Home > Latest topics

Latest topics > 眼鏡のイメージ

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

眼鏡のイメージ - Feb 20, 2006

ふと思ったんだけど。

眼鏡かけてるからといって知的とは限らず、のび太のように頭が悪くて且つ眼鏡かけてるという例もあるので、「眼鏡=知的」というイメージは成り立たないと言っていいと思う。

しかしながら、「眼鏡=理性的」というイメージについては成り立ちうるのではないだろうか。

眼鏡を常時かけている人なら分かると思うけど、眼鏡をかけた状態というのは結構気を遣う。そのまま横向きに寝転がろうとすると眼鏡が歪むし、かけたままボール遊びをすれば顔面に着弾した時に眼鏡が歪むし、といった具合で、常に眼鏡の存在を意識し、眼鏡に配慮した行動を取らなくてはならない。よって、常時眼鏡をかけたまま過ごしている人は、眼鏡を正常に保ちつづけながら生活できるだけの理性を兼ね備えているということが窺い知れると言えないだろうか。

……いや、ただのこじつけですよ。妄想ですよ。

分類:出来事・雑感, , 時刻:19:20 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-02-20_megane.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき