Home > Latest topics

Latest topics > 多数のHTML Canvasを使用する時の、反応速度向上テクニック

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

多数のHTML Canvasを使用する時の、反応速度向上テクニック - Apr 03, 2007

Tab Catalogの一覧表示を開く時にもたつく問題の改善方法を、実験を交えながら改めて検討してみた。

色々試してみて分かったのは、どうもHTML CanvasをDOMツリーに埋め込んだ後、描画されるまでの間がもたついているらしいということ。何も描画していなくても、Canvas要素を埋め込むだけでだいぶ時間がかかるっぽい。

ということでサムネイル用のプレースホルダーだけ用意しておいてCanvas要素をタイマーで一つずつ追加するようにしてみたところ、ホットキーを入力した直後の反応が格段に良くなった。トータルではあまり変わってないか、むしろ遅くなってる可能性もあるけど、体感的にはこっちのほうがずっといい。

分類:Mozilla > XUL, , , , , 時刻:17:43 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-04-03_tabcatalog.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき