Home > Latest topics

Latest topics > おこがましい

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

おこがましい - Dec 18, 2006

誰かのことをおこがましい、と思うことがそもそもおこがましいのかもしれない。

哀さんが他人の心情にズカズカと踏み込んで「あなたはこうするべきだ」「だが、そうしない自由もあなたにはある」「決めるのはあなただ」と啓蒙する様子を僕は、おこがましいと思った。最終決定権を相手に委ねているのだから押しつけではないだろう、と言えるかもしれないけれども、僕はそれ以前の部分、そもそもズカズカと踏み込むということ、そして本人が気付いていない問題を可視化して突きつけることが、おこがましいと感じた。

おこがましい思うということは、相手が分をわきまえていないと思うということは、「この程度」が相手には相応しい、と思うということだ。つまり相手の意志や考えに関係なく、相手を特定の型にはめて考えようとするということだ。

そんな資格が自分にあるのか? 自分の考えている物事の枠よりも、相手の器の方が大きいのではないのか? 自分が相手に対して「あいつにはこのくらいが相応しい」と思うということが、すでに自分の分を超えているのではないのか? 自分よりはるかに賢く頭の出来が優れている哀さんの考えることに僕ごときが異論を差し挟むということが、分不相応なのではないか?

ともかく、確実に言えるのは、そのように過剰に慎重にならずにはおれないほど、僕にとって「おこがましい」という言葉の持つ力は強大であるということ。それと、「おこがましい」と言われて恥じ入らない人とは価値観が合わないだろうな、ということ。

感性が極めて日本的なんでしょうね。きっと。

……というところまで考えてやっと気がついたことがあるので、それは次のエントリに分けて書く。

分類:出来事・雑感, , 時刻:04:39 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-12-18_okogamashii.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード