Home > Latest topics

Latest topics > 音楽

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

音楽 - Nov 08, 2008

Perfumeの新曲「Dream Fighter」のPVを見ていて思ったこと。

王道進行の時に思い知らされたけど、自分には音楽の才能とか「正しい」審美眼とかそういう物がない。だから「イイ曲」と感じるのはそれが「客観的にイイ曲だから」ではなくてあくまで「自分にとって主観的にイイ曲と感じられるから」でしかなくて、それはつまり「自分に快楽を与えてくれる音楽だから」でしかなくて、つまり「イイ曲だろうが悪い曲だろうが、快楽を与えてくれさえするなら何だって構わない」わけで、だから僕が「イイ曲」と感じる曲というのはきっと「音楽というものが分からない糞大衆の快楽中枢を刺激するために書かれた、ただの工業製品」に過ぎないのだと思う。

ハリウッド映画もそう。ハリウッドでは、いくつかパラメータを与えてやればそれだけで大衆の快感原則にぴったりはまる脚本のテンプレートが生成されるという風なツールがあるという。最初の30分で主要人物と状況を説明して問題を提起し、真ん中くらいで1回問題を解決して、後半でさらに大きな問題をもう1度提起して、ラスト10分で全部を解決し、最後の5分は観客がスッキリして家に帰れるようにクールダウンさせる。という風な黄金のパターン。

チャイニーズレストランシンドロームというものも昔はあったそうですね。味の素さえ入れときゃいい、ということでビックリするくらいの味の素をぶち込んでたもんだから、中華料理を食べて「旨い旨い」言ってた人達が後で頭痛に悩まされたとか何とか。

料理といえば、ドクタークラレのケミカルクッキングという動画も有名ですね。食品添加物だけで美味なジュースを作ってしまったり、安い肉に何とかいう薬品を塗りたくったり油を注入したりして霜降りステーキ肉を人工的に作ってしまったり、安い米を炊く時に何とかいう薬品を混ぜたら粒が立っててツヤツヤな銀シャリになったり、エリンギに松茸の臭いの元を振りかけて焼いて松茸を作ったり。これらは別に特別な話ではなくて、世に出回ってる安い食べ物はそうして作られている……そしてそれを僕らは「旨い旨い」と言って食べてる。

で、専門家の人らが「名作だ」と言ってるものを見てみたら、主観的には糞つまらんかったりするわけですよ。薄味、素材の味、奇抜な味だったりするわけですよ。全然美味しいと思えない。それでも「専門家がそう言うんだからこれは名作に違いない」と無理矢理思い込もうとして、でも「素直な感性」=「大量にぶち込まれた食品添加物が無いとおいしいと感じられない鈍感な感性」ではやっぱりつまらないとしか思えなくて、「この『名作』をつまらないとしか感じられない自分がダメなんだ」と自分を責めたりする。あるいは、「専門家がどう言ってるかなんか関係ねえ。つまらんもんはつまらん!」と素直に言う人に対して「俺がこんだけ悩んでも理解できない『名作』を、貴様ごときが貶すんじゃねえ!!」と、もはや信者となって盲目的に崇め奉り、それに異を唱える者を攻撃する。

もう、疲れたよ……

そんな感じで「作られた感動」にまんまと乗せられてしまうことしかできないから、僕はもう、客観的に「良い音楽」とか「良い映画」とかいうものを求めることは、諦めたい。アイドルマスターやマクロスFやPerfumeのCDをいくつも買ったのは、それを客観的に名曲だと思ったからではなく、腐った舌で腐った耳で「これを聴いてても特に不快な感じはしなかった」という理由で選んだからだ。

あるいは、そういう「お祭り」だったからなのかもしれない。お祭りなら、何でも許される。露天のショボい売り物が、祭りの場ではとても魅力的に見える。ショボい売り物すらも「祭り」を構成する不可欠な要素であって、それはむしろショボいからこそ良い。

だからもう最近では、レビューというものを書くのすらも億劫になってしまった。「これがすごいイイ!!」「はいはい良かったね。それはお前が、お前や他の多くの人間が共通して持つ脳の回路を刺激するように狙って作られた物に反応してるに過ぎないんだよ。お前がレビューを書こうが書くまいが、それは売れるんだよ。お前が選んだ時点で、それはもう末端の大衆にまで行き届いてるって事なんだよ。お前が今更良し悪しを語る意味なんか無いんだよ。真っ先にその作品を知って良し悪しを語って人の考えを変える、アルファブロガーだのファッションリーダーだのの、真似事をしたいんだったら、無意味にも程があるよ。」

客観的な良し悪しを考えると、辛いことにしかならない。「感性を磨く」でも「自分の一言が業界全部を動かすような大物になる」でもなく、「考えない」。それが一番楽ではある。

音楽の分からない人間が音楽の分かる人間のフリをしちゃいけないし、味の分からない人間が味の分かる人間のフリをしちゃいけないってことです。批評家の才能も無いくせに批評家のフリをしちゃいけないってことです。

分類:出来事・雑感, , , 時刻:18:11 | Comments/Trackbacks (4) | Edit

Comments/Trackbacks

no title

操作ミスで長文が消えてしかも行きずりなので断片的に書きますが。

国民性的説明力ぶそく。
買い手の製作側の手法のしらなさ。
作者の内輪ネタ賛美(絵でいうなら映像美のない社会風刺とか、少なくとも美術ではないアレ)
希少さや価値の再現率の低さ(最高でマルパクリ。本来はNG)etc………

なんじゃないかなと。少なくとも曲の製作の手間の差は解らないと客観性の解明は進みません。
自分の好きな曲もちゃんと、ジャンルや歌手名じゃなくて音楽概念や音の波形で説明できるといいですね。

あとは……なんだっけ。
感性信仰の論破。とかアビリティ量という概念とか語ってた気がしたけど、まあこういう話題はそも見る場所で論旨を誤解されやすいので、一定量の集中力がなきゃはじまらんわな。
いや最初はあったんだけども。です。

慣れンことして疲れた。米汚しごめんなさい

Commented by じき at 2008/11/20 (Thu) 09:56:12

no title

昔、NHKでCDを作るという仕事の番組を見ましたが、
一曲通しでレコーディングするのではなく、
一小節ごとに録音して、最後でつなぎ合わせるということをしていました。
それをすれば、通しでやるよりうまくレコーディングできるけど、
歌手としてどうなのと思います。

便利になった一方、そういうことをすれば、なんか違和感を覚えるというか、
歌手のレベルは上がらないのではないかと思います。


(機械に頼り)多くの人が自らの手を使うのをやめてしまった。 ‌
これは最大の悲劇である。ガンジー

機械ができて便利になった一方、個人としての技術はなくなっていったのでは
ないでしょうか。

であれば、進化しているのではなく、退化しているのではないかと、
そうであれば、新しきすばらしいものは未来ではなく昔にあるのかも。

Commented by あき at 2008/11/20 (Thu) 13:10:08

アンテナを鍛える♪

イチオシに期待して見てみたら、がっくりな音楽・映画・本...etc.etc
推薦者を疑いたくなる気持ちもわかります。

でも、それが嫌で思考停止になるのはもったいない気がします。

いつの時代にも、良心的な創作活動をしている人はいるわけで、
ちょっと手間をかけて探そうとすればきっと見つかると思います。

信念・確信を持っていいモノを薦めているサイトはとりあえずブクマしてます。
見つけ方のコツがわかれば、あとは芋ヅル式かも。埋もれてしまってる感はありますね。

Commented by NAS at 2008/11/20 (Thu) 21:38:48

no title

仕事じゃなくて趣味なんだから楽しいと思うコトだけやればいいんだよ~

たかが遊び、もっと気を楽に面白く遊ぶといいよ。
(マゾで辛い思いをする為に考察したいならそれも可)

Commented by bob at 2008/11/21 (Fri) 01:39:03

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2008-11-08_music.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード