Home > Latest topics

Latest topics > duplicityを使ったバックアップを支援するスクリプト(実験中)

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

duplicityを使ったバックアップを支援するスクリプト(実験中) - Jul 05, 2015

差分バックアップをやりたくて、でも自分であれこれ考えて作るのしんどいわって思って、UbuntuデフォルトのバックアップツールのDeja Dupを試してみてたんだけど、こいつはデスクトップ環境にログインしてないと動かないという制限がある。

Deja Dup自体はduplicityというコマンドラインツールのフロントエンドに過ぎないのでそっちを直接実行すればいいらしい、という事までは知ってたんだけど、なんかオプションがめっちゃ多くてやる気萎える感じだったので、諦めてしまってた。

ラズパイを使ったファイルサーバーでも、バックアップ態勢を確立するにあたってまたDeja Dup頼みかなあと思いながら試してみてたんだけど、なにげなくtopの画面眺めてたらduplicityのコマンド列(Deja Dupがいい感じにオプション指定を組み立てた状態の物)が出ていて、なんだこれコピペすればいいんじゃん!と思って、それを足がかりにして簡単なスクリプトを書いてみた。

#!/bin/bash

# バックアップの保存先
destination=/mnt/backup-external/backup
# バックアップに含める物、含めない物
includes="/root /etc /mnt/main-external"
excludes="/root/.cache /mnt/main-external/home/piro/.cache"

# アクセス権がらみのトラブルを避けるために、root以外での実行は禁止する
if [ "$EUID" != "0" ]; then
  echo "You must run this script as the root."
  exit 1
fi

# root直下でバックアップ対象以外のディレクトリはバックアップ対象から除外
for dir in /*
do
  if echo " $includes " | grep -v " $dir "
  then
    excludes="$excludes $dir"
  fi
done

echo "includes: $includes"
echo "excludes: $excludes"

mkdir -p $destination/archive
mkdir -p $destination/data

# duplicityのオプションを組み立てる

include_options=""
for include_target in $includes
do
  include_options="$include_options --include=$include_target"
done

exclude_options=""
for exclude_target in $excludes
do
  exclude_options="$exclude_options --exclude=$exclude_target"
done

other_options="--gio --volsize=50 --no-encryption --verbosity=9 --gpg-options=--no-use-agent --tempdir=/tmp \
  --archive-dir=$destination/archive \
  / file://$destination/data"

# 差分実行
time duplicity incremental $include_options $exclude_options $other_options

# 失敗したら、フルバックアップにフォールバック
if [ $? != 0 ]
then
  time duplicity full $include_options $exclude_options $other_options
fi

うまくいったら、rootのcronjobに指定しておこうと思う。

分類:システム再構築, , 時刻:01:46 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2015-07-05_system-backup.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード