Home > Latest topics

Latest topics > ひとまずこれで落ち着いた?

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

ひとまずこれで落ち着いた? - Nov 30, 2005

以下、最終的な作業メモのようなもの。

ハードウェアの方はけっこうややこしいことをした。今では全部ケースの中に収めて落ち着いてるけど、作業中はRAID用のHDDはケースの外に出してた。

  1. Maxtor UltraATA 160GB(論理ドライブはC:およびD:)とMaxtor UltraATA 120GB(論理ドライブはH:およびI:)というものだったところに、RAID用のMaxtor SerialATA 200GBを2台追加。これはRAID1なので一つのディスクとして認識(論理ドライブはJ:およびK:)。以下、ドライブレターは便宜的にこれらの文字で表記する。ちなみに、最終的にはRAID1のディスクがC:とD:、120GBのディスクがH:とI:、160GBのディスクがJ:とK:となっている。
  2. このうち160GBのやつのパーティション情報がぶっ壊れた。
  3. H:の内容を消して、ここに作業用のWindowsを新規インストール。これを「復旧用Windows」として、以下のファイル操作はすべて復旧用Windowsを使用。
  4. R-StudioデータレスキューProをインストールし、RAID1のディスクに160GBのディスクの内容を吸い出し。
  5. RAID1のアレイを一旦解除して、作業中は200GBのHDD2台として使うことに。片方は環境再構築の作業用、片方はバックアップとして使用。
  6. 200GBのディスクにWin2kを新規インストール。(ハードウェアRAIDカード経由の接続で、SCSIのディスクとして認識されるため、インストール時にはドライバを入れたフロッピーディスクが必要)
  7. 新規インストールしたWin2kのプロファイル(J:\Documents and Settings\*)とレジストリ(J:\WINNT\system32\config\*)をバックアップ。
  8. 新規インストールしたWin2kに吸い出したシステムのファイル群を上書き。
  9. レジストリだけ、新規インストールしたWin2kのもので上書きし直し。
  10. 新規インストールで作成された J:\Documents and Settings\ に、NTUSER.DAT以外の救出されたファイルをすべて上書き。
  11. SymantecやMicrosoft\Windowsなど、Application DataおよびLocal Settings以下の一部のディレクトリは削除しておく。
  12. レジストリの内容について、救出されたレジストリから一部を持ち越し。詳細は別エントリ参照。
  13. 環境再構築作業中、壊れた部分(データを読もうとするとCRCエラーが出る部分)はもはや復旧不可能と判断(だよね?)。160GBのディスクから新たに吸い出せる価値あるデータは無いと考え、RAID1アレイを作り直すための作業ディスクとして使うことを決断。
  14. 160GBのディスク全体をMaxtor公式のツールでLow Level Format。
  15. 200GBのディスクから、最終的なJ:とK:の内容となるものをC:/D:/H:に分割保存。
  16. 200GBのディスク2台を使ってRAID1アレイを作り直し。
  17. この時点で200GBのディスクの内容はすべて破壊されたので、改めて、領域確保→フォーマット→Win2kの新規インストール。
  18. C:/D:/H:に分割してバックアップしておいた内容を、J:とK:に書き戻す。
  19. ここから先は、復旧した環境のWindowsでの作業。
  20. サブマシンに秀丸やBecky!2などをインストールしたときに、このメインマシンから設定に関するレジストリ情報をコピーしていたので、今度は逆に、サブマシンからメインマシンへレジストリ情報をコピー。
  21. Firefoxなどのソフトウェアについては、レジストリ以外の形で設定を保存していたので、特に何もせず。
  22. レジストリを編集してBigDrive対応にし、160GBのディスクの領域全てを使うようにした。

Norton Internet Securityをインストールするとexplorer.exeがアプリケーションエラーで必ず落ちるようになってしまった問題については、Norton Protection Centerの「保護の状態」インジケータをタスクバーではなくタスクトレイ内に表示するようにしたところ、おさまったようだ。

分類:システム再構築, , , , 時刻:00:08 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2005-11-29_back.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき