Home > Latest topics

Latest topics > 拒絶反応とか

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

拒絶反応とか - Jan 10, 2009

体か心が拒絶してるのか、それとも単にやる気の問題なのか、分からないんだけど、前のエントリに付いてるらしい反応を見られない。アクセスが拒否されてるという話ではなく(実際アクセスした訳じゃないから確認してないんだけど、多分それはないはず)、リンクをクリックしたらすぐに見れる事が分かっているのに、クリックしようという気になれない。

これまでだったら、きっとまた叩かれてるんだろうなと分かっていながら敢えて突撃して勝手に気分を害して勝手に熱くなって……というのがいつものパターンなんだけど。「クリックしちゃ駄目だ! その先を見たらまた泥沼だぞ!」と警告する心の声を振り切って、好奇心とかそういうのに負けてクリックするのが常なんだけど。今回はなんか違う。

誘惑に負けてリンク先を見てしまう、というのは、「見たら後悔するぞ」っていうのと「でも見なかったらもっと後悔するぞ」っていうのとがせめぎ合って、後者の方が勝ったという状態だ。でも今回は「見たら後悔するぞ」の方が勝ってるみたい。

なんか、「嫌なら見なきゃいいのに」って言う人の気持ちが、今は凄くよく分かる。「嫌だけど覗いてみたくなっちまうんだよコンチクショウ!! それが人間の性ってもんだろうが!!!」みたいに今まで思ってたけど、全然そうならない……心の底から「いやもうホント勘弁してください、もう見たくないんですってば……」ってウンザリしてる。ひょっとしたら、恐れおののいてすらいるのかもしれない。

僕から去っていった人達、の中には、今の僕と同じような気持ちになってた人もいたんかなあ。気がついたら足が遠のいてフェードアウトしてた、っていうんじゃなくて、ある時点を境に「あ、もうあかん」と何かがぷっつり切れてしまう、という感じで。

ああ、いや、でも……よく考えたら、今回が初めてじゃないのかも。思い返してみたら、英語で書かれた質問や報告の未読メールが数千件を超えてしまったことを意識した時にも、これと同じ気分になっていた気がしてきた。見なかった事にしよう、固めて深く沈めて目を逸らそう、っていう感じに。

なんでなんだろ。ストレス耐性が今まで以上に低下してるのか、それとも、今回の件から受けるストレスがとんでもなく大きかったのか。

分類:出来事・雑感, , 時刻:01:07 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2009-01-10_rejection.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード