Home > Latest topics

Latest topics > 矛盾を認めない理屈っぽい人間というよりも、馬鹿正直な人間という方が、適切な気がする

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

矛盾を認めない理屈っぽい人間というよりも、馬鹿正直な人間という方が、適切な気がする - Mar 16, 2006

「矛盾」という言葉の語源を説明する話として、「どんな楯も貫ける矛と、どんな矛にも貫かれない楯を、同時に売りつけようとする商人」の話が紹介されることがある。

この商人の口にした売り文句の内容は確かに矛盾している。しかしこの商人の、自分の商品を売りつけたいという態度は実に見事に一貫しており、そこは全く矛盾していない。

僕は、この商人の、ものを売りたいという本心を、悪いことだとは思わない。

しかし、最強の楯と最強の矛という売り文句で、いかにもそれを買えばあなたが得をするのだといった言い方で、自分の行為がただ良い物を勧める行為であるという風に見せかけようとする、自分の本心をまるっきり包み隠す、その態度が認め難い。

正直でないことが許せない、馬鹿正直なんだろうね。僕という人間は。

分類:出来事・雑感, , 時刻:07:00 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-03-16_rikutsu.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき