Home > Latest topics

Latest topics

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0 - Sep 26, 2005

オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0Amazon.co.jp, 弊社直販)。まあ自社製品なんだけども。せっかくだからレビュっときます。全文をPDF形式で公開してるんで、いくらでも読み放題なんですが、まだ読んでない方向けに。

全部しっかり通し読みした訳ではないんで、Writer、Calc、Impressの解説を一通り流し読みしただけなんだけど、思ったよりずっとまともに普通の「解説書」してます(失礼)。Windowsも使った事が無い、というような全くの初心者にはさすがにお薦めできませんが、ちょっとはパソコン使えるぜ、ソフトのインストールとアンインストールくらいは自分でできるぜ、みたいなレベルの人ならまあ大丈夫そう。

扱う内容は、各アプリケーションのごく基本的な使い方。ラベル印刷や差し込み印刷といった、ニーズの高そうな使い方の解説も含まれてますが、ページ数の都合も合って、リファレンス的な解説はしていません。具体的には、「OOoで書類を作れるようになる」ことはできても、「OOoでMS Officeよりもはるかに効率的に仕事をこなせるようになる」とか「OOoで今までの4096倍ビジネスを効率化する」とかそこまでの事はカバーしてません。

OOo 2.0自体がまだ正式版がリリースされてない状態ですし、今の時期で手に入る「OOo 2.0の使い方入門書」としては、こんな感じなのかな。OOo 2.0が普及して、この本がもっと売れてくれれば、今後はそういう、もっと突っ込んだ内容の本も増えてくることでしょう。きっと。

2.0の新機能のBase(MS OfficeでいうAccess)やマクロについては、入門とは言え、ちゃんとした解説書はこれが国内初らしいので、それだけでもこの本には価値があるかと。

ちなみに一般流通については10月頭くらいから書店に並ぶかもしれないし並ばないかもしれません。弊社直販の場合、備考で「絵師のサイン付けれ」と書いてくだされば僕の直筆サインつきでお届けいたします(んなもん誰もいりません)。

分類:レビュー・感想 > 本, , , , 時刻:12:48 | Comments/Trackbacks (2) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

Commented by た at 2005/09/26 (Mon) 14:14:38

( ノ゚Д゚)ヨッ!オツカレ

失敗して変なの送ってもーた。orz
ま、それはそれとして、ワクワクテカテカしてきますねー。

Commented by tani at 2005/09/26 (Mon) 14:16:11

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2005-09-26_openguidebook-ooo2.0.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき