Home > Latest topics

Latest topics > 若さ、若さってなんだ 振り向かないことさ

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

若さ、若さってなんだ 振り向かないことさ - Feb 25, 2007

コメント書いた後から、Amigomr氏が新しいエントリで事実上の決別を明言されていたことに気がついた なんだ自分……まるっきりアホやん。

僕から見ても、ああ若いなあ、と感じた。かつての自分を思い出す。「(誰)」とか「(謎)」とかのジャーゴンを公の場で使って内輪ウケしてそれ以外の人を消極的に拒絶するサインを無意識下に放っていた人達に対して、「過去ログ読め」とか「まず自分で調べろ」とか「そもそもこの用語は云々」と含蓄を垂れ流すとかの「技術系」コミュニティに対して、激しい反発を感じ、それらを正すことを己の使命と感じていた頃のことを。しがらみに囚われていない素人ならではのストレートな意見こそが世界を変えるのだ、それを受け入れられない奴らは自己保身のことしか考えていない、と考えていた。NOを表明することで、厳しく非難することで、正義の鉄槌を下しているつもりでいた。その快楽に酔いしれていた。あの頃の僕は。

今でもそういう気持ちを全くなくしてしまったとは思いたくない。それを全くなくしてしまったとしたら、現状に流されるだけの人になってしまったということだから。

ただ、あの頃からちょっとずつ思うようにはなっていて、時間が経つごとにだんだんハッキリとしてきた、一つの思いがある。それは、自分の最終的な目的がどこにあるのかをハッキリさせなきゃいけないっていうこと。そうしないと無駄ばかり大きくなって、得る物がないということ。

もし「現状を変える」「相手を変える」のが目的であるなら、そのためには外堀を埋め、内堀を埋め、相手に反論の余地が無くなるまで段階を踏んで少しずつ追い詰めて、ひっくり返す、それが一番いい。相手は「ならしょうがないな」と納得できる。もしかしたら手を進めて自分の考え方を補強していく中で自分が見落としていたことに改めて気づけるかもしれない、それどころか自分の考えそのものが間違っていたということにも気付けるかもしれない。間違った考えのまま暴走して多くの人を巻き込み被害を拡大させる前に、自らストップをかけられるかもしれない。まあ、それをするには時間もお金も気力も充実してるという条件が必要なんだけれども。

もし「自分の感情を満足させる」のが目的であるなら、無視を決め込んで早々に引き下がるのがいい。自分の感情を満足させるためだけの穴だらけの「理屈」を打ち立てるために時間を浪費するのはもったいないし、それに対して集中砲火のように浴びせられる理性的で正しい反論にいちいち目を通す時間を浪費することも、それらに自分のプライドをズタズタに傷付けられることも、なくなる。傷は浅いうちに塞いだ方がいい。「僕の方に理屈の上での正しさはなかった。単に感情レベルで反発していただけだった。」それを素直に認めて早めに引き下がれば、お互い、時間やお金や気力を無駄に浪費せずに済む。

僕の目にはAmigomr氏は、「Bugzillaコミュニティの中の人達に、自分達が間違っていたと認めさせることを通じて、自分の正しさを立証すると同時に、Bugzillaコミュニティを変革する」ことに拘泥していたように見えた。でもそのストーリー通りに物事を進めることに拘りさえしなければ、いくつかの寄り道や、要素の並ぶ順番を入れ換えることを許容すれば、そのストーリーに含まれている要素を一つ一つ実現していくことは十分に可能だっただろう。氏自身が音頭を取って、ドキュメントを整備し、あるいはより使いやすいインターフェースを用意し、より質の高いバグ報告をより多く集められるような状況を実現させてしまえば、Bugzillaコミュニティの中の人達も、「ああ彼の方が正しかったんだ、自分の方が間違っていたんだ」と思い直したかもしれない。中の人達がそう思わなかったとしても、客観的には「Bugzillaコミュニティよりも彼の言ってることの方が正しかったよね」という評価が得られることだろう。いずれにせよその頃には、Bugzilla自体は氏の思い描いていたような変革を遂げた後の姿になっていることだろう。

……とか何とか、「自分が正しい」と思い込んで長々語る人ってキモイですね。高校生という若さでこの世界に飛び込んで活躍しているくらいの聡明な人と、もうすぐ四捨五入したら三十路になるような歳になっていながらまともな活動実績も残せていない愚鈍とを同列に扱って、氏を自分のレベルにまで引きずり下ろしてグダグダ論じているだけじゃないすか、こんなの。ああキモイキモイ!

分類:出来事・雑感, , , , 時刻:18:28 | Comments/Trackbacks (7) | Edit

Comments/Trackbacks

愛って何だ?ためらわないことさ

いや、つっこめということだと思うので……
Amigomrさんの日記のコメント欄を見ても、「あなたがそれを云いますかっ!」って気もしますけどね……

若者には「いいじゃないか、いいじゃないか、夢があれば。いいじゃないか、いいじゃないか、明日があれば」ってわけにはいかないですか?Piroさんもそうやって見守られてきたわけでしょうし。訳知り顔で上から見た視点で諭すより、フォローを入れるべきですよ。

Commented by くでん at 2007/02/25 (Sun) 19:28:08

no title

フォローしてあげないといけないかなあ→フォローの文章を考える→めんどい つかれた→じゃあ諭してみるかな→めんどい つかれた→もういいや自分の愚痴だけ書こう

という感じなのでべつに諭すつもりも何もございませんで。
「こういう事を言われたら一番彼にとっては屈辱的だろうな」と分かっていながら、面倒くささに負けてこういう事を書いてしまう僕は、やさしくない人ですね。

Commented by Piro at 2007/02/25 (Sun) 19:49:35

no title

「相手を変える」のは難しいですよ。

「信頼関係を築くことが必要で、そのためには、自分が信頼されること。
誠実であること。(正直さは長期的に割に合う!)
人は自分の速度でしか変われない。変わったときに、いつでも頼りにされるように。」 by Kent Beck

そうありたいもんですけどねぇ。なかなか。

Commented by kou at 2007/02/25 (Sun) 19:54:27

no title

あ。

だったらそもそもそんな事書くなよめんどいんだろ、と思われるかと思いますが、それは確かにその通りですので、中途半端なめんどさと中途半端な「この件について何か言いたい」欲との間で中途半端なままに物を書くPiroという人間は中途半端な人間なのだなあ、という恥を晒し続けることを以て本件におけるわたくしなりの償いとさせていただきたいと思っております。

Commented by Piro at 2007/02/25 (Sun) 19:57:24

no title

いやいや。
別に責めてるわけじゃないですってば。

自分もそうだなぁと思って、さらに、最近グッときた言葉を使ってみたい欲に負けたのさ。
自戒っすよ。

Commented by kou at 2007/02/25 (Sun) 22:58:36

んご

くでんさんへのレスのつもりが、書いてる間にkouさんのコメントが入って変なことになってましたねごめんなさい。
投稿前にリロードするべしという教訓。

Commented by Piro at 2007/02/26 (Mon) 00:02:23

no title

ちょwwwひどっwww

Commented by kou at 2007/02/26 (Mon) 12:58:51

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2007-02-25_youth.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード