Home > Latest topics

Latest topics > Firefox 3.1で新しいタブを開く位置を変更する機能が入るかも?

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Firefox 3.1で新しいタブを開く位置を変更する機能が入るかも? - Jan 12, 2009

そういう機能が入ること自体は、別に悪い事ではない(ていうかIE7が標準でこの機能を持ってる以上は入れといた方がいいだろう)と思うんだけど、実装がなんだか……addTab()の第1引数がabout:blankかどうかで挙動を変えるとか、ちょっとひどすぎない?

本気でこのあたりの挙動をちゃんとしようと思ったら、ツリー型タブ等のようにタブの親子関係をどっかに保持しておかないといけないと僕はずっと思ってる。それを避けて最小限の変更でそれらしい挙動を実現しようとしているから、余計にややこしい事になってるんじゃないかって気がする。

議論をよく読まないままBugzillaにコメントしてしまったんだけど、僕がコメントに書いた事のうち1つ(ブックマークを開く時にこれが働くのはなんか変じゃね?という件)は、すでに俎上にのぼって議論され尽くしてたみたいだ。

タブを開く、閉じるときの動作に関しては多くの議論が行われてきましたが、結局、「ユーザより賢くなろうとはしないこと(do not to try to be more clever than the user)」というガイドラインに従うことになりました。言い換えると、経験則に基づく自動動作がユーザの意図した動作に合致すると確信できないときは、自動動作を行わないということです。

追記。誰か分からんけど「feature freezeなのに何やってんだ!」という指摘をしている人もいたので、その辺の事も入れてコメントしてみた。

しかしまあこんな事ばっかやってるとますます「手は動かさないくせに口だけ出しやがるウゼエ奴」度が増していきますなあ……

1月15日追記。新しいパッチが提出された。addTab()に引数を一つ増やして、それで新しい挙動を使うかどうかを制御するというもので、他に与える影響はだいぶ小さくなってると思う。引数の個数がどんどん増えていくのは見てて頭クラクラしてくるけど、これ以上のことをやろうとすると話がもっとでかくなりそうだから、落とし所としては無難な線じゃないかと思う。

分類:Mozilla > Firefox, , , 時刻:19:57 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2009-01-12_newtabposition.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード