Home > Latest topics

Latest topics > 賢い人、優れた人

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

賢い人、優れた人 - Jun 21, 2006

自分よりあらゆる面で賢く優れた人が自分のすぐ隣にいて、僕は、そのことに耐えられるか?

そういう相手の代表は、「親」だろう。子供の頃、親は自分よりあらゆる面で優れた存在で、親は自分の知らないことをなんでも知っている存在だった。

そんな存在、自分が圧倒的敗北を喫する相手である「親」に対して、僕が劣等感や焦りを感じずに済むのは何故か? おそらくそれは、「自分にも追い付ける可能性」が残されていると思えるからではないかと思う。

でも、その相手に一生かかっても自分は追い付けない、ということが分かっていたとしたら、どうだろう? 例えば今自分が30歳だとして、10代のうちからヤリまくりの男には絶対に追い付けない。「おととい来やがれ」は実現不可能だからだ。

勝てる可能性がないからこそ、劣等感を感じるし、焦る。焦るというか、恐怖する。こいつは自分の存在意義を脅かす者だ、と思って、いてもたってもいられなくなる。そして排斥しようとする。己の矮小な自尊心が隷属することを許さないから、その屈辱に耐えられる強靭な精神を持ち合わせていないから、拒絶する。

でも、そうできない相手もある。拒絶するに拒絶できない、色んな事情でそうせざるを得ない相手というものがある。

そのうちに僕は、耐え切れず、隷属を選ぶようになる。

分類:出来事・雑感, , 時刻:15:36 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-06-21_smart.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード