Home > Latest topics

Latest topics > prototype.jsのオブジェクト汚染

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

prototype.jsのオブジェクト汚染 - Mar 24, 2006

/latest 以外のディレクトリに置いているページで使っているコンテンツリスト生成用JavaScriptがprototype.jsのObject汚染におもくそひっかかっててメニューぶっ壊れ状態になってたことに今頃気付いた。連想配列とfor-inループの組み合わせで大量死発生。ということでリンク先で提案されている以下のコードを組み込んで対処した。

    Object.prototype.forEach = function(func){
        for(var key in this){
            if(!(key in this.constructor.prototype)){
                func(this[key],key,this)
            }else if(this[key] != this.constructor.prototype[key]){
                func(this[key],key,this)
            }
        }
    };
    obj.forEach(function(value,key,self){
        alert([value,key]);
    });

ンモー

分類:Web技術 > JavaScript > prototype.js, , , , 時刻:14:30 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-03-24_object.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき