Home > Latest topics

Latest topics > VMWare Server Consoleのダウンロードページ

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

VMWare Server Consoleのダウンロードページ - Feb 08, 2010

なんかもう作業環境作る度に同じとこで躓いてるんで……

昔のVMware Serverは、インストールすると「VMware Server Console」というのがセットで付いてきてた。今ダウンロードできる「VMware Server 2.0」は操作のためのUIがWebベースになってて、単体のアプリケーションの「VMware Server Console」が付いてない。しかし古いVMWare Serverが動いてるサーバにある仮想マシンを操作するにはVMware Server Consoleが必要になる。

結論から言うと、これはDownload VMware Serverのページからダウンロードできる。「VMware Server Windows client package」(クライアントがLinuxなら「VMware Server Linux client package」の方)というのをダウンロードするとその中にいくつかのツールのインストーラが入ってるので、そのうちの「VMware-console-1.0.6-91891.exe」を展開して実行する。これでVMware Server Consoleを利用できるようになる。

分類:システム再構築, , , 時刻:15:05 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-02-08_vmware.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき