -> ゆえに他の拡張と衝突する確率があがる
>あまりにもサポートするUAが広範 -> ゆえにバグが発生する確率はあがる
>本来XULアプリで不可能なレベルのことまで実現 -> 無理が出やすくバグが発生する確率はあがる
これは単純に初心者向けとした際デメリットではないのか。
少なくとも436に対する「薦められない」という理由にはなり得ると思った。

いくら規模当たりのバグが少なくたって、例えばTBPやTabMixで済む人がより大規模なTBEに使えば
トラブルに合う確率が上がると言わざるを得ない。

初心者へのレスとしては「とりあえず色々使ってみればいいが、TBE以下の拡張で済むなら
より規模の小さい拡張のほうがいい」で無難だと思うんだがなあ。中の人の技術力云々だけの問題じゃなかろよ。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:48:26 ID:pMK7q3qM
> I have no problem recommending it for people who want to use the controls it offers...

それも1年前の発言だね。
450 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 22:00:22 ID:pMK7q3qM
>>446
正直、大規模な変更が加えられた直後のTBEを使用しない限りは
Releases+TBEで既知のトラブル以外が出る確率は低い。

細々した拡張を調べ、探し、サイトを探し、サイトのダウンロードオページを探し、
組み合わせ、機能を確認し、相性を確認し、更新を確認し、更新の継続を心配し、
英語の設定の説明と格闘し、バグの報告も日本語でできない、
というのが初心者向けだとは思えない。

IEやNetscape6以前のように、タブ機能のついていないブラウザからの
乗り換えならともかく、タブ機能のついたブラウザからの乗り換えなら
とりあえずTBEを入れろというのは悪くはない。

最初にTBEを入れて、それで使う機能が他で代替が効いたり
機能が過剰だと思うなら、上の煩雑な方法を試すのも良いと思う。
TBEに不満がなかったりTBEにしかない機能を使うなら引き続きTBEを使えばいい。
452 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 22:26:55 ID:pMK7q3qM
最後に>>445の訳。

Q:Firefoxの開発者達はTBEを非推奨だといってるよ

A:Firefox開発リーダー・Ben Goodger
はっきりさせたいと思います。
私がTBEの使用を推奨しないとしたのは、以前のFirefoxと以前のTBEでの話です。
現在、私が問題としていた点は修正済みだと考えています。
だから、TBEが提供する機能を使いたい人々のためにTBEを推薦することに
全く問題はありません。

だ、そうです。(擁護レスは自演じゃないですよ)

Last modified:2013/03/27 04:34:46