Home > Latest topics

Latest topics > 嫌いなタイプの人の別の側面

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

嫌いなタイプの人の別の側面 - Aug 28, 2006

「嫌いなタイプの人だ」というか「この人とは話が合わなそうだ」と第一印象で思ったblogを敢えてフィードリーダーに突っ込んでウォッチしてみている、ということを前に書いた気がするけど。それは今も続いていて、最近、また一つ新たにそういうblogをウォッチ対象に加えた。

そうして定期的にあるいは不定期にその人の書く文章を見ていると、人とは実に多面的なものであるなあということを実感する。そして自分が「こいつ嫌い」と思った理由の中に、実は自分よりも深い観察眼や自分よりも深い洞察力や自分よりも深い愛情といったものへの嫉妬があったのだということを悟る。

実際の所はそんなことないのかもしれない。自分自身が無理矢理相手の中に自分より優れている所を探し出しているだけなのかもしれない。

僕にとって、嫌うということは、見下すということとほとんど等しい。世間一般の優劣に適わないとしても、自分の中の価値観で「より良い」と考える在り方にそぐわないものを、嫌っており、「より悪い」と見て、つまり見下している。

だから自分の中の価値観で「より良い」と考える在り方であると認めてしまった瞬間、僕はその相手を「嫌い」と考える合理的な理由がなくなる。感情的には相変わらず「嫌い」であったとしても。

僕はもしかしたら、そのような相反した感情に囚われずに済むようにと、将来的に自分がより惨めな思いに囚われずに済むようにと、第一印象で「あ、こいつ嫌い」と断じてそれ以後の情報の交流を断とうとしていたのかもしれない。

分類:出来事・雑感, , 時刻:11:51 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-08-28_hate.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード