Home > Latest topics

Latest topics > フェミニズムとベル・フックス

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

フェミニズムとベル・フックス - Aug 12, 2006

こんな議論が起こっているようで。

このリンク先の文言を見る限り、ベル・フックスという人は「フェミニズムとして始まった運動はジェンダーフリーに変質・移行・進化した」と考えているように読める。しかしこの議論を見ると、ベル・フックスの考えというのはフェミニズムの中では異端なのか? と思えた。

ということで、そのベル・フックスという人物に僕は興味を抱いて、検索してみたわけだ。

語学教育とフェミニズムの交差という文書の中で、彼女のプロフィールが紹介されている。彼女は人種隔離された黒人居住区に住まう貧しい家庭に生まれたアフリカ系アメリカ人女性フェミニストで、ニューヨーク市立大学で英文学教授として教壇に立っているそうだ。

何でもフェミニズムにはいくつかの小派閥があり、彼女が属しているのは「黒人フェミニズム」と呼ばれるマイナー中のマイナーの派閥なのだとか。1999年に書かれた文書にそう書かれているので、少なくともその当時は、ベル・フックスのような主張はまさに異端も異端、フェミニズムの本流からは大きくかけ離れたものと言えたようである。簡単に検索してみた範囲の情報では、現状がどうなのかはよく分からなかった。

しかしWikipediaのフェミニズムの解説を見て初めて知ったけど、フェミニズムと一口に言っても一枚岩じゃないのね。奥が深いわ。

というわけで、異端中の異端と知らずにベル・フックスの言葉を真に受けて「それがフェミニズム全体の真のあり方だ」と勘違いしてしまったMasaoさん乙、といったところでしょうか。

分類:出来事・雑感, , 時刻:07:24 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-08-12_feminism.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき