Home > Latest topics

Latest topics > 「あっち」側なのだなあという実感

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

「あっち」側なのだなあという実感 - Aug 21, 2011

みかんの星の人が完全に「あっち」に行ってしまった件というエントリを過去に書いてて、偶然読み返す機会があったので読み返してて、ここでいう「あっち」とはまぁ平たく言えば「リア充」の事なんだけど、このエントリを書いた2008年当時は

  • 彼女というものはできた。
  • しかし膨れあがった承認欲求は主観的にはいまいち満たされていなかった。
  • その釈然としなさから、ぐじぐじと非モテ話を垂れ流していた。
  • そしたら「お前もう彼女ができてリア充のくせに何を不幸ぶってやがるんだ」「リア充なんだから非モテ面すんな」と煙たがられた。(参考:rAdio-AktiV - 日本三大ウソ非モテ

という状況で、きっぱりと「あがり」を表明した人達の事を「すげえなあ」「自分はああはなれないなあ」と思って見てた。

最近読んだ長刀漫画の「あさひなぐ」で、剣道やってた子が長刀に転向するにあたって防具を長刀向けに短く切る(そうするともう剣道に戻れなくなる)という話があって、その子は剣道に戻るかもしれないからと防具を切る事を躊躇するというエピソードがあるんだけれども、ちょっとそれに似てると思う。ここで防具を切ってしまったら、もう慣れ親しんだ世界には帰れなくなる。ここでリア充表明をして非モテ時代に決別してしまったら、もう非モテな話は書けなくなる。切るべきか、切らざるべきか。

といっても、その子の場合は「やっぱり剣道の方がいい」と思った結果能動的に戻っていく事になったのだろうという予想ができるのに対して、僕の場合は「彼女と別れる事になっちゃって、やっぱり非モテは非モテだよねアハハハ(泣)」的な単なる脱落というか挫折というかそういう事になるだろうという予想だった、という点では大きく違うんだろうなあと思うんだけど。

でも今だったら、僕もためらいなく「あがり」を表明できるなあと、冒頭のエントリを読み返してて思った。(今このタイミングで「あがり」を表明してしまってよいものか? という葛藤を乗り越えて敢えて「あがり」を表明するという格好いい選択ではなくて、自分を省みた時に「あがっちゃってたわー」と後から言うというのが、僕の卑怯な所がよく表れててアレだなーと思う所はあるけど。)

2年前は、ちょうどラブプラスが流行ってたから、照れ隠しもあってそれを臭わすような締め方で書いたら、「ネタ系ブロガーに転向しやがって」みたいに言われちゃって、駄目だなあまだまだ自分は本気で何のてらいも無く「あがり」を表明できるほどにはなれてないんだなあ……と思ったんだけど、今は本当にそういうの無しに言えるのです。

そう思えるようになったのは、1つには過去何度か書いてきたようにカウンセリングを通じて「自分に自信を持つ」という事ができるようになってきたからというのもあるけど、それ以外にも、自分が求めていた「幸せな日常」が毎日続いている事によって、「満たされた」フラグが自分の中ではっきり立ったという実感を持てるようになったから、というのもあると思う。

前の時は中途半端だったのがよくなかったんだろうなー、と、今では思う。確かに、会えてる時は幸せなつもりだった。でも、会えない時間の方が圧倒的に長くて、満たされたと思ったらすぐに底の栓を抜かれたようになって、「満たされてる」感を味わえてる期間は少なかったと思う。山と谷が交互にくるから、揺さぶられて却って安心できなかった、気が休まらなかったんじゃないだろうか。

「楽しい事ばっかりじゃ飽きてしまう。辛い事とか悲しい事とかもないとダメだ。」みたいなセリフは結構よくあると思うけど、だからって、最高に幸せなのと最高に辛いのとを交互に味わわなきゃいけないって事は無いんだ……と思うのですよ。日々平穏で安定していて、時々思い出したように幸せを噛みしめるとか、時々楽しい思いをするとか、それでいいと思うのですよ。かがみふみをさんの描く漫画のような幸せのあり方。そういうのが僕の場合はよかったみたいです。

あとはまぁ、30が目前に迫るような歳になってきて、いつの間にか落ち着いてしまったのかもしれませんね。

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , , , 時刻:06:24 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2011-08-21_farside.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード