Home > Latest topics

Latest topics > 左翼は本質的にダサくて醜く、右翼は本質的に美しくてカッコイイ、という仮説。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

左翼は本質的にダサくて醜く、右翼は本質的に美しくてカッコイイ、という仮説。 - Nov 28, 2006

美しさを追求するという事は、醜さを排除するということであり、差別するということだ。差別を認めないということは、醜さを容認するということであり、美しさの追求を放棄するということだ。

ということは、差別を容認・推奨する右翼は美しくて格好良くなり、差別を否定する左翼はダサくて醜くなるのではないだろうか。美しくて格好良いものは右翼的であり、ダサくて醜い物は左翼的なのではないだろうか。

――という暴論を思いついてみた。

一般的な美意識とは、「不自然」なものなのではないだろうか

一般的に、人は「調和」や「対称」、「黄金比」のように、「整った」ものを美しいと感じる。美術の平面構成、音楽のリズムや和音などがその代表例だろう。

その逆は「ノイズ」、法則性の無い雑多な状態で、多くの人はこれを醜悪と感じる。雑音を長時間聞くことは苦痛だし、デタラメな色の組み合わせで服をコーディネートしている人はファッションセンスの無さを笑われる。

全く逆の価値観を持つ人もいることはいて、例えば音楽ではその名のとおりノイズミュージックというジャンルもある。リズムも和音も全く無視した、普通の人にはただの雑音にしか聞こえないものを、音楽として愛好する人たちは確実にいる。ただ、それらの「音楽」がチャートの上位を占める事はまず無く、実際にチャートの上位にいるのはパターン化された音楽を再生産するポップスであるということからも、「整ったものが美しく、雑多なものは醜い」という価値観の方が「整ったものは醜く、雑多なものが美しい」という価値観よりも優勢である事は、疑いようのない事実だろう。

ところがそのようなヒトの美意識に反して、「自然」は雑多なものであふれている。エントロピー増大の法則に則って、整ったものはいずれ形を失い、雑多な状態に逆戻りしていく。黄金比も、細胞がフィボナッチ数列に近い形で分裂・増殖するためにもたらされるものに過ぎず、生命活動というごく一時的であやふやな物の中に現れる法則性でしかない。生命活動の終了と同時に黄金比の状態は失われ、美しくない状態にだんだんと近づいていく。

一時的にどれか一つだけの種の生物が大増殖して、他の種を圧倒する事は、ある。しかし一つの種だけですべてが統一されるという事は、不自然な状態である。それは一時的なものに過ぎず、餌の不足などから激減が起こって、いずれは他の種と共存するような個体数に落ち着いていく。「自然」な状態は、雑多なのであろう。

人もまた放っておくと、人種差別や異端の排除などに走りやすい。しかし、世界が完全に一つの人種で占められた状態とは、自然的でない、不健康な状態であろう。自然的で健康な状態であれば、黒人や白人や黄色人種といった人種の間では交配がどんどん進み、人種の境目は曖昧になっていくだろう。

美しい状態は「自然」的でなく(つまり「不自然」で)一時的なものであり、醜い状態の方が「自然」的で永遠に近い、ということが言えるのではないだろうか。

ヒトは本能的に「自然」に反したもの=あやふやなもの=生命、生を求め、「自然」に即したもの=確固たるもの=生命の終了、死を忌避するということが言えるのではないだろうか。

自然的でない状態に落ち着こうとする右翼、自然的な状態に落ち着こうとする左翼

iwatam氏の「コミュニティの崩壊」というコラムにあった、右翼と左翼の性質の違いに関する下りを読んで、僕は以下のような理解をした。「右翼は敵と味方をはっきり分ける。絶対に分かり合えない者がいると考え、そういう者を排除する。」「左翼は全ての者が「味方」だと考える。あらゆる人は話せば分かり合えるはずだと考え、絶対に分かり合えない相手が存在する可能性を否定する。」

美しさを追求するという事は、醜さを排除するということだ。美と醜、敵と味方をはっきりと分ける、これは右翼の思想とは言えないだろうか。

そしてその逆に、左翼の思想は、敵の排除の否定、醜さの排除の否定、美しさの追及の否定とは言えないだろうか。「あらゆる者と分かり合えるはずだ」とするならば、美しいものだけを尊び醜いものを排除することは許されなくなる。

ということはつまり、「左翼はダサくて醜く、右翼は美しくてカッコイイ」ということが、言えるのではないだろうか。

どこかの将軍様がダサい服に身を包み不細工で格好悪く、旧帝国軍人がカイゼルひげをピシッと固めて美しい装飾の施された軍服に身を包むのは、実はそういうことなのではないだろうか。

さらに言えば、そのような右翼の思想は、ヒトが本能的に求めるものなのではないだろうか。人を生かし続けようとする思想なのではないだろうか。逆に、左翼の思想は、ヒトが本能的に忌避するものなのではないだろうか。人を死に導こうとする思想なのではないだろうか。

だから、放っておいたら人は右翼に走るのではないだろうか。生き延びるために。死から逃れたいがために。

そんなことを、そういえば街中で僕が美しいと感じる風景は右翼がかった人達が好きそうな場所(神社とか)が多いよなあと気が付いて、あとそういえば安倍首相は「美しい国」って言葉が好きだよなーとかいうこともちょっと思い出したりなんかして、右翼と左翼の性質の話と結びつけて、こじつけと曲解を重ねて長々と妄想してみた。

ああ、そうさ、分かっているさ、多分根底の部分に大穴が空いてるデタラメの暴論なんだけど、こういう事も語ってみたかったのさ。

分類:出来事・雑感, , , , 時刻:05:28 | Comments/Trackbacks (7) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

>差別を容認・推奨する右翼

差別問題と右翼・左翼は何の関係もないですね。

Commented by 7743 at 2006/11/28 (Tue) 09:12:29

no title

>差別を容認・推奨する右翼
差別を容認・推奨する右翼なんてあんまりいないと思うし、ただの偏見だと思いますが?

Commented by lakehill at 2006/11/28 (Tue) 12:27:19

no title

天皇家を逆差別するのが右翼の本質ではないのですか?

Commented by anon at 2006/11/28 (Tue) 13:19:59

no title

基本的に差別を公に言うことのできない日本の現状がかなり特殊なんであって、世界的に見ればやはり保守的な右翼は外国人排斥などの差別的な行動を取りやすいですけどね。
逆に、変化を許容する左翼は差別とは相性が悪いでしょう。
管理人さんの言ってることは結構本質を捉えてる気がしますが。

別に僕は差別を容認している訳ではありません、念の為。

Commented by ユージン at 2006/11/30 (Thu) 10:37:30

はははは

しかし、どうしようもなくその通りだなぁ(^^;

Commented by 無粋な人 at 2006/11/30 (Thu) 10:56:32

no title

将軍様が不細工でかっこ悪いのは、異物を容認し差別を認めないからじゃなくて、ただ単に不細工でかっこ悪いだけのことだと思いますが。
ソ連や中国や北朝鮮で、過去何千万人もの異端が排除されてきた歴史はどうなるのでしょう?
大体右翼って差別を奨励する思想のことだっけ?

Commented by 盗塁王赤星 at 2006/12/01 (Fri) 00:09:32

no title

辞書かWikipediaあたりを見てもらえれば大体のことは分かると思いますが、右翼・左翼の定義は厳密には決まっていません。ただ、一般的には右翼は既存の価値観を守ろうとする保守主義者、左翼は既存の価値を破壊しようとする革新主義者のことを指します。
そして、往々にして右翼は自分達の既存の価値観を破壊しかねない異端者、つまり外国人や革新主義者を排斥しようとします。それが極まると今度は他の勢力圏まで進出し、自分達の価値観を広め、押し付けようとします。
左翼は自分達の価値観と異なる既存の権威・価値観を否定して、自分達の自由を縛るものを無くすか、権力を手に入れようという人達です。だから、既存の権力を安定させる可能性のあるものは何でも否定します。その究極が統治システムの全否定を唱えるアナーキスト(無政府主義者)という訳です。
そもそも美醜とは特定の価値観に基づいて物事を差別したもののことです。僕らは当然既存の価値観で物の美醜を判断しているわけですから、既存の価値観を踏襲する右翼はかっこよく、それを否定する左翼はださく見えると言うことでしょう。左の人が保守的なこともあると言い始めると話がずれるのでとりあえず説明しません。

盗塁王赤星さんのおっしゃる共産圏の国々で多くの人々が粛清された理由ですが、あれは別に異端だからではありません。社会主義国は封建的官僚社会とも言うべきもので、システムとして自分の能力の高さを根拠に出世することが出来ません。ですから、相手を否定し、排除することで自分を肯定しようとするのです。そして、権力者も有力な部下の力が自分を超えないように混乱状態を自ら起こして勢力を削ぎ、粛清していきました。毛沢東もスターリンも権力保持の一点においてはその手腕に非常に長けており、悪名高い文化大革命などもその為だけに起こされたものです。
あと、付け加えて言うなら世襲システムが完成されている欧米では統治者にとって容姿も権威付けの重要な要素にしているのに対し、かの国ではシステムが未完成の為、自堕落な生活も許されるし、格好もダサい訳です。

通りすがりのくせに長文を書いてすみません。

Commented by ユージン at 2006/12/01 (Fri) 16:42:33

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-11-28_l-r.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード