Home > Latest topics

Latest topics > ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち - Aug 06, 2006

ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たちAmazon.co.jp)を読んだ。

統計的に見て、少年による凶悪犯罪は増加してなどいない、むしろ減少傾向にある。にもかかわらず何故「凶悪な少年犯罪が増加している」という言説がまかり通るのか。

それは、社会がそのようなストーリーを求めているからだ。そうでないと困る人達がいるし、そうであった方が嬉しい人達がいる。その「人達」とは、社会を構成する圧倒的多数の我々一般人に他ならない。私達自身がこの社会を、実態以上に「危険に満ちていて」「ドキドキハラハラな」ものに仕立て上げようとしている。ホラーハウス、お化け屋敷にしようとしている。

それが本書のタイトルに込められた意味だ。

筆者は、少年犯罪者と精神病患者による犯罪に対する社会の反応を顕著な例として挙げ、社会が今どのように変化しているのか、どのように変化したのかを読み解く。

現在、精神医学がいかなる営みに荷担しているかは明らかだろう。あるいは、この社会が一体、何を行おうとしているかも明白だろう。それは病者の社会復帰どころではない。

社会の秩序を乱す些細な逸脱者の排除だ。

表向きの主張はよく似ている。だが、全く違うのは、この批判が少年や病者を法的主体と見るのではなく、社会の危険な敵だとみなすものだったことだ。

そしてその変化が一体何をもたらしているのか、何がそのような変化の原動力になっているのかを、「不安」「恐怖」というキーワードからさらに一歩推し進めて「快楽」にまで結び付けて解釈する。我々はこのリアルな社会をお化け屋敷に見立てて楽しもうとしている、それで楽しませることをビジネスにしている者がいる、それに我々が乗っかっている、と。

わたしたちはいま、怪物すらも活用して、日々の快楽の源としてしまった。防犯活動に従事する住民達にとって、地域を徘徊する不審者は、小さな怪物たちにほかならない。めったにお目にはかかれない凶悪犯罪者の代わりに、不審者たちに怯えてみせているのだ。

そのような社会に名前をつけるとするならば、ふさわしいのは「ホラーハウス」という名であろう。暗闇からいつなんどき脅かされ、襲われるかわからないホラーハウスの興奮が、そして恐怖を前に心をひとつに肩を寄せ合う快楽が、まさにいま社会を席巻しつつあるのだ。

そうした中で、人々は「犯罪とは何か」ということを現実の問題として考えることを放棄し、お化け屋敷のごとく「よく分からない怖いもの、自分とは異質な恐怖」と軽く考え、「そんな怖いものは排除しちゃえ」と無邪気にはしゃぎたて、もしかしたら自分の権利を奪いかねない法案にまで嬉々として賛成する。「え、だってこいつが噛み付くのは僕らと違う異常な人だけでしょ? 僕らは正常な人なんだから大丈夫だよね?」と、何が異常と正常の線引きをするものなのか真剣に考えもせずに、法制度という猛獣を社会に解き放つ。

ボーリング・フォー・コロンバインで語られたアメリカの銃社会の話を思い出す。白人達は閑静な住宅街に引っ込み白人だけの町を作って、周囲を柵で覆って、各戸に銃を配し、「いつか襲ってくる黒人の恐怖」から必死で逃れようとしている、という話だ。そしてその恐怖は彼らにとって非現実的なものではない。日常的に銃犯罪が起こる社会で、それを楽しむ余裕なんて無いのではないだろうか。

それに対して日本社会は、そういう状況そのものをエンターテインメント化してしまった。現実感の喪失、想像力の欠如。何もかもが他人事なのだろう。

それともそれは日本だけでなく、世界中どこでも起こっていることなのだろうか?

本文の2/3以上を費やして、少年法の成立から現在に至るまでの議論と、精神病患者、異常者、触法精神障害者など様々な名で呼ばれる人々の過去の扱いを解説して、「ン? ン?」と思わせた後、最後の1/3で一気にたたみかけるという構成。長々とばらまいてきた「ひっかかり」を一気に回収する様はなかなか爽快だ。上の文はその最後の1/3の部分の要約に近い。

ただ、僕の場合はその種まきのための前半が少し退屈で、途中で投げ出さないで最後まで読む努力が必要だった。それを乗り越えた先にはこういう面白さがあったわけだけれども。

分類:レビュー・感想 > 本, , , , 時刻:14:04 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-08-06_horror.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード