Home > Latest topics

Latest topics > 「ログ」の語源

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

「ログ」の語源 - Apr 07, 2007

ブログは丸太で訳されている内容が面白かった。

「ブログ(blog)」という言葉の由来は「Web log」という文字列から「we」が抜け落ちた物だけれども、そもそも何故、継続的に残される記録をlogと言うのかまでは知らなかった。

一般的にlogといえばログハウスの材料の丸太のことだけれども、リンク先によると、

  1. 昔は船の航行速度を測定するために、船から海に、ロープをくくりつけた丸太を投げ落として、船と丸太が離れていく速度を計測していた。
  2. 航行速度の記録を船長が手帳に記録するようになった。これを「ログブック」などと呼んだ。
  3. この手帳が航海日誌と呼ばれる物になった。この時点で、「ログ」は「航海の記録」という意味になった。
  4. 飛行機の時代になって、飛行機の機長が付ける航空記録もログと呼ばれるようになった。「ログ」は「記録」一般を指す言葉になった。

という風な経過を経て、今に至ったということだそうだ。

なお、リンク先にはこの話から、船の航行速度の単位「ノット」の語源にも言及している。

分類:トリビア・ムダ知識, , 時刻:04:18 | Comments/Trackbacks (2) | Edit

Comments/Trackbacks

蛇足ながら

 ちなみにスキューバダイビングでは、一回潜るごとにダイビングの記録などを書くのですが、それもログブックっていいます。

Commented by 無明 at 2007/04/07 (Sat) 07:04:28

追記

 ちなみにスキューバダイビングのログブックの語源も、航海日記のログブックからの由来です。

Commented by 無明 at 2007/04/07 (Sat) 07:07:30

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-04-07_log.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード